狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

サルはコーヒーが好き?

ここ数年、ニホンザルが住宅街に出没して騒ぎを起こすことが多くなり、サルに慣れてない地区に出没すると警察やら役所やらに通報があり、私達猟友会の者に出動依頼が来ます。

DSC_2242.jpg

出動しても住宅地では、花火を上げて音で追い払うくらいしかできません。

今年になってから、あまり通報が来なくなりましたが、久々に昨日の夕方に保育園に出たという通報があり、そして、今朝と昼頃にも同地区で家の屋根に居ると通報がありました。

毎回、我が班のメンバーが出向き追い払いを行っていますが、山に帰らずに住宅地でうろうろしているようです。

サルが子供の近くに来た、という乳飲み子と4歳前後の女の子のお母さんからその時の様子を聞くことができました。

サルが手に缶コーヒーを持って現れ、それを飲みながら歩いてきて子供の横に並んだそうです。

特に威嚇したとかいうこともなく、「この缶コーヒー美味しいでぇ、あんたも飲みねぇ」と、言ったとか言わないとか(笑)

ここでそのお母さんから有力な情報をいただきました。

なんと!その缶コーヒーの銘柄は「ジョージア」だったとか。

なかなか味の解る奴ですな。

この話を聞いていた役所の担当者が、以前に近くの自動販売機に居たという目撃情報を得ていました。

さらに、そこから8kmほど離れた住宅地でも缶を持ったサルの目撃情報があったそうです。

なぜ、餌もない住宅地での目撃情報が続くのかと不思議に思っていましたが、自動販売機目当てだったんですね。

ここで疑問が・・・缶コーヒーは自動販売機にお金を入れて買ったのか?それともゴミ箱から拾ったのか?

それよりももっと重要なことは、飲んだ後の空缶をちゃんとゴミ箱に捨てたのか?

その辺にポイ捨てでもしていたら許すことはできませんぞ!

ひっつかまえてサルとしてのマナーを教え込まなければなりません!

捕まえてその辺りの事を自白させないといけませんね。

獲るなら捕獲檻で、設置場所は、やはり自動販売機の横が良いでしょうね。

エサはもちろん「ジョージア」。

2、3本捕獲檻の中に入れておけば完璧でしょう。

明日また通報があるようであれば、この作戦を遂行いたします。


スポンサーサイト

獲ったどー!×3

久々にイノシシを獲りました。

DSC_2063.jpg

63kgのメス、54kgのメス、推定30kgのオスで合計3頭。

すべてくくり罠での捕獲です。

どれもぷりんぷりんに太っていますね。

今年はイノシシが多く出没してるので、駆除依頼により2週間前から括り罠を仕掛けていました。

メスの2頭は狙っていた奴です。獲れて一安心。

同時に肉の在庫か少なくなっていたので、そちらでも一安心。

これで来月に集中しているイベント等での消費量も確保、朝市用も確保でやれやれです。

あと1頭良さそうなのでいるので、次はそれ狙いでいきますか。


逃亡者

昨日に続き、今朝も「イノシシが檻に入っとるよ」と農家の方から電話がありました。

今日は、午前中に予定が入っていたので午後から止めに行くことにしましたが、それから3時間後くらいに再度電話が入り「イノシシが檻から逃げとるでぇ」とのこと。

なぜ?

昼から、原因を調べに現地に行ってみました。

DSC_1661.jpg

扉にくくり付けていたコンパネがバラバラ。古いのでこれは仕方ないけど。

DSC_1662.jpg

扉のサイドを見ると、なんと!溶接が剥がれて鉄筋が上を向いていますがな。

DSC_1663.jpg

15cm×45cmの穴があいて、そこから逃げたようです。

15cm×15cmのワイヤーメッシュは、イノシシが頭を入れ込むと溶接が剥がれるんですよね。

それを防止するためにコンパネを張っていたということなんですが、ま、仕方ありません。

周りを一周して様子を見ると、所々に掘った跡があります。

DSC_1664.jpg

おそらく、捕獲檻の中にはメス親が残り、外で子供たちが母親を助けようとしたのか、お腹が空いたので母親の傍に行こうとしたのか判りませんが、盛んに掘っています。

DSC_1665.jpg

それとは無関係に、母親が弱点を見つけて逃亡!

運が良かったというか、努力が実ったというか、とにかく逃げることができて幸運でした。


獲ったどー!

今日も獲れました。この捕獲檻では6回目。

DSC_1656.jpg

61.2kgのオスイノシシ、1日に白桃を50個前後くらい食べているので良く太っています。


で、もう一丁!

DSC_1657.jpg

推定80kgのオスイノシシ。

これまた良く太っています。これも毎日白桃と梨をたくさん食べていたようです。

DSC_1659.jpg

牙を鳴らして威嚇していましたけど、こんなに長~い!

DSC_1660.jpg

そろそろ白桃の時期も終盤、白桃のエサで獲るのも終わりに近づきました。

今日は白桃のエサがありましたが、明日から後は散発的になりそうです。

我ながら、毎日よく頑張りました。

そろそろゆっくりさせて、というか後回しにしていることをやらなくちゃあね。


またまた獲ったどー!

一昨日獲った捕獲檻で、またまたウリ坊が4頭獲れました。

DSC_1646.jpg

これでこの捕獲檻では、一月の間に5回も獲ったということになります。

こんなに頻繁に捕獲檻で獲れるということには大きな理由があります。

それは、昨年度で、この地区の全ての桃畑に防護柵が設置され、捕獲檻でのみ好物の桃が食べれるという状態になったからです。

やは、防御が先で、捕獲は被害を与えている個体数の管理が目的であるべきということでしょうね。

もうそろそろ打ち止めじゃないかなかぁ。


 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">