狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

6月の朝市に出店

予告通りに「備中玉島みなと朝市」に出店しました。

前日は、狩猟免許の初心者講習会で、昼から夕方まで喋りっぱなし。

DSC_0187.jpg

いつもより広い会場にいつもより少ない人数、それに立ち位置が高くて受講者の表情が見辛い。

スカスカの会場って喋り辛いですね。

いつもそうだけど、それよりももっと喋りにスムーズさがなくて疲れました。

毎年1度の事なのでなんとかやっていますが、今年は2回目もあります。

それも11月に入ってからの猟期中という最悪な時期。

そうそう、その前に今年も「ワナの講習会」をやらないといけません。

日程的には10月の日曜日だそうです。

ここんとこ仕事もバタバタで忙しく、畑仕事や狩猟民族的活動は休日しかできないのに、なんてこった!

と、愚痴を言っておこう。


話を戻して・・・

自宅に帰ってから休憩をして、朝市の仕込みを開始。

いつもより串焼の本数を減らしていたので少し楽ができましたが、準備で遅くなりました。

当日は、小雨で開始、その後は曇り空で、なんとか人出も増え賑わってきました。

DSC_0188.jpg

いつものように、開始の9時には焼きが間に合わず9時半頃から販売を開始、1時間ほどで用意した串焼は完売。

その30分後には、串焼の後に調理を始めた焼きそばも完売。

DSC_0190.jpg

食べに行っても完売でなかなか食べれないと言われているそうな。

みなさん、ほんとうに申し訳ありません!

完売後に何人もの方に「もうないんですか?」と尋ねられました。

実は、在庫の肉が少なくて出し惜しみしています(笑)


前回の串焼の肉は脂が多くて煙モクモクでしたが、今回のものは脂が少なくヘルシーなお肉でした。

私的には、脂身の多い方が美味しいと思いますが、我が家の子供達には今回のものの方が好みなようで商品を6本も食べたようです。

羨ましいねぇ、私もこんな家庭の子に産まれたかったわ(笑)

次は7月の予定です。

家庭の事情により、お休みするつもりでしたが、「肉まつり」を開催するので出店することになりました。

当日は、私一人で店をやることになるかも?


スポンサーサイト

朝市の予告

明日の6月10日(日曜日)は、毎月第二日曜日に恒例となっている「備中玉島みなと朝市」の開催日です。

今回は、日本遺産に認定されている北前船の寄港地として新たに玉島が加わったことを受けて、寄港地の特産物を揃えた「北前船物産展」を開催します。

チラシ(6月)

チラシ(6月)-2

私のお店では、定番のしし肉の串焼きしし肉入り焼きそばをご用意します。

新製品として「日本ミツバチのハチミツ入り玉ボーロ」を試作中ですが、一定の焼き上がりにならず提供できるまでには至っていません。

一般市場には出回ることが少ないハチミツですから、味わったことがある方は少ないと思います。

味が濃く深みがあるハチミツですから虜になるかもわかりませんよ。

と、宣伝だけは先行してやっておきますわ(笑)

お店の場所は、前回と同じで この辺り (←ここをクリック!)になりそうです。

ご来店をお待ちしております。


ついでの山菜採り

ミツバチ捕獲活動の一環として山野を散策、ついでに山菜を採取しました。

同行した山人の案内で、山菜をゲット!

野生のミツバ。

DSC_0115[1]

自宅で栽培したこともありますが、野生のものはこんなにも葉が大きかったんですね。

セリは、水辺だけに生えているのかと思っていましたが、山道にもあるんです。

DSC_0120[1]

左がミツバで右がセリ。

次は、私の好物である山ブキ。

DSC_0121[1]

なぜだかわかりませんが、私はフキ好きなんです。

山ブキは香りが良いですからね。

近年は、家庭の事情で山菜採りもご無沙汰でしたが、ミツバチ捕獲のおかげで山に入る機会が増えて楽しんでいます。

毎日パソコンとにらめっこばかりしていてはいけませんね。


日本ミツバチの分封群を捕獲

日本ミツバチの分封群で、4群目を捕獲。

DSC_0112[2]

週末に確認しました。

1群捕獲の目標が4群にもなりましたね。

夢のようです(笑)

この巣箱の近くには自然群が居ます。自然群の近くというのは高確率で入居しますね。

捕獲効率を上げるには自然群を探すことが第一というのがよくわかりました。

この捕獲群は、近くの自然群から分封したと思われますが、その群は強勢群だったので、これも強勢群になる可能性が大です。

なんとラッキーな!

と、喜んでいても、次に様子を見に行ったときにはもぬけのから!、ということになる可能性もあるのが日本ミツバチですからね。

ここは、半喜びにしておきましょう(笑)


この日は、3群目に捕獲した巣箱を自宅にお持ち帰りしました。

DSC_0122[1]

巣箱の設置場所を管理している方から、設置の期限を5月中という条件で置かせてもらっていたものですから。

日没を待って巣門を閉じ、軽トラで運搬しましたが、道中は騒ぐこともなく静かにしていました。

翌朝もそんなに騒ぎませんでしたね。

巣箱の周りを飛び回り位置確認をしてから、蜜と花粉を探しに出かけていきました。

住宅街にもかかわらず、足には大きな花粉を付けお腹を蜜で膨らませて帰ってきます。

今のところ、逃去の素振りはありません。

毎日、痺れが切れるまで見ていますから仕事がはかどりませんわ(笑)


ハチクを採取

イノシシ捕獲檻の管理に行ったらハチクが生えていました。

DSC_0086[1]

採ったのは4日前の事です。

少しだけお持ち帰りしょうかと思っていたけど、生長して伸びたら後が厄介なので檻の周囲だけ収穫。

でも30本以上はあったと思います。

柔らかいし美味しいので食材として色々と使えます。

まずは定番の「タケノコごはん」に。

DSC_0101[1]


次は、我が家では定番の「しし肉とタケノコの煮物」

DSC_0087[1]

その他にも、焼き物に使ったりしました。

そして残りは冷蔵庫に保存して適宜料理で使います。

DSC_0088[1]

ラーメンに使うシナチク風にして保存するという手もありそうですね。

今なら大量採取が可能なので、保存方法を調べてみよっと。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">