FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

ブロッコリーの収穫

自宅の裏庭で、ブロッコリーを初収穫しました。

DSC_0779[1]

日当りが良い借りている畑では、早くから収穫して頂雷花はほぼ終了していますが、裏庭は、この時期になると日陰になる時間が長いので生長が緩慢。

そのおかげで味が良く、それに長期間食せると良いことも多いですが、ヨトウムシの被害が多いという欠点もありました。

でも、今年は、夏場の猛暑が原因したのか虫の発生が遅くて苗の時に被害が少なく、ある程度の大きさになってから被害を受けるという状況でした。

でも、なぜかここのブロッコリーだけは、一つの欠株もなく生長しました。

このお花畑状態のマリーゴールドが虫除けになったからかもわかりません。

DSC_0776[1]

バジルや春菊を混植したものも虫の被害低減を期待しましたが、それほどの効果は確認できません。

DSC_0777[1]

来期も、マリーゴールドとの混植をして、再検証してみましょう。

別な借りている畑では収穫適期はもう少し先のようなので、連続して収穫が続きそうです。

その後は、側雷花の収穫が始まり、5月頃まで楽しめます。

ほぼ毎日のようにブロッコリーが食べれる良い季節がやってきましたね。



スポンサーサイト

新しく家族が増えました

10年ぶりくらいに岡山空港に行ってきました。

DSC_0763.jpg

飛行機に乗るのが好きではないし、観光旅行にも興味がないので飛行場とは縁が少ない私。

目的は、これ。

DSC_0765.jpg

新しく家族が増えました。

ブリタニースパニエルで、名前はリン。生後約60日。

初めての家では、当日の夜は泣いて寝ささないのが普通ですが、朝4時に大小便に連れ出すまでぐっすりと就寝。

昼間は会社で、こんな様子。

時々、外に連れ出して大小便をさせると、あとはタオルを噛んで遊んだり昼寝をしています。

外では活発に動きますが、室内では落ち着いていますね。

シャイな性格だと育てたり訓練などに気を使いますが、そんな心配は無さそうですし、扱いやすくて楽しめる相棒になりそうです。

鳥猟犬としての野外訓練は来春からで、それまでは家庭で可愛がりながら猟犬としての本能を引き出すように接しようと考えています。

久々の子犬は楽し~い!


朝市の予告

毎月恒例の「備中玉島みなと朝市」に今月も出店します。

f2a098_dfe8610659be41899ab80d3f2c9614a2~mv2_d_1654_2339_s_2[2]

f2a098_dfa6b8fdb8ae4bf182288527f6bd2920~mv2_d_1654_2339_s_2[1]

告知が遅くなりましたが、本日の9時から12時までです。

お越しをお待ちしています。


アカヤマドリ

私の地元では、7月5日、6日の西日本豪雨により、山が土砂崩れになり林道はどこも通行止のままでした。

やっと徐々に復旧してきたので、様子を見に隣市の林道を通行をしてみると、こんなキノコを発見。

DSC_0414[1]

山にはほぼ一年中入っているので、数々のキノコを目にしていますが、食べられるキノコの種類を全く知らず毒キノコを食べて中毒になるのが怖くて、いつも見て見ぬ振りをしています。

今回のこのキノコは、かなり特徴的なのでSNSで情報発信。

すると、ずっと前からのブロ友夫婦から「アカヤマドリ」という種類で美味しく食べられると回答をいただきました。

ネットで検索すると、似たキノコで毒キノコがないらしい。

翌日に採取に行ってみると、わずか一日で、オレンジ色から黄色に変色しています。

DSC_0436[1]

かなり肉厚でふわふわした傘と固めの軸、虫食いの跡はみられない。

DSC_0437[1]

近くには、幼菌もありました。

DSC_0441[1]

自宅に持ち帰り、調理を始めます。

DSC_0489[1]

断面が綺麗ですね。虫食いはなし。

バター炒めが美味しいらしので、傘と軸の部分を食べ比べてみました。

DSC_0491[1]

バターの味が濃くて、本来の味がわかりづらいけど、濃い味でなかなか美味しい。

傘は柔らかくてつるっとした食感、軸も硬くはなくそこそこシャキットした食感。

酒のつまみには良いのかも?私はお酒を飲まないのでよくわかんないけど。

他の調理も試してみたいと思っていたところ、焼き飯を作るということなので材料の一つとして投入。

DSC_0505[1]

黄色の汁が出てサフランライスのように着色され、なかなか良い感じ。

入れたものと入れないものとを食べ比べると、味の差は歴然。

旨みが強くなり風味も増し、なかなか美味しい。

あれこれと一緒に調理すると本来の味が把握できないので、水だけで煮てダシを出して味見をしてみると、昆布系のダシって感じ。

そして、そのダシは黄色に染まりとろみが出てきました。

思いつく料理がないので、昆布系という味から味噌汁にしてみました。

DSC_0504[1]

具が寂しいのでわかめを入れています。

他のダシを入れなくてもそこそこいけそうでしたが、我が家は麦味噌なので醤油を少し足して味付け。

もカタクリを入れたかのようにとろみがあり、味は濃いようでも癖はさほどなく独特の風味が加わり田舎汁って感じです。

今回は毒見体験ということで、私一人でほぼ完食して翌日まで毒見の結果待ち。

そして、翌日。

なんと!ビックリする現象が起こりました・・・膝の痛みが消えた。

膝が痛いという経験はあまりなかったのに、数ヵ月前から痛みが取れず、運動不足か加齢が原因かな?と考えていました。

それが突然無くなったので、毒により感覚が麻痺したからなのかな?と思ったけれど触ると感覚はあるみたい。

不思議だ・・・

このキノコには、関節を修復する成分を持っているのか?それとも別な要因によるものなのか?

キノコには、隠れた効能が多々あるのかもわかりません。

そういえば、このキノコの名前を教えてくれた夫婦はメッチャ元気です。

一種類づつでもいいから、食べれるキノコを覚えていけば若返りができるかも?

ということで、「キノコ」のカテゴリを増やします。


獲ったどー!

日本ミツバチの分封群を捕獲!

DSC_0418[1]

これで春に新規開拓で設置した巣箱の約4割に入居したことになります。

4群入居までは記事にしましたが、その後に行動を共にしているA君の巣箱が猛暑で巣落ちし逃去。

強勢群だったので孫分封を期待して、近くに設置していた私の巣箱に御入居しました。

といっても、私はまだ確認に行っていませんが。

増えたと言ってもプラスマイナスはゼロなので嬉しさは半減。行方不明にならなくて良かった程度です。



そして今回の捕獲は、妻の実家で先祖代々のお墓が並ぶ裏山。

DSC_0419[1]

義父が掃除をしていて入居を確認。入居時期は不明。もしかすると春だったかも?

まずまずの強勢群で、花粉を頻繁に運んでいます。

でも、これまで良い事ばかりではなく、自宅に持ち帰った1群は、女王蜂の産卵が停止したのか?無王群だったのか?働き蜂の産卵により雄蜂が大量に羽化し、その後に倒れました。

そして、捕獲4群目の巣箱は、まずまずの強勢群だったので蜜が貯まり上部が重くなってバランスを崩して崖から落下し逃去。

安定の悪い場所だったけどギャンブル的に設置したので、この事態は想像していました。

早めに巣箱が安定するような補強を行なおうと考えていて、所用で近くまで行ったので作業を予定していましたが、西日本豪雨の日だったので断念。そして前述の結果に・・・

この群は、もったいなかったなぁ。

まあでも、来年も同じ場所で捕獲できる可能性は高いですからね。来期に期待です。

今年入居した巣箱は、我が家からは遠くて頻繁には管理に行っていません。というか、ほったらかし状態。

でも、近所のM君とか、少し遠いA君が見回りをしてくれています。

友達はありがたいですね。

人任せにせずに、もっと動かんかい!と怒られそうですが(笑)

心配していた8月頃からのスズメバチによる襲撃は、何の異変かわかりませんが姿を見せずに推移しています。

長く続いた冬の寒さ、初夏からの激しかった猛暑や豪雨などの気候が関係していそうではありますが。

生態系の中では、スズメバチも重要な役割をしているので心配ですね。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">