狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

こぶ高菜

こぶ高菜という野菜をご存知でしょうか?

一度は消滅してしまいそうになった野菜ですが、世界の150ヶ国に支部をもつスローフード協会から日本では唯一のプレシディオとなった食品です。

P3194536.jpg

非常に美味しいという雑誌の記事を呼んだので、昨秋に種を購入して作付しました。

最近になってやっと食べれる大きさに育ったので収穫することに。

横から見たらこういう形です。

P3194537.jpg


内側から見るとハッキリ(写真はボケていますが)としたコブがありますね。これが名前の由来となったコブです。

P3194538.jpg


高菜といえば、漬物というイメージが強いですが、こぶ高菜は炒め物にしても美味しいそうなので、今回は、猪肉と一緒に炒め物にしてみました。

P3194540.jpg

味付けは、シンプルに塩コショウだけです。

柔らかく癖の無い味ですね。苦味も無いので野菜が少し苦手な方でも無理なく食べれそうです。

下茹でしてから炒めたのですが、少し茹で時間が長かったようです。見た目よりずいぶんと柔らかいので、さっと茹でるくらいにしないと柔らかすぎになるようです。

これは家族に評判が良かったので、種取をして毎年作付けする候補になりました。


追加で写真を撮りました。

内側から見るとコブが見えます。

P3204541.jpg


外側から見るとこんな感じです。

P3204542.jpg


スポンサーサイト

サトイモの保存

2月から雨がよく降るので、畑の土が乾かず耕耘することができません。

昨日は雨が降らない予想でしたが、目覚めるとすでに外は雨。すぐに止むのかと思っていたら、結局夕方まで降り続きました。

これじゃあ、春一番となるジャガイモの植え付けができませんね。

仕方がないので保存していたサトイモを掘り出してみることにしました。

P3074466.jpg

保蔵方法は、茎を切ってその上に籾殻を撒いてビニルを被せておいただけです。

奥の半分は、二重にビニルを被せています。

手前の栽培時に使った黒マルチだけ被せている方を掘ってみたところ、特に傷んでいる様子はありません。

P3074464.jpg

写真ではバラバラになっていますが、掘り出した時には一体です。

この畑は田として使っていたので、土が粘土質で水はけが悪くて雨が降るといつまでも水が溜まっています。

こういう状態の場所でも、サトイモは腐らないのですね。

P3074465.jpg

収穫が予想以上の出来だったので、今年もこの場所で栽培する予定です。

ただ、いつもの病気が出て品種は、名も知らないこのサトイモ(土垂れ?)、赤芽大吉、白芽大吉、京芋の4種類です。

これ以上品種が増えないことを祈りたいですが、ついつい目につくと買ってしまうんですよね。困ったものです(笑)


タマネギに追肥

一月の終わりにしようと思っていたタマネギの追肥ですが、時間がとれなくて二月になってやっと行いました。

マルチをしているので、空いている穴から肥料か液肥を入れる方法をとろうかと思いましたが、結局、一部マルチを剥いでから発酵肥料を施肥しました。

P2054265.jpg

この方が作業がやり易いし、ネキリムシから被害を受けた苗の周りもチェックできます。

P2054269.jpg

ほら!みーつけた!

P2054268.jpg

作業が終われば、元通りにマルチを被せます。

P2054266.jpg

マルチを被せ直す作業が大変ではないかと思っていましたが、やってみるとそれほどでもありませんね。

マルチのお陰で、乾燥もせず順調に生育しているようです。

今年は期待できるかも?


秋ジャガの収穫

9月の初旬に植え付けた秋ジャガは、茎葉が枯れて地表には茶色くなったものが残っているだけです。

PC314047.jpg

植え付け時期が遅かったので収穫量に不安があります。


アンデスアカは、そこそこの出来。

PC314048.jpg


左のデジマもそこそこの出来ですが、右の農林1号は少し出来が悪いようです。

PC314049.jpg

でも、どれも収穫サイズにまでは成長しているので良しとしましょう。



収穫していると、種芋が興味深い状態になっていました。

小さな種芋を植え付けても大きな種芋を植え付けても、アンデスアカの収穫量はほぼ同じで、種芋は植え付け時と同じように固いままです。

こちらは小さい方の種芋。

PC314051.jpg


こちらは大きい方の種芋です。

PC314052.jpg

これを見る限りでは、種芋で植え付けなくても生長して新しい芋ができるようですね。

でも、中にはこのように種芋が皮だけになってしまったものもあります。

PC314054.jpg

新しい芽が、養分を吸い取ってしまったのか?単に腐敗してしまっただけなのか?

この芋には、他よりも少し多くの芋が付いていましたので、養分を吸い取られたようにも思いますが?


秋ジャガの畝は、約10mが4列もありますから一度に収穫して保存するのは大変なので、このままの状態で残して食べるだけづづ収穫するつもりです。


ここは借りている畑ですが、持ち主の方が時間のあるときに重機で掘削して畑を広げていました。

昨春に1畝から始まり、秋には5畝に、そして今春には10畝以上になりそうです。

畑が広くなって嬉しいのですが、こんなに広い畑で何を作ったら良いのでしょうか?


ブロッコリーの収穫

ブロッコリーを収穫しました。

PC093905.jpg

今年は、ブロッコリーを栽培するつもりはなかったのですが、無いと寂しいかと思い昨年の余り種から少しだけ苗を作り植え付けました。

なかなか立派なものが出来ましたね。

PC093907.jpg


今年は、ブロッコリーの代わりに茎立てブロッコリーという脇芽を収穫する品種を植えています。

PC093908.jpg

昨年植え付けたブロッコリーの脇芽が美味しかったので、今年は脇芽を収穫する専用の品種を植え付けることにしたものです。

次から次へと収穫ができるので重宝しそうですわ。


収穫したブロッコリーは、レンジでチンしましたが、少し硬くてイマイチでした。やはり普通に茹でた方が良かったのかもわかりませんね。

PC093912.jpg


茎の部分は、イノシシカレーに入れて食べました。

PC093911_20111210225442.jpg

見た目は普通のカレーですが、イノシシの旨みと自家製有機野菜の旨みでとても美味しいカレーです。

自給自足だと個々の素材が素晴らしいので、何を調理しても非常に美味しくいただけますね。

こりゃあ~やめられませんぞ(笑)


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">