狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

温床の経過

温床が稼働してから20日ほどになった2月25日(土)に、温度が30度くらいに下がって来たので、撹拌して空気と米ヌカの補充を行いました。

DSC_2454.jpg

温床に種を入れたのが2月15日くらいだったので、10日後の苗の様子ということになりますが、手前から、カラーピーマンは1粒だけ発芽していません。

DSC_2462.jpg

その上右のこどもピーマンも1粒だけ未発芽。その左が三豊ナスで8割くらい発芽かな。

その上のKazuちゃんと言われるブロガーの方から頂いた種をもとに自家採取したヨモギナスも8割くらいかそれ以上の発芽率。

一番上の今年購入したヴィオレッタ・デ・フィレンツェというナスは低発芽率で40%くらいと書いていましたが、発芽は遅いけど現在のところ70%以上のようです。

このフィレンツェは、3年ほど前に怪しげな個人のネット販売から購入しましたが、発芽が悪いかもわからないという予想をして30粒購入しました。そしてその結果、発芽が1粒で発芽率3%、予想が的中!その1本から種取をして翌年に育てましたが、側枝が出ないという姿になり今回新たに種の購入をしました。

下の画像は、トマトとミニトマト。

DSC_2463.jpg

下がミニトマトで、発芽率100%。

その上が、大玉トマトの麗夏と桃太郎ファイトで、それぞれ100%と83%です。


作業後の翌朝には、温床内の温度が55度まで一気に上昇して翌日には60度まで上昇。

ところで、朝にこの作業をして、その後、会社で別の作業をしていると、午後3時ごろから体調不良になり、自宅に帰り横になっていましたが、悪寒が激しくなり高熱が出そうなので、着替えて布団に入り寝ていました。

すると、予想通り一気に38度を超え、まだまだ上昇しそうな気配に。ついにインフルエンザに罹ってしまったと確信して熱に耐えていました。

その後、39度を超えた辺りでそれ以上に体温が上がらなくなり最高点に到達。40度超えを覚悟していたので一安心しました。

でも、数日はこれくらいの体温が続くのかと思っていたら、夜中にずいぶん楽になったので体温を計ると38.5度くらいまで下がっていました。

そして、翌朝の日曜日には37度になり、寝ているのも暇なので頼まれていた河川調査報告書の校正を夕方までやって体温を計ると平熱に。

何だったんだろう?

おそらく、温床の撹拌の時にマスクをしていなかったので、舞い上がる土着菌が大量に肺の中に入り込み、それが肺に悪さをしたのではないかと思います。作業後に急に咳き込み出しましたから。

菌を甘く見てはいけませんね。

みなさんも、温床を撹拌するときには、マスクをしてから行うようにしょう。


スポンサーサイト

温床作り

今年は2月の早い時期から野菜の苗作りを始めたいと考えています。

気温が低い時期ですから、夏野菜の育苗には有機物の発酵熱で温度を高く保てる温床が必要。

昨年使用したものは、1年経過するとこんな感じでに分解して落ち葉の山がペッタンコ。

DSC_2382.jpg

分解にご尽力をいただいているのが、このシマミミズ君たち。良い仕事してまっせ。

DSC_2387.jpg

この分解した落ち葉は、育苗用の培土に使ったり、堆肥として畑の土に混ぜたりします。

分解したイナワラと落ち葉を片付けた後は、また一から保温のためにイナワラで周囲を囲い、その中に落ち葉と発酵促進剤として米ヌカを混ぜ、水を入れて水分調整を行います。

DSC_2388.jpg

この作業は、2月4日と5日で行いました。

その後、トンネル用のビニールを新調して完成になります。

あとは温度が上昇するのを待つだけ。

そして10日後、温度は50度近くをキープ。

DSC_2412.jpg

2月5日に体温で芽だし(根だし)を開始しましたが、一向に出る気配が無い。

DSC_2411.jpg

諦めて本日、温床に入れました。

DSC_2414.jpg

予定より少し遅れたけど、上手く発芽してくれると嬉しい。

講習会を受講するために昼から夕方まで外出していたので、温床の管理ができず夜に温度が低下。

また発芽が遅れそう。前途多難だわ・・・


燻炭(クンタン)作り

燻炭を作りました。

DSC_2084.jpg

毎年作るようにしていますが、昨年は、準備だけして時間の余裕が無かったので作らず。

今年は、いつもより手抜きで作りましたが、どうもそれが良かったようで綺麗なものがいつもより短時間でできました。

短時間といてっも、焼き上がりのこの状態になるまで4時間。

DSC_2087.jpg

冷やして袋詰めをしてあと2時間。合計6時間の作業でした。

出来上がりは、8袋。途中から雨が降り始めましたが、なんとか暗くなる前に終了。

DSC_2090.jpg

燻炭は消えたと思っていても火がつくことがあるので、暫くこの場に置いておきます。


野菜の苗作り

春夏野菜の苗作りをやっと始めることができました。

例年通り、育苗は落ち葉を発酵させその熱を利用する温床。

まずは、昨年使いその後も発酵させていた落ち葉を片付けます。これは育苗用の培土や堆肥として使用の予定。

DSC_1169[1]

昨秋に集めていた落ち葉をトンパックに4杯分と米ぬかを土のう袋10袋、これを混ぜて水分調整するわけですが、面倒なので雨の日に1日中開けっ放しで対応。

こんないい加減なやり方でもなんら問題なく発酵し、温床の温度は50度を越えます。

DSC_1190[1]

3月11日に、トマト、ナス、ピーマンの種蒔きを行いました。

DSC_1194[1]

仕事が忙しくて管理が行き届かず、晴天の日に50度近くまで苗床の温度が上昇したこともあり発芽しないかと心配しましたが・・・

DSC_1189[1]

今朝、様子を見ると、な、なんと!4日目なのに早くもトマトが発芽!

DSC_1199[1]

昨年に比べてナスとピーマンは1ヵ月遅れの種蒔きなので、早く発芽してもらいたいのですがもう少し先でしょう。

本日は培土が乾燥していたので水分補給を行いました。

畑では、ニンジンの種蒔きとジャガイモの植え付けが待っています。

菜園シーズン到来ですね。


落ち葉拾い

今日は雨が一日中降ったり止んだり。

川は大増水で1週間くらいはカニ網を見に行けそうもない、行ってもどうせ網は破れているだろうけど。

イノシシ被害で捕獲の要請があり罠を仕掛けに行かないといけないけどそれも雨で無理。

久々に仕事以外の予定が入っていないので結構のんびりとして、夕方の雨が上がった頃に山頂付近を走っている林道で温床用の落ち葉を集めました。

DSC_0527_20151211224125f58.jpg

今年は変な気候でその影響でか?早くに葉が落ちる木があるかと思えばほとんどはまだ紅葉しているだけ。

この雨と雨上がり後の強風で落ち葉が積もっているかと思ったけど期待外れ、もう少し冷え込まないと落葉はしないようです。

本日は1時間半ほどかかっていつものトンパックに2袋集めたので、残り3袋集めれば温床用は確保。

それ以外に5袋集めれば堆肥用も確保できるので、あと4回ほど落ち葉拾いに行けば必要な量は確保できますね。

電燈もなく人も車も通行しない真っ暗な林道で、眼下に住宅地や工業地帯を眺めながらイノシシが出てくるんじゃないかとビビりながらするこの作業は結構楽しいな。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">