FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

アシナガバチ

猛暑の中で元気に生長しているトマトとオクラ。

DSC_0116_201908091334047b4.jpg

今年のトマトは、一般的な株間40cm程度から20cmにした密植栽培をしています。

雑誌から、美味しいのは3段くらいまでなので、そこから上は摘心して養分を集中させて終わらせるという方法を知りました。

3段までなので密植できるということなんですが、実際には見ての通り、もったいない気がして摘心せず2本仕立てにしています。

この貧乏性が仇になり、1段目は非常に美味しかったけど2段目以降は養分が足らないからなのか不味い。

結局のところ、当初の目論見が狂い最悪な結果になったと反省しています。

が、・・・異変が起きました。

トマトは雨が当たると実割れするので、雨除けを設置するのが一般的ですが、昨年と今年は面倒なのでやっていません。

昨年は、教科書通りに実割れが多かったけど、なんと!今年は実割れしない!

密植だからなのか?昨年と異なるのはそれだけですからね。

今後の検証が必要なようです。


異変といえば、隣のオクラらも例年とは違い抜群に調子が良い。

DSC_0117.jpg

栽培は、F1種から種取りを続けた「五角オクラ」と今年初めての「スターオブデイビッド」の2品種。

例によって、「五角オクラ」は一株が多い株では10本少なくても6本、「スターオブデイビッド」は一株が4~5本と多本数です。

例年は、早くから葉巻虫にやられて悲惨な状態になりますが、今年は梅雨明けまでほとんど被害なし。

梅雨明け後には被害にあっていますが、許容できる範囲で収まっています。

被害が少ない原因は何か?と考えたところ、おそらくこれかな?

DSC_0131.jpg

ピントが合っていませんが、アシナガバチが葉巻虫が丸めた葉を一つずつ確認して回っています。

幼虫を引っ張り出す場面は見ていませんが、葉を巻いているのに幼虫が居ないところをみるとおそらくアシナガバチのおかげでしょう。

畑の横にある倉庫では、ちょいと上を見るだけでアシナガバチの巣が何箇所も見れます。

DSC_0133_20190809133432555.jpg

DSC_0135_20190809133433fda.jpg

DSC_0134_20190809133406e8e.jpg

他にも探せばたくさん見つかると思います。

巣の真下でセルトレーに種蒔きしたりポットに移植したりしているので、普通に近くを大きなアシナガバチが飛んでいますが、お互いにまったくの無視。

土中では微生物と野菜が共存、地上でも人とハチが共存しているということかな。

良いことが重なったおかげでしょう、今年のオクラは非常に美味しくて毎日7~8本は食べていますがいまだに飽きません。

この調子で秋まで続くと嬉しいなぁ。


スポンサーサイト

ひまわり

肥料、堆肥、農薬散布を行なっていない我が家の裏庭にある菜園の様子です。
家庭から出た野菜クズを表面に撒いているので無肥料とは言えないかもわかりませんが、スズメや小さな生物が食べているので直接に野菜が吸収することはないでしょう。
この畑、なんだかここ近年は調子が良い。
虫の害も少ないし美味しいものが収穫できています。
生育もそこそこ良いし。

DSC_0017_20190704101545390.jpg

左から、キュウリとインゲン、ブロッコリー、ナスとピーマン、トマトとミニトマト。
写真には写っていない、ズッキーニ、オクラ、エンサイ、ニラ、ネギ、ジャガイモなどもあります。

キュウリは、自然農法の種で「ばてしらず2号」という品種を初めて栽培しました。
食味は非常に良いですが、収穫量が少ない。
11株ありますが現在のところ平均して一日に2本くらい、自家消費としてはちょうど良いくらいな収穫量ともいえます。
本格化すれば、一日に4、5本くらいにはなりそうです。

ブロッコリーは、昨年の7月に種蒔きした株です。
次々と側花雷が付きまだまだ食べれますが、気温が上がり生長が早くなったので食味が落ちてしまいました。
どの野菜でもそうですが、じっくりと時間をかけて生長したものは本来の濃厚な味と香りを持ち美味しく育ちます。

ナスは「真黒なす」という品種です。
ニジュウヤボシテントウに葉を食べられて穴だらけ、マリーゴールドの匂いはへっちゃらみたいです。
少しずつ収穫できていますが、食味も収穫量もまだまだ。

トマトとミニトマトは、収穫が始まっています。
完熟したものを収穫しているので、どちらも濃厚な味で美味しい。
完熟収穫は、家庭菜園の特権ですね。

「ひまわり」は、大輪の品種です。
種を食べようかと思って栽培しています。

DSC_0016_20190704101543d6e.jpg

自宅に6本植えていますが、まだ花が咲いていないものがあり、花びらが散って種が大きくなっているものもあります。
同時に種蒔きしたのに生育がバラバラ。

DSC_0014_201907041015432bc.jpg

花が咲いている期間は、わりと短いですね。
時間差で咲いてくれると長く楽しめます。
食べれるほど大きな種が収穫できたら、メジャーリーガーの真似をして口からペッ!と種を出しながら食べたいと考えています(笑)


ブロッコリーの収穫

自宅の裏庭で、ブロッコリーを初収穫しました。

DSC_0779[1]

日当りが良い借りている畑では、早くから収穫して頂雷花はほぼ終了していますが、裏庭は、この時期になると日陰になる時間が長いので生長が緩慢。

そのおかげで味が良く、それに長期間食せると良いことも多いですが、ヨトウムシの被害が多いという欠点もありました。

でも、今年は、夏場の猛暑が原因したのか虫の発生が遅くて苗の時に被害が少なく、ある程度の大きさになってから被害を受けるという状況でした。

でも、なぜかここのブロッコリーだけは、一つの欠株もなく生長しました。

このお花畑状態のマリーゴールドが虫除けになったからかもわかりません。

DSC_0776[1]

バジルや春菊を混植したものも虫の被害低減を期待しましたが、それほどの効果は確認できません。

DSC_0777[1]

来期も、マリーゴールドとの混植をして、再検証してみましょう。

別な借りている畑では収穫適期はもう少し先のようなので、連続して収穫が続きそうです。

その後は、側雷花の収穫が始まり、5月頃まで楽しめます。

ほぼ毎日のようにブロッコリーが食べれる良い季節がやってきましたね。



茎立てブロッコリーの収穫

我が家の中庭で栽培している茎立てブロッコリー。

DSC_3620[1]

通常のブロッコリーからすると、脇芽だけを食べるという野菜で、長い茎の部分も食べます。

一株から15本前後も収穫できるようです。

このところの陽気で急成長。

DSC_3621[1]

昨夏に種蒔きして植え付けていたので、本来なら11月くらいから食べれるようですが、ブロッコリーも同様に肥料分が少ないうえに日照不足の我が家では、やっとこの時期から本格的な収穫が始まります。

この様子だと、ブロッコリーの側芽も生長してきたので、例年通りに5月くらいまで花芽を食べ続けることができそうです。

花芽を食べ続けるというのは、花粉症対策の検証という意味合いも含んでいます。

周りには花粉症の人だらけですが、現在のところ、我が家には居りません。

今のところは、花粉症対策に効果あり、ということですかね。


グリンピースの糖度

グリンピースの収穫が順調に続いています。

DSC_2733.jpg

一日おきに収穫していて本日はこれだけ。

前回の1/4くらいかな。

DSC_2734.jpg

前回は、最も収穫量が多くてザルに2杯でした。

DSC_2730.jpg

今後は、今回くらいの量が続いて終わりになりそうです。

昨年は、栽培に失敗して過去最悪でしたが、今年はそこそこうまくいって例年並みの収穫量になりました。

味の方も例年並みに美味しくて満足しています。

ちょっくら思い立ち糖度の測定をしたところ、18度の後半から20度の前半くらいと高糖度。

DSC_2736.jpg

初めて糖度を測定しましたが、おそらくこれくらいな値にはなると思っていましたよ。

だって生で食べるとすごく甘いですから。まるでスイートコーンみたいです。

味は少し落ちますが、冷凍保存して一年間食べるつもりです。

今年は、なんとか一年間分確保できそうでやれやれですわ。




 | HOME |  »

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">