FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

ニセアカシア

ゴールデンウイークには、日本ミツバチの新規開拓であちらこちらと車を走らせて好みそうな山の様相の場所を探してまわり、捕獲の可能性がありそうな場所には巣箱を設置しました。

好みそうな場所を判断をする一つの条件に、蜜源植物の有無があります。

当然のことながら、食料の確保が出来なければ生息はできませんからね。

蜜源植物といっても一年中咲いているわけではないので、花のない時期にも蜜原として有用な植物かどうかを判断する知識がないといけません。

同行した2名は、山の木々や昆虫に対して知識が深くて感心することばかり。

それにひきかえ、私の知識は無いに等しいほど、でも、これは知っていましたよ「ニセアカシア」。

DSC_0019[1]

トゲがあるので「ハリエンジュ」とも言うそうです。

マメ科で、5月~6月に開花。

販売している蜂蜜の種類に「アカシヤ」と表示してあるのがこの「ニセアカシヤ」です。

蜜源植物としては、非常に有用で品質の良い蜜が多く採れるそうですが、外来種で在来種を駆逐するほど勢いがあるので伐採されたりしているようです。

もったいないような気もしますが、国の政策なら従うしかありませんね。

でも、この木を頼りに生きている昆虫達もたくさん居ますから、一度に伐採すれば急激な環境の変化により生態系に悪影響を与えることは誰にでも想像がつきますね。

代替の蜜源植物などを植樹するなどしてから、徐々に伐採していくような方法で行なうのは当たり前でしょうが、実際はどうなのでしょうかね。

と、最近の自然環境が劇的に悪い方向に向かっていることを憂慮しながら、日本ミツバチ探しをしている私。

ほんの数十年前なら、どこにでも生息していた日本ミツバチなのに、遠方まで探しに行かなければならないほど激減しただなんて悲しいことです。

自然界には営巣する場所が不足しているので、ミツバチたちが人工物に巣を作っているのを見つけることがあります。というか、ほぼ人工物に営巣しているのしか見たことありませんけど。

私の巣箱にも入ってきて欲しいなぁ、大蜜持ちの日本ミツバチの群れからは家賃として蜜を少しもらいますけど(笑)



スポンサーサイト

チャノキ

チャノキ:ツバキ科、開花時期は10月~11月

お茶の木なんですが、名前もチャノキだそうです。お茶の木って1種類だけなんですかね。

DSC_0414.jpg

日本ミツバチ、西洋ミツバチ、オオスズメバチ、マルハナバチ等々、多くのハチが花に来ています。

DSC_0415.jpg

こんなにミツバチが好きなら私の果樹園に植えようかと思いましたが、調べると「この花粉を大量に集めた群でカフェインのせいで状態がおかしくなることもあるといわれる」だそうです。

また、「中国ではかなりの蜜が採れるが、人間用には利用していない」とか。

葉の間に丸い茶色のものが見えますがそれが種で、地面には芽吹いているものがいっぱい。植えようかと思って芽吹いたものを持ち帰りましたがやめときますわ。

残念だな~、良いと思ったのに。



ビワとサザンカ

日曜日には、愛媛県に行き日本ミツバチ用の重箱式巣箱を持ち帰って来ました。

DSC_0397.jpg

設置したのが5月だったので遅い分封や孫分封群が入らないかと思い13箱も設置していましたが、1箱も成果をあげれず6箱を撤収。

来春の分封に向けて、乾燥して隙間ができた巣箱の手入れなどを行います。

夏場の蜜源は少なかったですが、この時期にはセイタカアワダチソウやビワが花を咲かせています。

DSC_0396.jpg

この辺りでは、自生のビワも多く今なら蜜源植物は豊富。

ビワ(バラ科) 開花時期:12月~2月になっていますが、ここは暖かいので10月から咲いています。

DSC_0395.jpg


自宅では、10月になってからちらほら咲き出したサザンカがこんな様子です。

DSC_0378.jpg

サザンカ(ツバキ科) 開花時期:11月~12月になっていますが自宅のものはもっと長い間咲いていると思いますけど、確か2月くらいまで咲いていたような?

当たり前の事でしょうが花の開花時期は、その地域の気候によりかなり左右されるようですね。


コセンダングサとセイタカアワダチソウ

ほったらかしの果樹園に様子を見に行ってきました。

時々、草刈をするだけなので、このミカンは無農薬、無肥料の自然農法ミカンということになりますね。

DSC_0348.jpg

味は期待していませんでしたが意外においしい。

柿の木もありますが、実は野鳥に食べられて1つも残っていません。

ミツバチが増えたら、この果樹園にも巣箱を何箱か置きたいと思っているので置けそうな場所を探していると、ミツバチの羽音が聞こえたような?

日本ミツバチです。西洋ミツバチも何匹か蜜を集めている。

DSC_0356.jpg

この辺りはミツバチが多い地区だと聞いていました。

蜜源植物が多いのと果樹や花はハウス栽培をしていて露地の農作物が少ないので、農薬による被害が少なくてミツバチには良い環境だということかもわかりません。

ちなみにこの花は、コセンダングサ、開花時期は9月~11月、帰化植物。

種は細長くて細い棘があり服に付くし棘が痛いので嫌われ者ですが、ミツバチは好きな花のようです。


他にはセイタカアワダチソウが咲いています。

開花時期は10月~11月

DSC_0350 (2)

こちらは外来植物として嫌われている一方で、秋から冬にかけての貴重な越冬用の蜜源植物として重宝されています。

自宅から50mほどのところに荒地があり、そこには大量に咲いているので、我が家のミツバチ達が花粉で黄色くなりながら蜜と花粉をせっせと運んでいます。

この花が終われば次はビワかな、この畑にはビワの木もあります。

この様子なら5箱くらい巣箱が置けるかも。


ツユクサとカボチャ

自宅に咲いているツユクサ。結構、長い期間咲いている。

DSC_0939.jpg

時々、1匹だけ我が家の日本ミツバチが来て花粉を集めている。

DSC_0940.jpg

30mほど先に巣箱があるので、もっと多くのハチが来ても良さそうだけどいつも1匹だけ。

「あそこは花が少ないからお前ひとりだけで十分だろう」とかいう指示でもあったんだろうか。

ある程度花粉が貯まったら巣箱に一旦帰るけど、すぐに来てまたツユクサの花粉を集めている。

花粉の受け渡しにはそんなに時間がかからないみたい。

蜜を採っている様子がないけど、ツユクサの蜜は採らないのか?蜜が無いのか?

ツユクサに付いている花粉てほんの少量なのに採取しているけど、巣箱から数メートルの所で咲いているカボチャの花粉は採取していない。

DSC_0943.jpg

雄花が大きく花粉の量も多いのになぜ?

春に植え付けた自宅のカボチャはいまだに着果しない。

何度か雌花に雄花の花粉を付けて受粉したけど着果しないので放置。

そのうちにハチが受粉してくれると思っていたけどダメみたい。

なんかわからない事だらけですわ。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2018-09 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">