狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます!

DSC_2249.jpg

元旦には、毎年恒例で近くの神社に初詣に行きます。いつもの年なら人はまばらで、ここ数年は少し増えてきたかな?というくらいでしたが、今年はビックリするくらいの人出があり、お参りするのに行列ができていました。

大晦日から穏やかな天気が継続しているということもあるでしょうが、もしかすると景気が上向くと人々の気持ちにゆとりが生まれ初詣に出向くといこともあるのかもわかりません。反対に遠出するゆとりがないという考え方もあるでしょうが(笑)

とにかく、地元に活気があるということは良い事でしょう。

このブログも、もっと活気づくような記事をアップしないといけませんね。

というような、くだらない投稿から今年は始まります。

今年もどうぞよろしくお願い致します!


スポンサーサイト

餅つき

今日は餅つき、でも、正確には餅こねかな。

もち米を蒸して・・・

DSC_2218.jpg

器械でこねる・・・

DSC_2211.jpg

そして、器械で同じ大きさに切る・・・

DSC_2213.jpg

それを丸めたら出来上がり。何と簡単な!

DSC_2215.jpg

毎年12月30日に義父と義母が我が家に来て一緒に作業をしていますが、私が参加したのは初めて。

なにせ12月30日といえば、猟期のど真ん中で貴重な正月休み。ヤマドリ猟師としては落葉して撃ちやすくなった猟場に行かないわけにはいかないですからね。

でも、ここ数年は猟期でも休みの日にも予定が入っていたりで猟には行けず、猟欲は減退する一方。

ということで、今年は餅つきに初めて参加となりました。


昼食は、蒸したもち米に地元の醤油をかけて食べます。

DSC_2219.jpg

これは初めて食べますが、なかなかよろしいですね。

私の実家では、餅にきな粉をまぶして食べたり、ダイコンすりに醤油をかけたりしていました。

裏の畑でダイコンを抜いて久々に食べましたよ。

DSC_2222.jpg


ダイコンは間引きをしていないので、こんな感じ。

DSC_2220.jpg

大きくなったものから抜いて食べます。小さなものは大きくなるまで待ったり、葉と一緒に浅漬けにしたりすると美味しい。

自家消費ならこの栽培方法はお勧めです。


豆餅は、自家製の黒豆を入れ、塩味を十分に効かせ、粒が残るくらいのつき具合が好みです。

DSC_2223.jpg

この後は、赤飯も作ったようですが、私は一番手間がかかる片付けはスルーして山へ(笑)


正月の準備

今年もあと2日。

正月に鏡餅の下に敷くウラジロを採りに行きました。

ウラジロが辺り一面に密集して生えています。

DSC_2209.jpg

買えば簡単に手に入りますが、できれば自分で採取したいですからね。

ここんとこ毎日山に入っているので、ついでに、ということもありますが。


明日は餅つきの予定ですから、豆餅用の黒豆も用意しなければなりません。

DSC_2197.jpg

なんだか枯れるのが遅くて、色が黒くなっていないものも多くあります。

とりあえずは正月用に必要な量だけ確保。

DSC_2207.jpg


ついでに、ニンジンもアップしておきます。

DSC_2210.jpg

ニンジンは、草に弱いのに忙しくて手が入れられないので、初めてタマネギ用のマルチで栽培してみました。

一穴に1本から4本くらい育っています。

詳細は、またの機会に。


環境フェスタinかわべ2016

日曜日には、「環境フェスタinかわべ2016」に参加してきました。

DSC_1970.jpg

といっても、個人的にではなく協賛している「高梁川漁協」の一員としてで、担当はアユの塩焼き。

DSC_1982.jpg

開催場所は、「川辺小学校」。地元密着型のイベントのようで、ご近所さんたちが大勢来られました。

私は、8時30分くらいに現地に到着、11時から販売の「アユの塩焼き」をお手伝い。

串の刺し方から焼き方まで指南を受けながら作業を進めますが、慣れない串の刺し方に四苦八苦、納得のいく出来栄えは数本でした。

DSC_1975.jpg

アユの塩焼きを始めて30年のベテラン、高梁川漁協でアユの養殖を手がけている職員が、テキパキと作業をこなし販売予定の時刻までに焼き上げがほぼ完了。

DSC_1988.jpg

一人5匹までという限定があるにもかかわらず、総数270匹を約2時間で完売。

食べられた方々は、口々に美味しいと言われ大盛況でした。

大変だけど、やりがいがある作業でした。

また、お手伝いして腕を磨きたいと思います。


ヘビ天国

不耕起で栽培している畑で畝の間隔を変えたので久々に管理機で耕しました。

DSC_1339.jpg
 
管理機が通った後に何か見なれないものが・・・

近づいてみると、な、なんと!マムシだ!

DSC_1340.jpg

管理機の爪で引き裂かれたようです。

この畑は、池からの水が流れる水路に沿っているので、マムシが多いと聞いていましたが、今まで一度も見たことがありません。

イノシシ除けの防護柵を設置するまでは、時々イノシシが畑を歩き足跡を残していましたが、防護柵ができてからは全く侵入しなくなりました。

イノシシが出没しだすとヘビが居なくなるという利点を何度も書いたように思いますが、イノシシが居なくなるとヘビは増えるようです。

この日は、近くにある別の畑でもヤマカガシを見ました。

この集落の中には、マムシに咬まれた人が何人もいますからね。

気をつけて農作業をしなくっちゃ。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">