狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ナスを収穫

借りている畑でナスを収穫しました。

DSC_2968.jpg

植え付けている品種は、写真のヴィオレッタ・デ・フィレンチェとヨモギナス、三豊ナスの3種類。

DSC_2969.jpg

この畑でナスを収穫するのは今年初。

一番花は摘み取ったので、2番花が実になったもので、本日の収穫はヴィオレッタ・デ・フィレンチェとヨモギナス。

DSC_2970.jpg

どちらも熱を加えると、とろとろで濃い味の品種。

我が家では定番の「揚げナス生姜」自宅で収穫したオクラとインゲンも一緒に。

DSC_2972.jpg

ヴィオレッタ・デ・フィレンチェは、スッキリとした濃い味でとろとろ、ヨモギナスは濃厚な味でとろとろって感じの味です。

もう一品は、しし肉との炒め物。肉の味がしみ込んで美味しい。

DSC_2977.jpg

この畑は、わりと順調に生育しているので大量に収穫できそうな予感がします。

自宅でも栽培しているし、もう一ヵ所栽培している畑があるので、盛期になると一日三食ナスなんてことになるかも(笑)


スポンサーサイト

エダマメを初収穫

徐々に気温が上昇して暑くなってきましたね。

今日なんか夕方から低気圧が近づいていたので、湿度が高くなり蒸し暑かったです。

こういう夏らしい気候になってくると、美味しいエダマメを食べながらビールを飲のが最高。

ということで、今シーズン初になるエダマメを収穫。

DSC_2913.jpg

収穫適期のものは3本だけでしたが、1本当たりにエダマメが50房程度付いているので十分な量。

DSC_2914.jpg

白毛種ですが、甘みもコクもあり柔らかくて最高に旨い!

こりゃあビールに合うわ!と言いたいところですが、我が家にビールなんてものはありません(笑)

夜から雨の予報なので、せっかく熟したトマトが割れるともったいないので収穫。

DSC_2920.jpg

少し収穫適期には早いものもあります。

よく熟した大玉トマトは味が濃くて美味しいし、ミニトマトも今年はなぜだか例年より旨味が多くて美味しい。

ついでに、ここからは今日の晩飯ってことで、自家製のニンジン、ジャガイモ、キュウリでポテトサラダ。

DSC_2915.jpg

ジャガイモの品種は「インカのめざめ」。味が濃くジャガイモくささが少なくてポテトサラダが一般的なものより数段美味しいと思います。

次は、自家製のタマネギ、ニンジン、インゲンとシシ肉で普通に野菜炒め。

DSC_2918.jpg

なぜだか今年のタマネギは辛みが少ない。

他には実家からもらってこんなものも食べました。

「ふかの湯引き」

DSC_2917.jpg

「マグロの刺身」

DSC_2919.jpg

今日もただの食材で美味しく頂きました。

ごちそうさまでした!


キャベツを初収穫。

ミニキャベツを収穫しました。

DSC_2080.jpg

ミニといっても、1.6kgあります。

普通のキャベツ苗と間違えて、植え付けの間隔が広すぎたのが大きくなった原因でしょう。


早速、しし肉と自家製ピーマンで回鍋肉風の料理でいただきました。

DSC_2091.jpg


柔らかく甘みもありやっぱり旨い、自家製キャベツ。自家製ピーマンも入っていますよ。


久々にキュウリの収穫

今年の夏に栽培したキュウリは、昨年収穫したF1種から種を取ったものでした。

そこそこ味も良く、沢山収穫して種取用の完熟果も確保しました。

それ以外に、以前から栽培していた地這キュウリの種取を継続すために、夏の終わり頃から畑とは離れた温床の横で栽培をしていましたが、調子がイマイチで1本のみ実が付き食べることもせず放置していました。

それが、少し前から元気を取り戻して実を付け始め、今頃になって収穫。

DSC_1958.jpg

ちょうど食べ頃の大きさです。

DSC_1959.jpg

他にも数本、実が大きくなっていますので、近日中に収穫ができると思います。

DSC_1957.jpg

地這キュウリの栽培は、やはり秋の気候が適しているのでしょうね。

収穫後は、ちりめんじゃこを入れた酢の物で食べましたが、美味しくて私の口にはほとんど入らず。

次の収穫物も食べれないかも。

来年は、本気で作ろうかなぁ。


ラッキョウの収穫

少し前ですが、ラッキョウを収穫しました。

といっても8月の末ですが。

通常の収穫は6月頃。

掘り始めてみると、いつもより1玉の大きさがデカイ。

近所で栽培している方に聞いても同様です。

DSC_1687_20160828222427a56.jpg

秋から春にかけて、例年よりずいぶんと雨量が多かったのが原因ではないかとの予想です。

こまめに散水すれば肥大するということでしょうね。

大きい方の種類は、大きく数も多くて豊作。

DSC_1688_20160828222429798.jpg

一畝でこれだけの収穫量。

DSC_1689_20160828222432421.jpg


こちらは小さい方のラッキョウですが、やはり例年より大きい。

DSC_1853.jpg

昨年の植え付けは1畝に3列で、植え付け後は放任。

草に覆われラッキョウの葉がまるで見えない状態でしたから、消滅してしまったと思っていましが、そんな状態でも豊作になるという強健さにはビックリです。

収穫後に、来年収穫用の植え付けも済ませました。

収穫時期が外れても、植え付け時期が早くても遅くても、草の管理をせずとも生長して収穫できる。

ラッキョウ漬けにすれば1年間以上も美味しく食べれるという、簡単栽培で長く美味しい食べれるお得な野菜。

収穫したものを1箇所に2粒くらい植えればいいので、苗代金も初回だけ、ちなみに、私は農家の方にいただいたものから始めています。

庭の空いたスペースにでも植え付け可能、お勧めです。



 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">