狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

藻の調査等

今週は2年目になる「高梁川の生態系回復に向けた検討会」で今年の調査項目の一つ、藻の生産力を確認する作業を行いました。

昨年度は、支川を含めた下流域から最上流域まで、高梁川流域のほぼ全域について、目視による物理環境調査と生物相の調査、それに取水口からの迷入調査を行いました。

その調査で私が特に問題があると感じた事項は3点。

1つ目は、河川工事の影響により、どこに行っても魚類が好まない流れの平坦なトロ場や湛水域が多い事。

2つ目は、河川の全域で、石に藻の付着が少なくて綺麗な事。

3つ目は、期待していた上流域も含めて魚類の数が極端に少ない事。

1つ目と2つ目の影響により、3つ目の魚類が少ないに繋がると考えられますが、2つ目の藻が少ない原因が長い間不明でした。

その原因を探る意味も含めて、今回から藻の調査を開始。


一日目に専門家の大学の先生が生徒を二名連れて来られ、昼から高梁市に調査施設を設置。

二日目は、前日の夜中に雨が降り河川が増水。

上流での調査が可能かどうかの確認のため、新見市の西川まで足を運びましたが、濁りが強くて断念。

DSC_3173.jpg

三日目は、濁りが少なかったので上流の新見市で西川と高梁川の本流の2ヵ所で調査。

1ヵ所目:
まずは、調査に適した石を10個探しますが、藻が付着した石が少ない。

DSC_3174.jpg

なんとか数を確保。

先生が、石の単位面積に付着した藻を採取。

DSC_3176.jpg

その石を川の中に沈めて翌日に藻の増殖量を確認します。

DSC_3177.jpg


2ヵ所目は、場所を移動して、1ヵ所目と同様な作業を行います。

DSC_3182.jpg

藻の採取には歯ブラシを使用。

DSC_3181.jpg

水温や流速等も計測。

DSC_3183.jpg

石の回収は翌日です。

その後、アユが多いと思われる支流で目視による魚類相の調査を行いましたが、石にシルトが付着しているようで川の状態が悪い。

DSC_3185.jpg

本流の上流域では、前日まで鮎の姿が見えたのに、結局、確認できず。これだけ状態が悪いと居るわけありません。

その後は、下流に下りながら3ヵ所でエビの採取を行いました。

その資料により、甲殻類専門の先生が、種類の同定を行います。


まったく記事にはしていませんが、昨年度は頻繁に調査を行いました。

今年は、これから本格的な調査に入ります。

時間があれば、その様子を記事にしたいと考えていますが・・・


スポンサーサイト

備中玉島みなと朝市(2017.9.10)

今回からの新しい布看板によりお店らしくなりました。ハニクラさんありがとう!

こちらは正面側から

DSC_3169_1.jpg


側面側からはこんな感じ

DSC_3170_1.jpg

見苦しい長机の下部とはやっとおさらば。

最近は朝晩が涼しくなり日中の最高気温も30度くらいと良い気候になってきました。

そのお蔭もあり朝一から人出が多くて開催時間中は大変に賑わいました。

忙しくて写真を撮る余裕が無く画像はありませんが。

他のお店を見に行く余裕もなかったので詳細な様子はわかりませんが、みなさん忙しくて飲食関係は早い時間帯で完売のお店が多かったようです。

私のお店の状況はというと、初メニューの朝カレーは、開催と同時に予想外に売れてすぐに完売。

しし肉の串焼は、焼ける前から注文が殺到し完売。

焼きそばもしし肉の串焼と同様に完売。ありがとうございました!

結局、私の朝飯しようと思っていた朝カレーも品切れで食べれず、味見をしようと思っていたしし肉の串焼も味見ができないままに完売。

しし肉入りの焼きそばは、完売前に完売の札を出してなんとか自家用を確保したという状態でした。

みなさん喜んでくれたようで、それは良かったのですが、朝カレーの自己評価ができず、今回限りのピーチイノシシの味見ができなかったのは痛い。

朝カレーは予想以上に評判が良かったので、来月もやろうかと欲が出ました。カレーの専門店が出店予定ですが、どこまで対抗できるか興味もありますし(笑)ま、完敗でしょうがね。

次回のカレーは、我が家では定番のししの骨から取ったスープで作りますかね。

すっごく美味しいんだから!と、今から過大な宣伝をしておきますわ(笑)


朝市の予告

明日、9月10日(日曜日)は、「備中玉島みなと朝市」の開催日です。

DSC_3165.jpg

DSC_3166.jpg

私のお店(HuntingFactory)では、定番のしし肉の串焼(白桃を食べたピーチイノシシ)、しし肉入り焼きそば、それに朝ごはんとして「オーガニック野菜としし肉入り朝カレー」を提供します。

朝ごはんは、おにぎりプレートを考えていましたが、おにぎり屋さんが出店するので、急遽カレーに変更。

DSC_3167.jpg

来月は、カレー屋さんが出店予定ですので、この朝カレーは今回だけかもわかりません。

食材は、山形県産有機栽培米のコシヒカリ、オーガニック野菜、しし肉のミンチです。ドリンクはろっけしのお茶。

以上となりますが、朝カレーは数量が少ないのでお早めに。

開催時間は9時から12時。

お店の場所は、前回と同じで この辺り (←ここをクリック!)になりそうです。

皆様のお越しをお待ちいたしております。





木村式自然栽培

無農薬、無肥料で栽培したりんご、「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏ですが、他の果樹や野菜、お米などでも無農薬、無肥料の栽培を成功させています。

当地、倉敷では「木村式自然栽培米」の生産者が増えてこの看板をよく目にするようになってきました。

DSC_3162.jpg

この栽培を倉敷でやり始めた頃より興味があって、私もやってみたいと思っていましたが、なにせ私は田んぼを持っていないですからやることは叶いません。

ちょっとしたご縁があり、実行委員の方と生産者の方、それと事務局の方からお話が聞けました。

「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」の目的とか事業内容等は、ホームページで確認できますが、実際にお米作りをしている方からのお話は初めてです。

草対策がさぞかし大変だろうと思って最初にそのことについてお聞きすると、なんと!水管理だけで何もしていないとか。

見せて頂いた全ての田んぼには全く草が生えていませんでした。

最近の圃場は、整備され水も豊富にあるので草で苦労することは少ないそうです。

では、なぜ一般の慣行農法では除草剤を大量に使用しているのか?

結局は、観察し考えることを捨ててしまい機械的に同じことの繰り返しをして栽培しているだけだからということのようです。

除草剤を散布しなければ苗がその影響で傷むことも無く健全に育ち、肥料を与えていないので虫を呼ばないから殺虫剤も必要なく病気にもならない、自然環境にも悪影響を与えない、最も重要な人の健康にも害を与えない、これぞ持続的な農業ではないかと感じます。

農薬などの資材を使わないので手間がかからないしお金もかからないので、一人で管理できる面積が広く利益も多い。

同じ広さなら収量が悪くても慣行農法より利益は多いそうです。

二人で40町くらいまでやれるそうですが、一つだけそれを阻むものがあるとか。

それが、これです。

DSC_3163.jpg

通称ジャンボタニシ。外来種のスクミリンゴカイで、食用として養殖されていましたが、日本人の味覚には合わなくて野に放たれて大増殖。

最近は、これを駆除するための農薬も散布しているようですが、自然栽培では手で捕る方法しか選択肢はなく、その手間が最も大きいそうです。

苗が小さなときに食害を受け、1枚目の写真のような状態に、その後生長して葉が固くなると食害を受け難くなるそうです。

お米の話をお聞きした後に場所を移動して、野菜を栽培している畑も見学させていただきました。

自然栽培での野菜作りは難易度が高く、特に葉物野菜は難しくてこれが上手に作れるようになると上級者だそうです。

野菜作りでも、なるほど!と納得できる話を多く聞けて非常に有意義な時間を過ごせました。

これで私の野菜作りも大きくレベルアップしそうです。

自然栽培のお米作りは、意外にもハードルが低そうなので本気で考えてみたいですね。


朝食は朝市で

次回、9月10日開催予定の「備中玉島みなと朝市」では、各店で朝食をご用意(有料)することになったため、私のお店も試作品を作ってみました。

画像はイメージです。

DSC_3145.jpg

予定している朝食のメニューは、

山形県産無農薬コシヒカリと地元で捕獲したししミンチ肉、平飼鶏の卵、無農薬グリンピースで三色おにぎり。愛媛県産海苔も付いています。

無農薬野菜としし肉の煮つけ

無農薬野菜の炒め物

無農薬野菜の漬物

天然ワカメ、豆腐、無農薬タマネギで味噌汁


三色おにぎりの試作は3日間行った結果、次の2種類の内どちらかにします。

ミンチごはんに卵とグリンピースをトッピング。

DSC_3142.jpg


白ごはんにミンチ肉と卵、グリンピースをトッピング。

DSC_3143.jpg


おにぎりは、こんな感じでコンビニおにぎり風にしようかと思っています。


DSC_3147.jpg


DSC_3149.jpg


この看板を目印にお越しください。

DSC_3131.jpg

限定15食ですので、お早めに。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">