FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

両目開眼(Ⅱ)

翌日は、午前中にヤマドリ猟をして、午後よりテンを出してキジ猟をしました。

田畑と荒地が混在する猟場です。

1つ目の田んぼで法際を歩いていると、テンがキジの匂いに着臭した素振りを示し、何度も法面に上がろうとしますが、手前の水路から上には上がれません。

上がる場所を変えようと前方に歩いて行くと、突然その法面からオスキジが飛び立ち私の前を斜めに横切りました。

すぐに挙銃して1発目で打ち落としました。

テンはその光景を見ており、すぐにキジのところに走って行きました。

私がその様子を見ていると、突然、同じ場所からもう1羽オスキジが飛び立ち同じコース飛びました。

これも同じく1発目で打ち落としました。

最初の1羽は都合が良いことに、半矢で逃げ回っています。

それを、テンは追い掛け回してくわえ、運搬して来ました。

これも最高に良いお勉強になったようです。

こういう場面が子犬には必要なんです。

でも、雨上がりの田んぼでの鬼ごっこで、キジは羽が抜け泥だらけになってしまいました。

F1000934.jpg

その場所が終わったところで、記念撮影をしました。

IMG_4527.jpg

猟友との猟果です。

IMG_4528.jpg

この後にもう1羽ヤマドリを獲って2日間の定数8羽となり今回の出猟は終わりました。


テンは、春に訓練していた頃のように切れのある走りと、主人中心の捜索が復活しましたね。

今回で猟も少しは理解できたと思いますから、まずまずの成長ぶりでしょう。

YKハリマオー氏が飼っている”テン”と同腹の”ルーシー”はとても良くなりビックリです。残念ながら、今の所”テン”は”ルーシー”に遅れをとっている感じです。

この差は、主人の熱心さの違いからきていると思います。そう、テンの成長が遅いのは私のせいなんです。

あれこれと色んな事をやり過ぎると、どれもが中途半端になるということですね。

みなさんも、お気をつけください。

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">