狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

木村式自然栽培

無農薬、無肥料で栽培したりんご、「奇跡のりんご」で有名な木村秋則氏ですが、他の果樹や野菜、お米などでも無農薬、無肥料の栽培を成功させています。

当地、倉敷では「木村式自然栽培米」の生産者が増えてこの看板をよく目にするようになってきました。

DSC_3162.jpg

この栽培を倉敷でやり始めた頃より興味があって、私もやってみたいと思っていましたが、なにせ私は田んぼを持っていないですからやることは叶いません。

ちょっとしたご縁があり、実行委員の方と生産者の方、それと事務局の方からお話が聞けました。

「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」の目的とか事業内容等は、ホームページで確認できますが、実際にお米作りをしている方からのお話は初めてです。

草対策がさぞかし大変だろうと思って最初にそのことについてお聞きすると、なんと!水管理だけで何もしていないとか。

見せて頂いた全ての田んぼには全く草が生えていませんでした。

最近の圃場は、整備され水も豊富にあるので草で苦労することは少ないそうです。

では、なぜ一般の慣行農法では除草剤を大量に使用しているのか?

結局は、観察し考えることを捨ててしまい機械的に同じことの繰り返しをして栽培しているだけだからということのようです。

除草剤を散布しなければ苗がその影響で傷むことも無く健全に育ち、肥料を与えていないので虫を呼ばないから殺虫剤も必要なく病気にもならない、自然環境にも悪影響を与えない、最も重要な人の健康にも害を与えない、これぞ持続的な農業ではないかと感じます。

農薬などの資材を使わないので手間がかからないしお金もかからないので、一人で管理できる面積が広く利益も多い。

同じ広さなら収量が悪くても慣行農法より利益は多いそうです。

二人で40町くらいまでやれるそうですが、一つだけそれを阻むものがあるとか。

それが、これです。

DSC_3163.jpg

通称ジャンボタニシ。外来種のスクミリンゴカイで、食用として養殖されていましたが、日本人の味覚には合わなくて野に放たれて大増殖。

最近は、これを駆除するための農薬も散布しているようですが、自然栽培では手で捕る方法しか選択肢はなく、その手間が最も大きいそうです。

苗が小さなときに食害を受け、1枚目の写真のような状態に、その後生長して葉が固くなると食害を受け難くなるそうです。

お米の話をお聞きした後に場所を移動して、野菜を栽培している畑も見学させていただきました。

自然栽培での野菜作りは難易度が高く、特に葉物野菜は難しくてこれが上手に作れるようになると上級者だそうです。

野菜作りでも、なるほど!と納得できる話を多く聞けて非常に有意義な時間を過ごせました。

これで私の野菜作りも大きくレベルアップしそうです。

自然栽培のお米作りは、意外にもハードルが低そうなので本気で考えてみたいですね。


スポンサーサイト

溝掘り

借りている畑で排水のために溝掘りをしました。

DSC_1404.jpg

借りた当初は、そこそこの野菜が収穫できていましたが、ここ2年ほどは出来が悪くなっています。

原因は水はけが悪くて根腐れしているから、と勝手に決めつけ30cmを目安にスコップで堀上て平クワで鋤取り。

DSC_1407.jpg

全長は50mくらいかな、作業時間は3時間くらい、久々に良い汗かきました。

DSC_1408.jpg

ここ数週間ほど、奇跡のリンゴで有名な木村秋則が提唱する無農薬、無肥料、無堆肥の「自然栽培」を理解しようと書籍を読んだりネットで検索して調べたりしています。

「自然栽培」が気に入っているのは、同じく無農薬、無肥料、無堆肥で栽培する他の農法が哲学的、宗教的な要素を多く含んでいるのに対して、科学的に証明されている事柄や実験結果から無肥料でも野菜が育つ理由を理解しようとしているところです。

世の中には科学的に説明できることってほんの少しですから、明確な理由を突き止めることはなかなか難しいでしょうけどね。

農作物を栽培する上で最も重要なことの一つが、土を乾かし土壌微生物の活性を高めることだそうですから、この畑も良い結果がでると期待しておきます。


ブロッコリーは終わりに

昨年末から収穫し続けていたブロッコリーですが、防虫網を外したことで虫が卵を産み付け孵化し幼虫がモゾモゾとうごめきだしました。

これは黄色の卵。

DSC_1352.jpg


これはグレーの卵と孵化したばかりで濃い緑をした幼虫の塊。拡大するとなかなか気持ちが良い画像です(笑)

DSC_1354.jpg

葉や側芽から大きくなったものは全て切り取り茎だけを残しました。このまま放置しているとまた芽が出て大きくなるので、その状態を観察しようかと思っています。

でも、虫が卵を産み付けるとまた切っちゃいますけどね。

DSC_1359.jpg

拡大するとこんな感じでどれも茎が根元から曲がっています。成長期に支柱を立てて倒れないような処置を施していないのが原因ですね。

DSC_1357.jpg

でも、こうやって倒れると地面に接している部分から根が生えて養分の吸収が増え少肥料でも長く収穫が続きます。

まあ、いつものように放置プレーで栽培していると新たな発見があるわけです。几帳面な方には無理な栽培方法ですね(笑)

毎年、こんな感じで栽培を続けていますが、肥料といえば植付け時に元肥を施しているだけ。それでも毎年この時期までは収穫し続けていますから。

だいたい肥料を施さなくても植物は育ちますし、その方が美味しくて体にも良いし、環境にも優しいですからね。

ここんとこ、肥料無し、堆肥無、もちろん農薬、除草剤も使用しない自然栽培に移行しようかと考えているところです。

有機農法も肥料をやり過ぎれば化学肥料のやり過ぎと同じですからね。

2年ほど前に購入した果樹園では、購入後まったくの無肥料でたまに草刈りをするだけ。それでもミカン類、カキ類、なんてのは毎年実を付けています。

そろそろ肥料分が抜けたかな?と思える今年は初めて桃の実が付いたのを確認。収穫できるかどうかはわかりませんが、今後も
肥料を使わない自然栽培に徹するつもりです。

しか~し、野菜わねぇ・・・3年ほども収穫が途切れるのはちょっと困るんですよね。

肥料分が無くならないと、野菜の根と土壌微生物の関係が築けないらしくて、育ちにくいし病害虫にもやられるみたいです。農業も奥が深いですわ。

収穫できれば後は野となれ山となれで、肥料と農薬を使って決められた単純な栽培方法で収穫する方が日本人らしいといえばそうかもわかりません。

畑を増やすという手もありますが、昨年、借りていた畑を返したばかりですからね。

忙しくて畑の世話ができないという理由にしましたが、実際は、隣がブドウ園で農薬散布をするのでカメムシ等の虫が私の畑に逃げて大繁殖。

これは辛抱できますが、除草剤を私の畑の中まで散布して野菜を枯らしますからね。野菜が枯れること自体は辛抱できますが、枯れない野菜も土も除草剤を浴びていると思うと収穫する気にも畑に行く気にもならなくて放置プレーですわ。

何せ農薬も除草剤も、散布後すぐに消えて無くなり害は無いと信じていますからね。親切心でやっているわけです。

狙うは周りも耕作していな耕作放棄地ですね。肥料分は抜けているので自然栽培に移行し易いし、他人から余計なことをされる心配もない。

とまあ、仕事が忙しくて畑にもなかなか行けないのにこんな事ばかり考えている毎日ですわ(笑)


 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">