FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

ブリタニーのマナー(5)

主人と犬が一緒に歩くときのマナー、後付けです。

犬が主人の前に出ず横一列になり、主人のスピードに合わせて歩きます。

後(アト)とか付け(ツケ)とか言って指図します。

これもコツさえ解れば簡単に覚えることができます。


まずリードを付け主人の左にこさせます。その時にリードは目一杯短く持ち、主人に寄り添うくらいにします。

使用するリードは太くて丈夫なものにしてください。

その状態のまま歩き始めて、犬が前に出ようとしたら”アト”と言ってリードを強く後ろに引きます。

普通の犬でしたら、この繰り返しをするだけで覚えますが、強情な犬なら余ったリードを回して先端で前に出た鼻つらを”アト”と言って叩きます。

それでも前に出ようとする場合は、リードの先端が前に出た犬に当たるように回しながら歩きます。

回しながら歩くときには周に注意して行って下さい。

歩いている時に、車や他犬に出会ったら”マテ”と言ってリードを引いたまま待たせ、通り過ぎたら”アト”と言って歩き始めます。

このやり方で毎日散歩すると完全に”アト”を覚えます。

どうです?簡単でしょう。


私は犬を散歩に連れて行くことは一切しませんが、このマナーを教える時だけは別です。

毎日、外に連れ出し色んな誘惑に遭遇させ完全に身に付けさせます。

こうして”アト”が身に付くと、散歩は遊びではなく訓練になり、途中で勝手に大小便をすることもなくなります。

犬が大小便をしたい素振りを示したら”マテ”と言って止まり、”イケ”と言って開放させます。

用便が済んだら”アト”と言ってリードを引っ張り横に付かせて歩き始めます。


今回で一般的なマナーについては終わりにし、次はご希望により「狩猟編」を書こうかと思っていますが、その前に、普段の犬との接し方を書いておきます。

まず、散歩は前述したように、まったく行いません。

定期的に散歩をしていると、その時間になったら催促して吠えたり、しないことでストレスが溜まったように見えるかもわかりませんが、散歩の癖を付けなければそんな行動はとらなくなります。

それよりも家に居るときは、よく遊んで可愛がってやるほうが重要だと思います。

猟友は「頭が禿げるまでさすれ」と言います。頭が禿げたらカッコ悪いのでほどほどに(笑)


次に、食事の時間ですが、主人の都合に合わせ不定期にしてます。いつも同じ時間に与えていると催促して吠えたりします。

食事は夜に1回で、おやつは与えません。量は犬の状態を見て夏場は少なく冬場は多く与えます。猟期には痩せてパリパリになるので、様子を見ながら場合によっては朝にも与えます。

パリパリに痩せたほうが、動きは抜群に良くなるんですけどね。


それと犬小屋はあるんですが、大き過ぎるのでゲージに寝させています。常に人間のそばにいると犬が落ち着くのと、吠えたりしても直ぐに怒れます。


今まで書いた事は、あくまでも私自身がやっている事なので、これが100%良いとは限りません。他にも色んな考え方や教え方があると思います。

あと、マナーを徹底的に教え込むと「強制過多」になって犬の自主性がなくなり、猟に使うにも弊害が起こる可能性があります。

最も大事なことは、自分の愛犬に手をかけて触れ合う事だと思います。


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-11 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">