狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

究極のカレー

我が家の食材で究極のカレーを作りました。

DSC_3602[1]

自家製無農薬栽培の野菜たちは、ジャガイモ(インカのめざめ、デジマ、アンデスレッド)、ニンジン(西洋ニンジン、金時ニンジン)、グリンピース、タマネギ。

肉は、イノシシのバラ肉

ご飯は、山形産有機栽培米で作った川ガニ(モクズガニ)の炊き込みご飯

だし汁は、イノシシの骨からとってます。

そしてこだわりのカレールーは、子供向けにハウスバーモントカレー(笑)

ご飯が、サフランライスっぽく見えるところが粋ですね。

この料理の最大ポイントは、そのまま食べてもメチャ美味しいカニ飯に、カレーをかけて食べるという暴挙を行なった点です。

予想通りにカニの風味は消えましたが、代わりに旨みが倍増!

野菜の旨み、シシだしの旨み、カニの旨みが混然となり旨みの大競演!

一度食べたら虜になること間違いなしの料理になりました。

その証拠に、2晩続けてのお召し上がりですわ(笑)

DSC_3601[1]

次回、この再現は一年後かな?



スポンサーサイト

三色ゼリー

上部がクリーム、中央がゼリー、下部がチョコレートの三色ゼリーを作りました。

DSC_3518_2018011522091655e.jpg

仕事が忙しくて、朝市は当分の間、お休み宣言をしていますが、新しメニューは開発しています。

次の目標は、スイーツということで・・・

なんてのは、ウソ!

これ、イノシシの骨から取った出汁。

春頃に大量にストックしていた骨から出汁作りをしましたが、なんと!大失敗をやらかしてストックがゼロ。

やっと、骨がたまったので、今度は失敗しないように気をつけて慎重に作りました。

この出汁がないと、何作っても旨味が不足してイマイチ。しし汁も作れないしね。

これで半年間分くらいは確保できたかな。

でも、朝市での出店を考えると、全然足らない。

あと数頭くらい獲って骨を確保したいなぁ、と思っていますが、新たにワナを仕掛けないといけません。

でも、休日も予定が入っていたりして・・・猟期だというのに。



ししチャーシュー

まだまだあれこれと忙しくて猟期のネタが無いままに3月になってしまいました。

すでにイノシシとシカ以外は猟期が終わっていたんですね。

年中駆除なんてのをやっていると使命感だけで行動しているので緊張感もやる気もなくなりちっともおもしろくない。

そういえば画像がないので忘れていたけど昨日イノシシ獲ったんだった。ワイヤーが切れそうで少し焦ったなぁ。

という話題とは関係なく今日も食べ物話題。

ここんとこ気に入ってよく作っているししチャーシュー。

作るのはメチャ簡単。

こんかいの部位は肩ロース。まず肉に塩コショウを振ります。

DSC_2449.jpg


それをフライパンで軽く焼きます。

DSC_2450.jpg


そしてタレに入れて煮る。

DSC_2452.jpg


たったこれだけで完成。

DSC_2471.jpg

めちゃ簡単なのに非常に美味しい。

ま、肉が良いですからね(笑)


今日の晩飯

今日の晩飯は、「しし肉カレー」と「ししチャーシューサラダ」。

DSC_2461.jpg

しし肉は肩ロース、野菜はニンジン、ジャガイモ、タマネギ、レンコン、グリンピースで、すべてオーガニック野菜。

チャーシューは、ししの肩ロースで作った自家製、サラダの野菜もオーガニック野菜です。

お米も山形のkumaさんが作った有機米。

残念ながら、カレーのルーはスーパーで買ったハウスバーモントカレー(笑)

毎日、自宅の食事はこんな感じで、農薬と言われている殺菌剤や殺虫剤、除草剤等が残留していないものを食べるようにしています。

毒に侵されて病気になったり、神経が今以上に普通でなくなると家族が困りますからね。

今日、この食事で解ったこと・・・それはレンコンが意外にカレーに合うということ。

知っている人は知っていたのかもわかりませんが、たまたま有ったので入れてみたというだけなんです。

感激の旨さ!というわけではなく、意外に違和感なく食べれるじゃん!て感じ。

ま、いっぺん試してみてください。

それから、自家製チャーシューが旨め~!

朝市のホットドックに、これ使うかなぁ?イノシシラーメンという手もあるが。


明石焼き風しし焼き

実家では、子供の頃から夕食にたこ焼きを作って食べるのが当たり前でしたが、関東方面だとそういう習慣は無いそうですね。

我が家のホットプレートが古くなったので、新調したついでにたこ焼きの鉄板が付いているタイプにしました。

でも、半円の穴が大きくてたこ焼きというより明石焼き(たまご焼き)サイズです。

関西で生活していた頃は、好きなので明石焼きをちょくちょく食べに行っていましたが、地元に帰ってからは食べる機会が無く暫くご無沙汰でした。

先日初めての使用で明石焼きを作って食べましたが、思った以上に美味しくて感激。

明石焼きを出汁に絡めて熱々を頬張ると、ふわふわとろとろの中から茹でダコが現れ、それを噛むとタコの旨味と出汁が口の中で混在し旨味が充満します。

このあっさり系の明石焼きも美味しいけど、濃厚な旨味のしし肉で作ればそれはそれでまた美味しいだろうと想像が膨らみます。

その構想が実現し、今夜は「明石焼き風しし焼き」。

DSC_2432.jpg

前半は、別な具材をあれこれと入れて食べ比べてみましたが、後半は味付けしし肉が最も美味しいということがわかり、それ一本で爆食い。

DSC_2435.jpg

徐々に投入するしし肉の量が増え、外にはみ出すほどに。

DSC_2437.jpg

食べても食べても飽きないほどの旨さにビックリしながらも手が止まりません。

DSC_2433.jpg

ついにしし肉が底をつき煮汁だけが残りました。

なんだか脂が浮いたこの煮汁を入れたらもっと美味しくなりそうな気がします。

最後は煮汁攻撃だぁ!とヤケクソで投入しましたが、なんと!激ウマ!

DSC_2438.jpg

ここに川ガニ印の「明石焼き風しし焼き」完成!


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">