狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

3進2退

先週末の子犬の訓練です

私は、ヒザの関節が痛くて思うように歩けないのに、無理して片道2時間30分を日帰りで行ってきました。

杖を突いて歩いているので、思うように犬を誘導できないのと、草の背丈が高くなって犬の様子が見えないので、子犬のお勉強になったのかどうか解りません。

子犬は着臭して捜索しているようですが、何処にいるか解らず呼び戻そうと呼んでいるとキジが発ち、その辺りから子犬が出てきたりします。

子犬は、良くなるときには一気に成長しますが、日替わりメニューです。嬉しい日もあれば悲しい日もあります。

だいたい、やっと8ヵ月になったばかりのなのに、成犬並みの猟芸を期待しているのが間違なんですけどね。

8ヵ月という子犬の年齢から考えれば、とても早く進歩していると思います。

IMG_2458.jpg


IMG_2466.jpg


IMG_2468.jpg


IMG_2471.jpg

河原の草が伸びすぎて、訓練には向かなくなって来たようです。

田んぼも耕し始めましたので、こちらも今後はダメでしょう。

標高が高い場所に、訓練場所を変える必要がありそうです。

気温が高くなってきたので、朝晩の気温が低い時間帯でしか訓練はできないですね。

人も子犬も辛い季節が始まりそうです。

スポンサーサイト

笠岡ラーメン

ご当地ラーメンの紹介です。

岡山県の西、広島県との県境にある笠岡市の名物?ラーメンです。

特徴は、鶏のダシでとったスープと鶏のチャーシューです。

F1000437.jpg


注文は、笠岡ラーメン、炙り親子丼、つくねのセットです。

F1000438.jpg

笠岡で食べた事はありますが、今回は倉敷にあるお店で食べました。

スープは鶏なので薄味かと思いきや、かなり濃い味です。

チャーシューの味も濃いですね。

美味しく頂きましたが、スープに少し鶏皮の匂いがするのが気になります。工夫してこの匂いを無くし、チャーシューをもう少しジューシーに仕上げれば、私好みとなります。

白髪ネギの具は良いですね。

メジャーではないご当地ラーメンなので、作っているお店も少ないようです。

今後の広がりが気になるところです。

こしあぶら

昨年度の山菜は、低気温と少雨で、芽吹きがとても遅かったですが、今年の山菜は高気温と降雨量のおかげで、例年より成長が早いようです。

子犬の訓練に気を取られている間に、「こしあぶら」はこんなに大きくなっていました。

F1000415.jpg

子犬の訓練で、他県に行っている間に友達が採っていてくれました。

そして、また次の日も大量に別の友達に頂ました。

山菜は採るのも楽しいのですが、これだけあると今年は、「こしあぶら」を採りに行く必要がなくなりましたね。

残念!(笑)

料理方法は、「天ぷら」か「おひたし」で食べます。香りが良いですよね。

余ったものは天ぷらにして冷凍保存しておき、「うどん」などに入れて食べます。


沢山あったので、フランス料理屋さんの「ビストロ・ヴォナ村」におすそ分けしました。

伺ったついでにランチを注文したら、早速、調理してメインのお皿に飾りつけてくれました。

F1000419.jpg


F1000420.jpg

ハーブの香りも良いですが、「こしあぶら」の香りもなかなかフランス料理に合うのでは?

美味しく頂きました。

超安定仕様完成か?

私が空気銃猟で主に使っている、空気銃(S410)を超安定仕様にしました。

IMG_2453.jpg


IMG_2456.jpg

市販の空気銃は、完璧なものはなく、長所と短所を持っていると思います。短所を把握して、それに対する対応策を考えて使えば、どの空気銃も良く当たり獲物が獲れる筈です。

と、ここまでは優等生的なお話で、実は短所を克服しなければ全く当たらない銃になる事もあります。

私のS410は、気に入って使っていますが、短所が幾つかあります。

まず、5発から10発に1発のすっ飛び弾が出ること、次に気温の変化によって弾速が大きく変化すること、の2点が最も大きなものです。

すっ飛び弾については、購入後すぐにはありましたが、弾倉の変更と「ハンティングネット」さんの対策部品のおかげで全くなくなりました。

後に残る弾速変化は、かなり手強いと思っていましたが、弾速変化の原因が解り特殊な部品と調整によってこれを克服しました。

と言っても、完成してここ数ヶ月の事なので、ハッキリ克服できたとは言えませんが、15℃くらいの気温の変化では、弾速の変化が殆んど見られません。

これから気温の高くなる夏を乗り越え、気温低下の猟期後半まで使って、様子を見ないと完成とは言えないでしょうね。

もしも、この方法が有効だという事が解れば、S410所有者にはかなりの朗報であると思います。

この方法にすると、グルーピングが良い範囲にある、有効弾数もかなり増加すると言う夢のような調整方法です。

って、かなり怪しげな良く聞く宣伝文句のようですね(笑)

ナゼこのように宣伝するのかと言うと、「兵器製造許可」を取り高額調整費をもらって「超安定仕様」として売り出そうかと思っているからです(ウソ)

どちらにしても、結果はまだ先の事です。この夏を乗り越えれるかどうかが最初の難関ですね。

経過報告はしようと思っていますが、失敗作になって、触れたくない話題として無言になるかも解りません。(笑)

あっ、それから、この調整方法は、誰にも公開しません。なにせ、商売にするのですから(爆)

潜水スネーク

長いものが出て来る季節になりましたね。

春からやっている子犬の訓練でも、何度かくわえて来た事があります。

写真は、先週行った他県での子犬の訓練で見つけたシマヘビです。

IMG_2405.jpg

今までに数知れずのヘビを見てきましたが、これは初めてです。

なにせ、水の底に居るのですから。

水の中は、水面を泳いでいるのが当たり前と思っていましたが、潜ることも出来るんですね。

超ビックリ!!!

このシマヘビは、私の犬(チコ)が水路際で下を向いてポイントをしているので、何が居るのかな?と思って近づくとシマヘビが出てきて水路に落ち潜りました。

チコが追って飛び込みそうになったので、慌ててとめました。

ヘビにポイントしたのは初めてです。

今度はマムシにポイントしないかな~、焼酎漬けにするのを親父に頼まれているんですわ。


一緒にいた友達が、「どの位の時間潜って居れるのか見ていよう」と言いましたが、一升瓶に水を入れ、その中に入れておいても当分の間生きていると聞いているので、「待ってられない」と思い引き上げました。

でも、よく考えれば潜るという事は肺に空気が入っていない筈なので、短時間で浮上するということが考えられますね。

少しの時間見ていれば良かったかな~。二度とないチャンスだったかも?残念!



子犬の訓練(7)2/2

昨日の続きで、子犬の訓練2日目の様子です。

昨日の雨が上がって、今日は快晴です。昼には暑くなりそうです。

友達は、朝早くから訓練しているというのに、私はゆっくりと起きて朝食を済ませて河川敷に行きました。

河川敷では、まず、4頭の用便を済ませてから、訓練場に向かいます。

その途中に、オスキジを見つけました。服や靴の用意をして子犬を連れ出し、キジのいた方向に誘導して捜索させますが居ません?

ふと、後ろを振り返ると、逆の方向に身を伏せながら移動しています。準備に手間取り、キジは思わぬ方向に移動していたようです。

子犬を誘導させると、キジの跡に乗ってつけて行きます。最後に行き着いた場所は、枝が川に張り出して茂っている場所です。

こんな下が川の場所には居ないだろうと思っていると、オスキジがそこから飛び立ちました。ビックリ!


場所を移動して、1ラウンド1時間くらいの場所です。

堤防の上に車を駐車させて、河川敷に降りていると子犬が来ません。どこに行ったのかな?と思っていると、子犬が行った方向からキジが2羽飛んで来ました。

堤防の上で匂いを感知して捜索していたようです。

2羽のうち1羽が、これから行こうとしている河川敷に降り立ちました。

発ち込みのキジは、周りに匂いがなく見つけ難いので、子犬には無理かな?と思いながら誘導していきました。すると、キジが降りた付近でポイント!

IMG_2384.jpg

私が近づくと、前方10m以内の場所から飛鳥しました。先ほどのメスキジです。

IMG_2385.jpg


少し前方に進むと、着臭、捜索、ポイント!

IMG_2386.jpg


そして、飛鳥。子犬は写っているけど、キジはどこ?

IMG_2387.jpg


少し前方に進むと、またまた着臭、捜索、ポイント!

IMG_2390.jpg


そして、飛鳥。こんどは子犬は写っていないし、キジはどこ?

IMG_2394.jpg

この場所では、8羽ほどのキジが出ましたが、どのキジにも反応して捜索し短いポイント後に飛鳥させました。

キジは這って逃げているのですが、その道のりをトレースして飛鳥寸前のところでポイントしています。

非常に良くなりました。今の時点では、同腹の子犬達(7ヶ月)の中でトップを走っています。と親バカの私は思っています(笑)


場所移動をして、友達が訓練している場所に着くと、車の横50mほどの所でオスキジが餌をしています。
車を停めると、警戒して体をかがめこちらを見ています。

IMG_2399.jpg

子犬を出すと、すぐに着臭して距離をとってポイント!

IMG_2400.jpg

短いポイントの後に飛鳥させ、キジを追いかけて走って行きます。

IMG_2401.jpg

トライアルのマナーではキジの後追いは良くないのですが、子犬の猟欲の表れなので実猟犬としては大いに結構です。


これは、友達の子犬(6ヶ月)がポイント(セット)後に飛鳥させたキジです。私の頭上3mを飛んで逃げました。カメラの連写ができないので、最接近時にはシャッターが下りませんでした。良いカメラが欲しいな~。

IMG_2410.jpg



昼食後に、少し早いのですが帰る方向に向いて、車を走らせながら出鳥を探しました。

堤防の下にオスキジを発見!車を停めるとすぐにキジは50mほど移動したようです。靴を履き替えたりキジが隠れた場所を聞いたりして、私の子犬を出します。

少し時間が経ったので、匂いが薄そうですが、なんとか跡を辿って行きキジが隠れた場所付近でポイント!すぐ開放して跡を辿って行きますが、突然走りだしました。キジが走って逃げているようです。

IMG_2411.jpg

途中、2回ほど一瞬のポイントを繰り返して追っていきます。最後にはキジに追いつき2羽のキジを飛鳥させました。着臭してから100m以上も移動していました。

IMG_2412.jpg

匂いの濃淡で、キジまでの距離がある程度解って来たようです。

私の子犬は、訓練の度に目に見えて良くなっていきます。写真を撮るにも、撮り易くなってきました。

着臭してからカメラを出して準備をし、ポイントをしたら1枚、飛鳥したら1枚と撮れます。でも、私の腕が悪くてよい写真が撮れないのが悲しいとこですな~

2日間の移動距離は、440kmでした。

IMG_2419.jpg



子犬の訓練(7)1/2

先週末には、1泊で子犬の訓練に行ってきました。

と言っても、他の3頭を家に残してくるわけにはいかないので、4頭全てと一緒です。

場所は、他県のいつもの河川敷です。

本日は雨です。天敵の猛禽類が飛ばないので、キジはのんびりと無警戒でいます。

車で河川敷に入るとすぐに、オスキジが居ました。雨の中、身動きもせず、もの思いにふけっている様な感じに見えますね。

IMG_2370.jpg

雨に打たれてお疲れの様子のところ申し訳ありませんが、子犬の訓練にご協力をお願いました。

子犬を出すと、キジの匂いに反応して捜索しています。雨で匂いが取りにくいのか手間取っていましたが、最後には潜んでいる場所を突き止め飛鳥させました。

悪条件にも関わらず、最初から今日は調子が良いようです。


次のキジを探しに移動を始めてすぐに見つけました。

キジのメスです。16倍のズームでこれですから、普通の人では気が付かないでしょうね。

IMG_2371.jpg

このキジは、畑の中にいたのでパスです。


その後、友達と合流して何度もキジに出合わせました。

友達の子犬が認定でポイントしている様子です。

IMG_2373.jpg

キジは、ブッシュの中を這って逃げ、最後には子犬より遥か前方で飛び立ちました。

認定でポイントをさせている間に、キジはかなり遠くまで逃げてしまいます。

このような状況になりやすいので、認定のポイントは一瞬でよいと私は考えています。

IMG_2374.jpg


河川敷にいるキジを発見!今度は、友達のもう1頭の子犬(6ヶ月)にあてがいます。

IMG_2376.jpg


危険を察知して、遠ざかっていきます。

IMG_2377.jpg

子犬は、認定でポイント!すぐに開放、キジの跡をつけて行きます。

IMG_2378.jpg

そして最後にポイント!後、飛鳥させました。写真がうまく撮れていないのが残念です。

IMG_2379.jpg

なかなか良いのをしましたね。今のは、合格です(笑)


私の子犬がポイント後に飛鳥させたキジです。子犬が写っていないので、状況がわからないですね。

IMG_2380.jpg

訓練の様子を写真に納めるのは難しいですね。主人の方は、写真を撮る訓練が足りないようで、不合格です(笑)




子犬の訓練(6)

先週の雨の日に、友達と子犬3頭と共に休耕田に訓練に行ってきました。

周りを山に囲まれている平地で、住宅が点在する場所です。

特定猟具禁止区域なので、キジが多く残っています。


私の子犬がポイントをしている場面です。

IMG_2359.jpg

いつもと違って、ポイントの時間が長いです。

IMG_2360.jpg

私が近づくと標的に向かって飛び込みました。

でも、な~んと、そこに居たのはヌートリアではありませんか。

いつもとは、様子が違うと思ったら、こんなものに反応していたのです。

こういった場所では、他犬の糞尿の跡や動物の死骸があるので、子犬の訓練場所としてはあまりよくないですね。

でも、様々なロケーションに連れ出すことも訓練の一つですから。


目的のモノは、このキジだけなんですけどね。それを子犬が理解できるには、もう少し時間が掛かりそうです。

IMG_2361.jpg

私の子犬は走るレンジが広く、畑にまで入りそうなので友達の子犬をメインに訓練しました。

どの子犬も、今のところ同レベルって感じですかね。

SUPER GT

先週末の土、日には、国内で最も人気のある「スーパーGT 300kmレース IN 岡山」の観戦に行ってきました。

IMG_2357.jpg


GT500(500馬力)とGT300(300馬力)の2クラスが、同時に走行します。

今年の目玉は、何と言ってもGT500クラスの新型GT-Rです。

第1戦の鈴鹿では、決勝で1、2フィニッシュでした。前評判通り速くて圧勝でしたね。

土曜日が予選で、日曜日が決勝です。

予選結果は、GT500の1位が第1戦の鈴鹿で優勝した「XANVI NISMO GT-R」、GT300の1位が「ARTA Garaiya」でした。

IMG_2358.jpg

レースを面白くする為に、前レースの上位入賞者にはウエイトハンディが課せられますが、「GT-R」に+60kgのウエイトくらいでは、他車との差は縮まらないようです。

GT500予選1位の「XANVI NISMO GT-R」のピットです。

IMG_2326.jpg


GT500予選2位、昨年度優勝の「ARTA NSX」のピットです。

IMG_2320.jpg


GT300第1戦鈴鹿で優勝の「ORC雨宮SGC-7」のピットです。

IMG_2292.jpg


本番レースまでの間に、数々のイベントが催されます。

バスで練習走行中のマシンに混じって、サーキット内を走る事も出来ます。

IMG_2275.jpg


レースクイーンの撮影会。カメラ小僧の多いこと、おじさんには関係ありません(笑)

IMG_2295.jpg


デモランの主役「織戸 学」です。

IMG_2297.jpg


D1チャンピオンの腕前に、観客は魅了されます。今年はマシンが変わったようです。

IMG_2311.jpg


コースの真横で観戦しているカラスがいます。練習走行の爆音にも驚かずにいます。難聴カラスでしょうね(笑)

IMG_2335.jpg


GT500の決勝レース前の1周。

IMG_2336.jpg


GT300の決勝スタート直後の1コーナーです。2台が接触しました。

IMG_2341.jpg


GT500のレース結果
1位:「XANVI NISMO GT-R」 2連勝
2位:「カルソニック IMPUL GT-R」
3位:「ARTA NSX」

GT300のレース結果
1位:「ARTA Garaiya」
2位:「ユンケルパワータイサンポルシェ」
3位:「クスコDUNLOPスバルインプレッサ」

決勝当日は、昼過ぎからポツポツと雨が降り出しましたが、レースに大きな影響があるほどの降りではありませんでした。

もう少し雨足が強ければ、面白いレースになったでしょう。

今年度は、GT-Rの圧勝で決まりのようですね。速過ぎます!

TOYOTAとHONDAが新しいマシンを開発中とか?レースを面白くする為に早く出して欲しいな~。

次は、D1でも見に行くかな?

ランチ

久々に、「ビストロ・ヴォナ村」でお昼のランチを食べて来ました。


日曜日でもお昼にランチが食べれます。

F1000407.jpg


本日のランチは、これです。

F1000406.jpg


今まで気が付かなかったけど、開店時間を示しているようです。

F1000405.jpg

時間をずらすして来たのに、中に入ると満席!

私も含めて、田舎人も洋風の味が解る人が増えたようですな~。

席が空くのを、フランスの料理本を読み見ながら待ちました。



デザートの付いたランチセット¥1200円を注文しました。

ダイコンのスープです。

F1000408.jpg


パンです。ランチでパンのお代わりは出来ませんよ。

F1000409.jpg


メインは、サゴシのムニエル、カニクリームコロッケ添えです。

F1000410.jpg

サゴシは、サワラの成長過程での呼び名です。春は鰆の季節です。

ソースが魚に良く合っていて美味しいですし、カニクリームコロッケもトロ~リとして美味ちいで~す。

ソースは複雑な味にする為に、私には解らない材料を加えているようです。



いつもながら美味しいデザートです。

F1000411.jpg


ドリンクは、アイスコーヒーを注文しました。

F1000412.jpg


旨かった~、手抜きなし!ここはランチも最高で~す。


菜の花とからし菜

週末に、子犬の訓練に行った河原で、からし菜を探して来ました。

菜の花とからし菜の見分けがつかなかったので、「アレコ・レーノ」のシェフに教えて頂きました。

現地で現物を見比べ、最後は食べ比べてみました。



菜の花が大きくなってしまい、中に居る子犬がまったく見えません。

IMG_2236.jpg


これは、菜の花?

IMG_2226.jpg


これは、からし菜?

IMG_2233.jpg


まだ良く解っていないようですが、葉っぱの付き方が違うようです?

これは、からし菜かな?と思って採ろうとすると、他の人が採った後があったりします。

食べてみると、からし菜は辛いダイコンのような味です。



適当にそれっぽいのを少しだけ採ってきましたが、葉っぱの付き方からすると菜の花が多いようです。

F1000402.jpg


帰って直ぐに、軽く塩茹でにして炒めて食べました。

F1000403.jpg

美味しい!!!菜の花でもからし菜でも何でも良いから、今度は、大量に採ってきますよ(笑)



と、ここまでは、日曜日までのことです。

昨日、やっと、からし菜と菜の花の区別が出来るようになりました。

写真を撮って来たので、見比べてください。たぶん合っていると思います?


これは、からし菜の葉っぱです。茎から枝のように葉っぱが出ています。

IMG_2252.jpg


これは、菜の花の葉っぱです。茎から直に葉になっていて、茎に沿って丸く付いています。

IMG_2253.jpg



これは、からし菜の花びらです。2枚ずつが寄り添っています。

IMG_2251.jpg


これは、菜の花の花びらです。十字になっています。

IMG_2254.jpg


からし菜の調理方法で気をつけることは、辛味を残す為に、ワサビと同じように80℃のお湯にさっとくぐらせて、冷水で冷やすことのようです。

からし菜の見分け方が解ったので、嬉しくなって、近くの河原で沢山採り昨夜大量に食べました。

美味しかったです。でも、食べ過ぎて夜中に気分が悪くなり大変でした。

くれぐれも、食べ過ぎにはご注意ください(笑)



子犬の訓練(5)

週末には、今週で4回目になる、子犬を自然鳥に合わす訓練に行って来ました。

今週は、この河原に友達が誰も来ておらず独占状態。

でも、例によって出発が遅く現地に着いたのがお昼前です。


ポイント!

IMG_2224.jpg


ここでも、迫力あるポイント!

IMG_2225.jpg


ポイント後に、メスキジが飛び立った場面です。左の木の真ん中当たりを飛んでいます。

IMG_2229.jpg


目的物が解り、猟欲が出来たので、棘のあるグイの中でも匂いがあれば入っていきます。

IMG_2235.jpg


キジの多くいる場所は、砂浴びも多いです。

IMG_2238.jpg


ここにもあります。

IMG_2239.jpg


ここにも。

IMG_2240.jpg


本日の走行距離は、昨週末と同じく370kmです。同じ場所に通っていますから、同じ距離数になるのは当たり前ですね(笑)

F1000404.jpg


先週は、目に見えた成果はありませんでしたが、今週は、子犬が接近してもキジが飛んで逃げなければポイントをしましたし、ブッシュが少なくキジが走って逃げる場所では、跡を辿って行き飛鳥させます。

今の年齢で、キジまでの距離を長く置いてポイントをする子犬は、訓練を重ねる度に慎重になり側臭にもポイントするようになります。

そうなると、キジまでの距離が遠いので、余裕のあるキジは這って逃げてしまい、キジを生産させる事ができなくなります。

ですから、今の時期にはキジを蹴出す(ポイントせず飛び立たせる)くらいで丁度良いと思います。

キジに数多く合わせて、直臭での距離感が解ってくれば、飛び立つギリギリの位置でポイント出来るようになります。

距離が近いと、キジも這って逃げるのではなく、飛んで逃げる方を選択し、飛ぶタイミングを伺っていますので、その時にポイントして動かなければ、最高なんですけどね。


今週は、なかなか良い訓練になったようです。

来週末は、予定があって訓練に行けないので、次の訓練まで日にちがあきます。

子犬は、良くなって来たら集中して訓練しないといけないので、平日に何度かは近くのキジが居る場所に行かないといけません。

近くには、訓練になるほどキジが居ないのが難です。

子犬がある程度やりだしたので、1日に2、3羽くらいキジに合わす事が出来れば良いのですが・・・

まだまだ続く、子犬の訓練。


業務連絡
「撃っても撃っても」さん、先輩達の言う事を参考にして訓練してください。子犬は、食事と愛情が最も重要だと思います。あとは、主人の熱意ですよ。寝るばかりしないで訓練に行って下さい(爆)


空飛ぶ玉ネギ

これはただの「新玉ネギ」に見えますが、実は「空飛ぶ玉ネギ」なんです。

F1000395.jpg


またまた、変な事書くな!玉ネギが空を飛ぶのか?と言われそうですね。最初に聞いたときには、私もそう思いました。

友達から頂いたものですが、その友達の奥さんは、宮崎県出身で実家から送ってきた玉ネギだそうです。

この玉ネギは辛味が殆んど無く、ネギや玉ネギが嫌いな方でも食べれるとか、現にその玉ネギをくれた友達は、ネギや玉ネギが嫌いで食べれないけど、これだと生でも食べれると言っていました。

収穫量が少なく、とても貴重品だそうです。

名前の由来は、この玉ネギが宮崎と東京にしかなく、東京には飛行機で送られるので、「空飛ぶ玉ねぎ」と言うそうです。

なるほどな~、と思ったでしょう?

生をスライスして食べるように言われていたのですが、鮭を入れたチャンチャン焼きにしてしまいました。

F1000401.jpg

焼ける前に生で食べてみると、ほとんど玉ネギの辛味はありません。

これだと、スライスして少しだけ水に晒すだけで、苦味はまったく無くなるでしょう。

熱を少しだけ入れたものは、苦味も無く歯ざわり良く甘みが多く、非常に美味しいです。

普通の新玉ネギとは一味違いますね。

珍しいものを、ありがとうございました。

もっと大量に欲しいんだけど・・・無いんだよね~

せんじがら

これ知ってますか?

F1000391.jpg


これは、「せんじがら」と言って、豚の胃を炊くと大量の脂が溶け出してきますが、それをそのまま揚げる状態で、肉がシットリからパリパリになるまで炊き続けて作ったものです。

皮の面は、パリパリで内側はシットリとしています。

F1000392.jpg

食べだすと止まらなくなります。お酒のおつまみにも良いらしく、スナックで出している所もあるらしいです。

これは、高速道路のパーッキングで買ったものです。

時々欲しくなると買います。

作った釜毎に出来が違うので、買う度に食感が違うようです。

裏話をすれば、販売は重量ですから、シットリとした出来の方が材料費と燃料費が少なくて儲けが良いようです。

でも、パリパリ感がある方が美味しいので、そのあたりが作る業者次第という事のようです。

この商品は、豚で作っていますが、牛で作ったモノもあります。

なぜ、こんなに詳しいかと言うと、肉関係の仕事をしている友達がその材料を納めたり、自分で作ったりしているのです。

これを料理の隠し味に使うと美味しいのではないかと思うのですが、今のところ試してないです。

そういえば、これをうどんに入れているメニューがあると、聞いたことがあるような???

うどんには合いそうですわ。

と、色んな事を考えている間に、なくなってしまいました(笑)

たくさん買わないと、料理の具にまで回りませんな~(笑)

新製品「かた焼きそば」

マルタイさんの新製品「かた焼きそば」を1箱も送って頂きました。

地元では販売していない商品らしいです。

F1000380.jpg


早速、試食してみる事に。

F1000393.jpg

これで2人前です。量がかなり多そうです。

一口食べて、味が濃いな~、それにトロミが強すぎだ~、と思ったら、間違えて2人前のあんかけスープの素に1人前の水で作っていました。

慌てて水だけ倍量にして溶くと、丁度良いお味になりました(笑)

麺がパリパリで食感が良いですね。

この麺は、かなり良くできていると思います。揚げ麺なのに揚げた油の臭みがありませんし、面の味が濃すぎずとても食べやすいです。

あんのお味は、変な癖もなく美味しくできています。

マルタイさんには、良い研究員がおられるようです(笑)

前回に頂いたこだわりラーメンは、飽きる事もなく食べつくしましたので、丁度タイミングが良かったです(笑)

これからも、美味しい商品の開発を期待しています。と軽くプレッシャーを与えておきますわ(爆)


子犬の訓練(4)

週末には、また子犬の訓練でした。

友達と現地で会い、一緒に訓練しました。

IMG_2197.jpg

2週間前に会った時には、友達の子犬は、まだキジに対する反応が悪かったのに、今回は、まったく別の犬?かと思うほどの変身振りでした。

私の子犬は、走っていますが、友達の子犬は気迫のあるポイント!この後キジが出ました。

IMG_2202.jpg


ここもポイント!

IMG_2211.jpg


ここでもポイント!

IMG_2213.jpg

完全に先を越されました。

この友達はブリーダーなのですが、本物の猟師ですし、犬を訓練するのも大好きです。

経験と熱心さで差がついたようです。

なんとか友達の子犬に追いつかねば!と焦るほど私もおバカさんではありません。

重要なのは、途中段階ではなく最後に固まった猟芸ですから。

ともっともらしい負け惜しみを言っておきます(爆)


河原を歩いていると、多くのカモが飛び立ちます。

もう少し暖かくならないと、北には渡っていかないのでしょうか。

IMG_2207.jpg


菜の花は、こんなに大きくなりました。

IMG_2216.jpg


汚れや草の種子が付きにくい素材出てきているスパッツでも、菜の花の花粉がこんなに付きます。

IMG_2218.jpg


つくしは、いたる所にあります。このあたりの人は、つくしを採らないようです。食べないのかな?と以前から思っていました。

先週、初めてつくしを買い物袋に一杯採っているおばさんに会いましたが、それは飼っているイノシシに与える為に採っているとか。

やはり、食べないんだ!

IMG_2219.jpg


暗くなるまで訓練しました。飛んでいるのは、最後に出たキジです。

IMG_2223.jpg


本日の走行距離は、370kmです。

F1000390.jpg

本日の成果は、目に見えるモノがなかったですね。

でも、辛抱強く訓練しなければ、ある日突然変身!という事にもなりません。

まだまだ、先は長いです。

関サバ

大分から「関アジ」に続いて、今度は「関サバ」を頂きました。

これまた、超有名ブランド魚です。

初めて食べる「関サバ」。どんなお味なんでしょう。

処理が良いので、目はギンギラと光っているし、身もよく絞まっています。

F1000375.jpg


味噌煮にしました。赤味噌がなかったので、普段味噌汁に使っている麦味噌で作っています。

F1000377.jpg

普段お店で食べているサバとは違い、野生の力強さを感じる味です。

ノルウエーの養殖サバのように体中がトロ状態の身ではなく、よく絞まっている身にサバの旨みが詰まっているといった感じです。

猟師コメントでは、ブロイラーとヤマドリとか豚とイノシシくらいの違いがあります。ハッキリ言って別の種類の魚って感じですね。


次は、酢で絞めた関サバです。

F1000381.jpg


これは、食べだすと止まらなくなるくらい美味しいですね。

サバの生き腐れといわれるくらい鮮度落ちが早い魚なので、刺身にはしませんでしたが、刺身でも十分食べれる状態だったようです。

獲れたてを船上で刺身にして食べるのが、最も美味しい食べ方のような気がしますね。


関サバと一緒に真空パックで送って頂いたカワハギは、味噌汁にしました。

写真を撮った筈なのですが、見当たりません???

一口飲んで、「これってカワハギ以外のダシを入れたの?」と聞いてしまいました。

答えはNO!です。

身だけなのに良いお出汁が出ています。

恐るべしカワハギ!


今回も、地元では口にすることのできない、珍しいモノを食べれて満足しました。

ごちそうさまでした。


 | HOME | 

Calendar

« | 2008-04 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">