狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

緊急事態

今年分封群を捕獲した日本ミツバチ。

DSC_1605.jpg

桃畑の中に巣箱を置かせてもらっているので、桃の収穫時期が終わるまでは様子を見に行かないつもりでしたが、畑の持ち主から電話が入り「なんか米粒みたいなものをぎょうさん運びだしょうるでぇ」とのこと。

米粒?巣のカケラかな?

夕方に現地に行ってみると・・・

DSC_1606.jpg

ほんとうに白い米粒のようなものが巣の周りに散乱しています。

近づいてよく見ると、なんと!ミツバチの幼虫ではありませんか!どれもミツバチの格好をした白い蛹。

その数、大量!

巣門から飛んで運び出しているものも多数いることから、ほぼ全ての蛹を運び出しているのではないかと思います。

原因として考えられることは、除草剤か農薬という名の毒物。

成虫が一匹も被害を受けている様子が見られないことから察すると、花粉が毒に汚染されていたということでしょう。

幼虫の食べ物は蜜と花粉ですから。

蜜が少なく花粉だけの栽培種といえば、菊か薔薇か・・・時期的にはどうなんだろう?菊が怪しいな。

花は食べないので農薬の規制が無く、毒性が強いのを頻繁にする者がいるらしい、ということを聞いています。

梅雨が明けて晴天が続いていたので、除草剤を撒いている人をちょくちょく見ます。これも怪しいけど。

どちらにしても、この場所には置いておけないので、暗くなりミツバチが全て巣箱に帰った8時頃に移動。

別な畑という手もありましたが、様子を見たいので自宅に持ち帰りました。

DSC_1644.jpg

あれから5日、蛹を運び出す数が少なくなり、巣門の付近にハチが少なく、蜜と花粉を頻繁に持ち帰っているので、新しい環境にも慣れたかなという感じ。

あとは女王蜂が健在で、産卵数が増加して群れが復活するのを願うばかりです。



スポンサーサイト

捕ったどー!

今年の4月までに、日本ミツバチの捕獲用に設置した巣箱が20基ほど。

1基の捕獲も無いままに時が過ぎ、分封シーズンの盛期も終わり諦めの心境になっていましたが、設置させて頂いている桃畑の方から連絡があり「ちっちゃいミツバチが巣箱を出入りしているよ」とのこと。

夕方の5時頃に現地に行くと・・・

DSC_1504.jpg

巣門には1匹しか写っていませんが、日本ミツバチが蜜やら花粉を運んで巣箱に入ったり出たり。

日中は多くの蜂たちが出入りしていたそうです。

なんとか1群捕獲、やったぁ~!


で、自宅の日本ミツバチはというと・・・

DSC_1502.jpg

期待していた分封群は一群も捕えられず。

ほぼ毎日、朝、昼、夕方には様子を見に自宅に帰っていましたが、分封の兆候すら見えず、何の変化も見られない状態が続き分封の時期が過ぎてしまいました。

おそらく知らぬ間に分封をしてしまったのでしょうね。

次は、梅雨明け後の孫分封群捕獲に期待しますか。



雄蜂が誕生

我が家の日本ミツバチ、天気のいい日に気温が上がると多くの働き蜂が巣箱を出入りして花粉や蜜を集めています。

4月頃から始まる分封に向けて産卵が始まり蜂の数が増えているのでしょう。

本日、気温が上昇する前で蜂の出入りが少ない朝、巣門の中央付近に待っていたものが現れました。

DSC_1206.jpg

丸の中央に小さな穴があいたもの、雄蜂の巣房の蓋です。

DSC_1205.jpg

これが現れると20日ほど後に分封するようです。ということは、4月の8日前後ということですね。

先日から、巣箱を手入れし匂い付けのために蜜蝋を塗ったりと、分封群を捕獲する準備を行っています。

自宅には、新たに巣箱を置くスペースも作りました。

DSC_1209.jpg

そろそろ捕獲用の巣箱を山や畑に設置しに行きますかね。




活動開始!

我が家の日本ミツバチ、今朝の様子です。

巣門の前に見えるゴミ屑のようなものは、おそらく蓄えていた蜜を食べるために齧った蜜蝋だと思います。

DSC_1163.jpg

気温が低い冬の間は、ほとんど巣箱から出ることが無く過ごしていましたが、太陽の角度が高くなり日長になってくるとちょこちょこと蜜集めに出ていました。

今日は昼から仕事の予定だったので、久々に午前中に様子を見ていると、巣箱を出入りするハチの数が多いのにビックリ!夏場の最盛期と変わらないくらいです。

どこから集めたのか花粉の団子も大きく、多くのハチ達が頻繁に持ち帰っています。静止画では、その様子が判り辛いですね。

幼虫が食べる花粉を多く運んでいるということは、女王蜂が無事に冬を乗り越え産卵を行いそれがが孵化し始めたということでしょう、ひとまず安心しました。

一ヵ月先くらいから始まる分封に備えて、本格的にハチの数を増やし始めたのかもわかりませんね。

このままの勢力を分封まで維持してもらいたいものです。

他の場所で分封群を捕獲する待ち箱の用意もそろそろ始めないとね。


また巣箱の追加

9月の末に巣箱を1段追加してから約1ヵ月。

巣が床に付きそうなくらいに大きくなったので、外勤のハチ達が帰って来た夕方に、また巣箱を1段追加しました。

DSC_0369.jpg

10月の初旬に1段採蜜しましたが、持ち上げるとまた重い。

採蜜できそうですが、今回は来年の分封に備えてパスの予定。

採蜜の勢いが一向に衰えないので、また1ヵ月後には1段巣箱を追加しないといけなくなるかも。


巣箱を1段追加すると同時に巣門のある基台も新品に替えました。

最近まで掃除が行き届いて綺麗な状態でしたが、ここんとこスムシが湧いてそれが処理しきれない様子だったので。

DSC_0372.jpg

上の画像が基台の内面、下が基台の底の外面。

DSC_0374.jpg

何匹もスムシがいて、木に穴をあけて巣を作っていました。

スムシ対策としては替えて良かったと思いますが、心配だったのは巣門の形状が少し変わったのと臭いが違うので出入りする外勤のハチ達が戸惑いはしないかということ。

朝一番で様子を見ていると、巣箱から出るハチ達は普通に飛び去って行きますが、帰って来るハチ達は今までのように一気に巣箱内には入らず巣門の前でホバリングしたり巣箱の周りを飛んで確認した後に巣箱内に入っています。

DSC_0389.jpg

それでも昼頃になると少し慣れてきたようで、以前ほどではないにしてもある程度スムーズに入っている様子。

昼から夕方までは見ることができなかったので、その後の様子はわかりませんが、特に大きな問題にはならないかな。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">