FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

アカヤマドリ

私の地元では、7月5日、6日の西日本豪雨により、山が土砂崩れになり林道はどこも通行止のままでした。

やっと徐々に復旧してきたので、様子を見に隣市の林道を通行をしてみると、こんなキノコを発見。

DSC_0414[1]

山にはほぼ一年中入っているので、数々のキノコを目にしていますが、食べられるキノコの種類を全く知らず毒キノコを食べて中毒になるのが怖くて、いつも見て見ぬ振りをしています。

今回のこのキノコは、かなり特徴的なのでSNSで情報発信。

すると、ずっと前からのブロ友夫婦から「アカヤマドリ」という種類で美味しく食べられると回答をいただきました。

ネットで検索すると、似たキノコで毒キノコがないらしい。

翌日に採取に行ってみると、わずか一日で、オレンジ色から黄色に変色しています。

DSC_0436[1]

かなり肉厚でふわふわした傘と固めの軸、虫食いの跡はみられない。

DSC_0437[1]

近くには、幼菌もありました。

DSC_0441[1]

自宅に持ち帰り、調理を始めます。

DSC_0489[1]

断面が綺麗ですね。虫食いはなし。

バター炒めが美味しいらしので、傘と軸の部分を食べ比べてみました。

DSC_0491[1]

バターの味が濃くて、本来の味がわかりづらいけど、濃い味でなかなか美味しい。

傘は柔らかくてつるっとした食感、軸も硬くはなくそこそこシャキットした食感。

酒のつまみには良いのかも?私はお酒を飲まないのでよくわかんないけど。

他の調理も試してみたいと思っていたところ、焼き飯を作るということなので材料の一つとして投入。

DSC_0505[1]

黄色の汁が出てサフランライスのように着色され、なかなか良い感じ。

入れたものと入れないものとを食べ比べると、味の差は歴然。

旨みが強くなり風味も増し、なかなか美味しい。

あれこれと一緒に調理すると本来の味が把握できないので、水だけで煮てダシを出して味見をしてみると、昆布系のダシって感じ。

そして、そのダシは黄色に染まりとろみが出てきました。

思いつく料理がないので、昆布系という味から味噌汁にしてみました。

DSC_0504[1]

具が寂しいのでわかめを入れています。

他のダシを入れなくてもそこそこいけそうでしたが、我が家は麦味噌なので醤油を少し足して味付け。

もカタクリを入れたかのようにとろみがあり、味は濃いようでも癖はさほどなく独特の風味が加わり田舎汁って感じです。

今回は毒見体験ということで、私一人でほぼ完食して翌日まで毒見の結果待ち。

そして、翌日。

なんと!ビックリする現象が起こりました・・・膝の痛みが消えた。

膝が痛いという経験はあまりなかったのに、数ヵ月前から痛みが取れず、運動不足か加齢が原因かな?と考えていました。

それが突然無くなったので、毒により感覚が麻痺したからなのかな?と思ったけれど触ると感覚はあるみたい。

不思議だ・・・

このキノコには、関節を修復する成分を持っているのか?それとも別な要因によるものなのか?

キノコには、隠れた効能が多々あるのかもわかりません。

そういえば、このキノコの名前を教えてくれた夫婦はメッチャ元気です。

一種類づつでもいいから、食べれるキノコを覚えていけば若返りができるかも?

ということで、「キノコ」のカテゴリを増やします。


スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-10 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">