FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

空気銃の調整

今猟期は年内が気温が高くて、正月頃から一気に低下しました。

その気温低下の影響で、空気銃のグルーピングが悪化し、ヘッドショットが出来なくなりました。

仕方がないので、弾の種類を替えてグルーピングを改善させましたが、今度は、獲物に対するインパクトが弱すぎて逃げられてばかりとなりました。

この事については以前に記事にしました。

あれから、終猟まで元の弾に替えて3発でも良いから、再現性のある当たる領域を探しましたが、ダメでした。

もしかして、スコープが原因かも?と思いセッティングを変えたり、ターゲットノブの操作方法に気を使ったりしましたが、それもでもダメでした。

猟期が終わり、原因は弾速の低下しかない!と結論付けて約5パーセントの弾速調整をしました。

F1000284.jpg


そして、グルーピングテストをすると、充填圧による特性が少し変わりましたが、非常に良く当たりだしました。

スコープ越に見える弾道が、調整前にはカーブして着弾していたのですが、調整後には真っ直ぐに狙点に向かって飛んでいます。

以前と同じような精度がありますし、精度を保てる弾数も増えました。

これで、来猟期の心配もなくなりました。

早く来い猟期!(笑)

それにしても、個々の弾により特性が違うものですね。

弾速が高すぎると当たらなくなるのは解っていましたが、低すぎても当たらなくなる弾があるのですね。

今回も大変勉強になりました。

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-02 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">