狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

大分サミット開催(Ⅲ)

食材は、主にそれぞれが獲ってきた品々でした。

「ニンニクの茎の浅漬け」、「森林鶏の砂肝のジャーキー風」、「シバエビの自家製佃煮」、「青梅のピクルス」、「有害鳥獣駆除のインドクジャクの肉」、「チリのカルメネール・カヴェルネ・ソーヴィニョン」、「エゾシカの肉」、「生きたウシガエル(食用ガエル)」、「天然岩ガキ」、「イシガニ」、「野生のマガモ、カルガモ、キジ」、「天然ウナギ」、等々と数々のお酒です。お酒の中には、自家製のものもあります。

調理に使われる、卵、生クリーム、ヤギ乳も自家製です。

そして野菜は、無農薬、有機栽培で作ったものです。



これは、埼玉から飛行機に乗って来た「食用ガエル」ちゃんです。

IMG_3441.jpg


「インドクジャク」なんていう、超レアものもあります。

F1000647.jpg


瀬戸内海には居ない、「天然岩ガキ」です。デカイ!

IMG_3393.jpg


あまり珍しくも無い、「マガモ、カルガモ、キジ」のジビエと少しだけ大きい「天然ウナギ」です。ウナギは2つ折れの状態です。

IMG_3478.jpg


ヤギ乳です。私は、牛乳を飲むとお腹がグルグルと言い出しますが、これは飲んでもまったく変化なしです。

これがヤギ乳の特徴かな?と思わせる味はありますが、特に気になるものでもなく、飲みやすく美味しい乳です。

このヤギ乳を熟成させた、自家製食品を数々試作しており、それを試飲しました。

ヨーグルトは、非常に美味かったのですが、その他の得体の知れない熟成乳は、初めての味で食品といえるのかどうか解りませんでした。

でも、さすがに世界各国を旅行してきたシェフは、これは○○の味だから大丈夫、もう少し熟成したほうが良いとか、アドバイスをしていました。

何千年もの昔から乳製品を発酵させ、食品として来た原点がここにあるのだと感動しました。

ちなみに、私の健康状態に変化はありません。やはりあの発酵乳は食品と言えるようです(爆)

IMG_3433.jpg


調理された、カエルちゃんです。シェフの調理は丁寧でしたね。

IMG_3449.jpg


カモの調理風景です。私が調理したものに手を加えて、丁寧に処理していました。

なるほど!と感心してばかりでした。

IMG_3404.jpg


ジビエのソース作りと焼き方を講習して頂きました。身近にある材料で、フランス料理のソースが出来る事にビックリ!

IMG_3420.jpg


どうですか!この巨大岩ガキの美味しそうな事。こんな大きな岩ガキが採れるまっきーさんて凄い!

IMG_3412.jpg


これが調理された料理の数々です。

例によって料理の名前は覚えていないので、映像だけです。

IMG_3415.jpg


上の映像以外にも、次々と調理された料理が出てきます。

カエルちゃんもあります。

IMG_3455.jpg


エゾシカも。

IMG_3431.jpg


そして、カモもあります。

IMG_3426.jpg

ジビエ料理は、今までの概念が覆るほどの味でした。やはり、ジビエ料理専門店のオーナーシェフ&職業ハンターならではの料理です。ジビエの性質を知り尽くしていますね。


シャンパンの開け方、注ぎ方の講習もありました。

IMG_3419.jpg


これは、次の日の昼に残った材料でシェフが作った料理です。メチャ旨!

IMG_3454.jpg


今回の大分サミットでは日程的な問題で、予定していた猟場の散策ができませんでした。

山並み的には、キジ猟場という感じの低い山(丘)的な場所ばかりで、ヤマドリが付きそうな良い場所が確認できませんでした。

それに、河川敷は狭くキジが付きそうにもない状況でした。

大分県には、アカヤマドリが居る筈ですが、もっと南の宮崎県境当たりに居るのかも解りません。

途中に通ってきた四国の山は大きくて傾斜があり、谷筋がいく本もある山ばかりでしたので対照的でしたね。

僅かな距離しか離れていませんが、山が作られた年代がまったく違いことは一目瞭然です。

でも、狩猟するのに、こんな楽な場所に鳥獣がワンサカと居るとすれば、間違いなくパラダイスですね。

次回は、その当たりを重点的に調べてみたいものです。


今回の「大分サミット」は、大成功に終わったと思います。

ブログで知り合った共感できる仲間達、それは実際会っても変わることがなく、ネット上での見せかけだけの人たちではありませんでした。

今後もこういったサミットを開催して、共感できる仲間達の輪を広げていきたいですね。

今回集まった面々です。

大分サミット


埼玉のジビエ料理店アレコレーノのオーナーシェフ、私がブログを始めるきっかけとなった大分の「食いしん坊漁師魚(肴)話」のセラヴィさんとセンチョーさん、福岡の食品会社研究員のまっきーさんです。


スポンサーサイト

大分サミット開催(Ⅱ)

開催場所であるメンバーのお宅に集合し、初対面の軽いご挨拶の後、ブログで見慣れた物品を確認。

個々の映像では認識していても実際に見ると、へ~と思えるものばかりです。

でも、ブログと変わらず可愛いのは、ワンコたちです。

IMG_3418.jpg


ゴールデン

この番犬にはなりそうもないラブとゴールデンに、我が家のハイパーブリタニー4頭をご対面させると、一旦は大喧嘩の様相を見せましたが、もともと温和な性格の犬達、すぐに慣れたようです。

でも、この光景に家主の目が点になっていたのを、私は見逃してはいませんでしたね(笑)

我が家のハイパーブリタニー4頭は、疲れることを知らず庭を走り回っていて、それを見ている家主が呆然としている様子から、少し刺激が強すぎたと悟り車のゲージに押し込む事にしました。

猟犬の気力をまざまざと見せつけて、私は鼻高々です(爆)

でも、それからはここに居る家禽や非常食の魚(肴)達にこちらがビックリ!

玄関を開けるとそこには何やら黒と黄色をした可愛いカリメロ達がいます。

それに、庭には初めて見るバリケンや得体の知れない鳥達(名前を聞くのを忘れた)が居ますし、食べれるらしい私が知らない実がつく植物を植えています。

バリケン2


毎日700ccのお乳を頂けるヤギちゃんもいます。

乳搾りはセンチョーが得意だとか?なんでも、握力がある方が上手に搾れるらしい。ふ~~ん。

IMG_3409.jpg


もちろん、ハーブなども植えていましたよ。

ここは、エンゲル係数が限りなくゼロに近い生活を営むことが可能な理想郷であります。

一通り敷地内を物色した後は、自然食のお店でランチを頂きました。

なんと、ここには我が家で使っている調味料などもありビックリ!世間は狭いな~、と言うか、自然食品を製造している業者は少ないんですね?

食事の後は、漁場を案内してもらいました。

そしてここでも、非常に身近にある漁場にビックリ!

私のように、わざわざ遠い漁場に行くなんていう行為は、ど素人の行動である事が解り衝撃を受けました。

これが本来の姿なのか・・・

みなさんの身近にも、高級食材がゴロゴロと転がっている筈です。

得体の知れない添加物や偽装食品とは無縁の天然食材を見つけて、来るべき食糧難に備えましょう。

驚愕の食材については、また後日に・・・さらにひっぱりま~す。


大分サミット開催(Ⅰ)

ブログで知り合った、食糧危機を乗り切れる狩猟採取民族的仲間達のサミットが、大分で開催されました。

メンバーは、埼玉、大分、福岡、倉敷で、狩猟採取を仕事や趣味でやっている面々です。



大分には初めての旅です。

そもそも、九州には1997年に熊本で開催された、射撃のワールドカップを観戦に行って以来です。

前回は車で高速道路を使っての旅でしたが、今回は車で四国に上陸し佐田岬の三崎港より船で九州入りする計画としました。

IMG_3463.jpg


IMG_3464.jpg


三崎港までが車で4時間ほどです。

船はさほど大きくなく、満車で出港です。積み残しがあったかも?

IMG_3383.jpg


佐田岬では、風力発電がおこなわれているようです。

IMG_3387.jpg


1機の大きさは巨大ですね~。

IMG_3386.jpg


風力発電ができるほど風の強い地区なので、波が高くて船が揺れるのかの思っていましたが、その心配はなく、快適な70分の船旅(寝てました)でした。



船を下りるとそこは大分、関サバ、関アジで有名な佐賀関に到着です。

IMG_3459.jpg


そして、サミット開催場所へはここから車で・・・

しかし、開催日は翌日なんで~す。

時間も夕刻となったので、車で1時間半ほどの山間部にあるメンバーに紹介してもらった宿に向かいました。

驚愕の開催内容については、また、後日ということで・・・ひっぱりま~す。

賞味期限

これは、20年から30年前に作った自家製の梅酒です。

梅は無農薬なので、見た目が非常に悪いです。

F1000610.jpg

愛媛県の畑に梅の木が何本もあるので、母親が毎年作っていたようです。

でも、飲む者がいないので、忘れ去られていました。

久々に思い出して、スプーンに一杯飲んでみましたが、酢にはなっていません(笑)

でも、厄介な事に頭がクラクラし始めました。

賞味期限が切れているので、頭に毒素が回ったのかと思いましたが、ただ酔っただけのようです。

私は、お酒の味を評価できないので、これが美味しいのかどうかサッパリ解りません。

でも、ハッキリと言える事は、角砂糖が入っている筈なのに甘くなく、私には手におえないという事です。

この梅酒は、また、このまま永い眠りにつくことになりそうですわ。



ついでに思い出したのがこれです。

容器は醤油ですが、中身は「イヨカンのポン酢」です。

F1000611.jpg

これも愛媛県で収穫したイヨカンで作りました。

見栄えが悪いものを絞って、枯れ節を削ったものや昔ながらの製法で作った醤油を入れて作ったものです。

イヨカンという事で、酸味が少なくて使う料理によっては酢を足した方が良いかも解りません。

作ったのは、数年前なのですが、作りすぎて冷蔵庫に何本か残っています。

蓋を開けて匂いを嗅ぐと、イヨカンの良い匂いがします。

舐めてみても特に腐っている様子はありません。

これって、賞味期限は何年なんでしょうかね?お酒が入っていないので、何年もないのかな?

時々、思い出したように使っていますが、特に体に異変は感じられません。

強いて言えば、物忘れがひどくなったということくらいです。


賞味期限の判断て難しいですね。だれか教えて~~。

サマツ採り

梅雨に入ってから、あまり雨が降らなくなりましたね。

それまでに降雨が頻繁にあったので、引き続きサマツ(マツタケ)の生えが良いようです。

降雨の数日後が良いのですが、良い条件と都合が良い日が揃いません。

雨が降っていないので条件は悪いのですが、休日にお誘いがあり数時間ですが、今年初のサマツ採りに行ってきました。

入山してすぐに友達が見つけて、「これはサマツに間違いない!」、と言ったので写真を撮りました。

F1000604.jpg


被さっている松葉を取り除くと、サマツが現れました。

F1000605.jpg


小ぶりですが、間違いなくサマツです。良い香りがします。

F1000606.jpg


数日前に、巨大なサマツを採った場所です↓(写真を撮っていたので、この記事と一緒にアップしようと思っていたのですが、送信方法が悪いようで、いまだに送られてきません)

F1000607.jpg


本日は、写真のも意外に極小を1本の計3本だけでした。

条件が悪かったので、こんなものでしょう。

まだまだ生えそうな様子です。一雨欲しいですね。

子犬の訓練(12)

休日の訓練風景です。

また、抱卵中のキジを見つけました。

抱卵中のキジは匂いが取り難くくて、見つけることが難しいと言われていますが、今回も出会いました。

繁殖の妨げになるかも解らないので、見つけて欲しくはないのですが・・・





キジのオスと対峙する様子です。

段差と草で、お互いの姿はみえません。しかし、さすが猟犬の子犬、キジが居る事を感知してポイントしています。





キジの雛が居るのか?子犬に追われ警戒音を発しながら飛んで逃げるメスキジです。



キジの鳴き声

私の飼っているブルトンのオス、ベッカム(名前を言うのが恥ずかしい)が、荒地を捜索している様子です。

キジの鳴き声を聞いたことがない方の為に、この動画をアップしました。

40秒あたりで、オスキジが2回甲高い声で鳴きます。



狩猟では、こういったロケーションに居るのは、主にキジです。

修羅場をくぐりぬけたキジの場合、逃避行動に長けているので、捜索パターンが広いと見逃してしまう事があります。

ですから、パターンが広いトライアル犬が、実猟には向かないと言われるのでしょう。

ブルトンの場合、このように狭い捜索パターンで刈り込むので、鳥を残す事が少ないです。



フランス料理(乙島ジャコ)

ビストロ・ヴォナ村で、私が捕った乙島ジャコ(穴ジャコ)をフランス料理にしてもらいました。

乙島ジャコは、とても濃い味が特徴です。

捕れる場所によっては、癖が強い場合もありますが、私は癖の少ないものが居る場所で捕っています。

地元で最も好まれる料理は、殻ごと食べるテンプラです。

↓これが

F1000583.jpg

↓これになりました。

料理の名前を覚えきれなかったので、ヴォナ村のシェフのブログからコピーしました(笑)

乙島ジャコのテリーム、乙島ジャコの頭のフリットカレー風味と五香粉風味のサラダ・乙島ジャコのゼリー寄せ・乙島ジャコのマリネ自家製空豆のムース添

F1000590.jpg


乙島ジャコのスープサフラン風味

F1000592.jpg


乙島ジャコと舌平目と乙島ジャコのムースのパート・フィロ包み 軽い乙島ジャコでとったアメリカンソース

F1000594.jpg


F1000595.jpg


子牛フィレ肉の自家製ベーコン巻き乙島ジャコのポワレ添えマデラ酒のソースクレソンのサラダ添え

F1000596.jpg


デザートは、レモンタイムのソルベ・黒ゴマのプリン・ココナッツのフラン

F1000597.jpg


デザートも含め全ての料理に、乙島ジャコを使って頂ける考えだったようですが、私が持って行った数が少なくて、デザートには使っていません。

それにしても、乙島ジャコで、これほどの種類の料理が美味しく作れるとは驚きです。

乙島ジャコの可能性が広がりましたね、でも、流通に乗るほど居ないし捕れないので、一般の方が口にすることは難しいでしょう。

では、「どうしたら食べれるのか?」って、それは指がボロボロになる事を覚悟で、自分で捕りに行くっきゃないですな~(笑)

ちなみに、初めて捕りに行って、1匹も捕れずに帰る確率は70%です。

サマツ

岡山県では、梅雨の一時期に生えるマツタケをサマツと呼んでいます。

生える場所は秘密ですが(笑)、秋に生えるマツタケと同じ場所です。

降雨量によっては、生えない年もありますが、今年はよく雨が降っているので、生え始めたようです。

写真のものは、友達が先日採ったサマツです。

F1000599.jpg

今年初めて採りに行って、ブログネタ用にと携帯で送ってきたものです。

できれば、本物を送ってもらった方が嬉しかったですね~(笑)

これからも雨模様の予報ですから、サマツが期待できそうです。

でも、私は真面目に遠距離まで仕事に行っているので、ここしばらくは採りに行かれそうにありません。

当分の間、映像だけをオカズに御飯を食べます(涙)



子犬の訓練(11)

約1ヵ月ぶりの子犬の訓練です。

何やら忙しくて、子犬はほったらかし。

久々に行くと草が長く伸びて、訓練向きなフィールドが減っています。

今まで行ったことのない場所を車で走っていると、ケンケンとキジが鳴きました。

双眼鏡で探すと、150mほど先にオスキジがいます。

オスキジからは相当離れている場所で子犬を放犬して、歩いて近づく作戦です。

子犬を放してから少し歩いた場所で、子犬がキジの匂いに着臭した容姿を見せました。

そして、短いポイントの後に匂いの元に行くと。

初めての動画です。





子犬は、メスキジが抱卵している場所を飛び越えています。なんだかね~

キジの匂いはするけど、濃淡が嗅ぎ分けられていなく距離と位置の把握が出来ていませんね。

今の時期は、草の匂いや湿度でキジの匂いが取り辛く、抱卵と子育てに適した時期ですから、子犬の感度が悪いのも仕方ないでしょう。と言い訳しときます。

それにしても、メスキジには悪い事をしましたね。

すぐ帰ってきて抱卵してくれると良いのですが・・・

マムシにも会いましたし、訓練には良くない時期になってしまったようです。

このまま、猟期に突入するには、まだまだですし・・・


乙島ジャコ(穴ジャコ)

今年初めての、乙島ジャコ捕りです。

F1000565.jpg

今の時期は、脱皮が終わって殻が固くなりかけ、身とセキが入りだし美味しくなってきだした頃です。

私は、この時期まで捕らずにおき、殻が固くなって食べにくくなると捕るのをやめます。

ちょうどその頃は、干潮の水位が高くなって捕りづらくなる時期です。

F1000585.jpg


以前にも記事にしましたが、ここで捕れる穴ジャコは、私が今まで食べた中ではダントツに美味しいです。

ですから、地名がついて”乙島ジャコ”というブランド名になったのでしょう。

他にも美味しい地区を知っている方がおられたら、捕りに行って食べ比べをしたいので、教えてくださ~い。

次は1ヵ月後の干潮に捕りに行き、それで終わりかな?

捕り方はこれです↓
http://huntingfactory.blog112.fc2.com/blog-entry-8.html

下処理はこれです↓
http://huntingfactory.blog112.fc2.com/blog-entry-9.html

料理方法はこれです↓
http://huntingfactory.blog112.fc2.com/blog-entry-2.html
塩茹や蒸しても美味しいですよ。

マテガイ

先日、友達から「”マテガイ”って知ってる?そっち方面で捕れるかな?」の電話であったので、私は「あんなものいくらでもいるよ」と返事をしました。

どうも、友達の友達が別の友達から(ややこしい)マテガイを初めてもらって食べたけど、美味しかったので自分でも捕って食べたいということみたいです。

マテガイが捕れる場所と、道具、捕り方を教えておきました。

しばらくして今日捕りに行くからと電話がありましたが、息子の空手の試合があったので、私は行きませんでした。

すると、ちょうど干潮くらいの時間に、「塩がなくなったので持って来て」の電話が掛かりました。

塩は沢山いるからと言っておいたのですが、沢山の規模が小さかったようです(笑)

買い置きの塩を持って海に行くと、夫婦で仲良くやっていました。

F1000553.jpg

捕り方は、ジョレンで薄く砂を掻き、楕円の穴が出てきたらその穴に塩を入れると、マテガイが飛び出てくるので、それをつまんで引き上げるという簡単なものです。

F1000572.jpg


F1000575.jpg


この捕ったマテガイを砂の上においておくと、徐々に砂に潜って行きます。

F1000578.jpg


見ているととても楽しいですよ。

F1000581.jpg


私が幼い頃に食べていたマテガイは、とても美味しかったのですが、最近のマテガイは種類が違うのか私の口には合いません。

ですから、ブログネタの為に捕ったこのマテガイは、このまま砂深くへと潜航して行ったのであります(笑)

あの美味しかったマテガイはどこに行ったの???

イノシシラーメン

先週から仕事で、車で片道1時間半ほどの新見市に通っています。

お昼ごはんは、変わったモノはないかと毎日違ったお店を探して食べています。

その中の一つに「新見イノシシラーメン」という看板のあるラーメン屋さんがあったので、入って食べてみました。

F1000557.jpg


入り口に、地元放送局が来たしるしを残していました。

中に入っても、地元放送局各社が取材に来てサインなどを残していました。

イノシシラーメンが、かなり話題になったのでしょうね。

F1000556.jpg


イノシシラーメンと半チャーハンセットを注文しました。

F1000555.jpg

イノシシの肉はチャーシューではなく、丼の中央にあるイノシシの肉味噌でした。

肉味噌は、イノシシを細かく切ったものと、タケノコ、キクラゲ、ミソ、ユズが入っているようです。

味噌味のラーメンに肉味噌が入っているので、味が濃いです。もう少し薄くしてもらいたいですね。

味のほうは、ユズが効いて濃い味にもかかわらずサッパリしています。ダシやイノシシの臭みはまったく感じられませんね。

しかし、これがイノシシだ!とイノシシを前面に出した味にはなっていないように感じました。

どうも、店内にある張り紙からすると、以前はイノシシのチャーシューだったようです。

最近は、以前ほどイノシシが獲れなくなったので、いろんな部位で作れる肉味噌にしたのでしょうね。

イノシシの骨でダシを取り、イノシシのチャーシューが乗っている、本格的なイノシシラーメンを食べてみたいものです。

でも、イノシシの値段が上がっているようなので、相当高くつくでしょうね。

シカは増えているので、シカでラーメンを作るというのも良いかも?

マルタイさんなら、作ってくれそうだな~(爆)


ジョーズ

先日、大分からサメとコサンチクを送って頂きました。

サメの事を地元では、フカと言います。

F1000546.jpg


以前に、私が好物だと言っていたのを覚えていてくれて、「釣れたので送りましょうか?」の連絡。

でも、調理の方法が解らないので、どうしようかな~?

と思っていたら、調理方法まで教えて頂きました。

これは、挑戦するしかない!ってことで、命がけでジョーズと格闘しました(笑)



ザラザラした本物の鮫肌のウロコを取るには、熱湯をかけてタワシで擦ります。

こんなに綺麗に取れます。

F1000547.jpg


3枚に下ろしましたが、エイのように骨は柔らかくて調理は簡単です。

茹でると、こうなります。

F1000548.jpg


翌日のお昼に、酢味噌を付けて食べました。

フカ本来の淡白で癖のない味で、美味しく頂きました。

F1000549.jpg


そして、夕御飯にもたべました。

F1000550.jpg


残った身と味噌を混ぜて、御飯にのせて食べるととても美味しいことを発見!

これは、本格的にフカ味噌なるものを作って御飯に混ぜたり、お茶漬けにしようと企んでいます。


コサンチクは、こんな料理になりました。

F1000560.jpg

初めて食べたコサンチクは、シャキシャキと食感が良いですね~。

珍しい品をありがとうございました。

次は5mのジョーズを食べてみたいので、よろしくぅ~(大爆)


 | HOME | 

Calendar

« | 2008-06 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">