FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

初ヤマドリ

正月休みとなった土日曜日は、カモ猟とキジ、ヤマドリ猟に行ってきました。

F1000968.jpg


初猟のテンでは、一羽ヤマドリを獲ることができました。

F1000963.jpg

その時の状況は、谷筋を歩いて上がっていると、斜面のブッシュに向かってテンがポイント!私が20mほどに近づいた時、一声ピーと鳴いたと同時に右上から下に向かって飛び立ちました。

このヤマドリは、木々の中を飛んで逃げましたが、木の間隔が広い場所で撃つと運良く当たり雪の中に落ちました。

落ちた場所は、私の立ち位置より一段高いので、駆け上がってテンの様子を見ていると、斜面を上り鼻を使って飛んだヤマドリの跡を取って行き、落ちている手前で一瞬ポイント!その後にそばに行き羽を噛んで途中まで引きずって来ましたが、そこに置いて私の側に来ました。

キジだと上手にくわえて来るのに、初めてのヤマドリに少し戸惑っている様子です。

人間にはキジとヤマドリでの匂いの違いは解りませんが、犬には解るんでしょうね。

それと、人間では飛んで行った方向は目と耳でしか解りませんが、犬には匂いで解るようです。

ですから、今回のように飛んで逃げた方向を鼻でたどって行きます。人によっては火薬の匂いをたどって行ってるという人もいますが、それだと横切った鳥に撃つと直角方向に弾は飛んでいきますから鳥にはたどり着けなくなりますよね。

いずれにしても、確かな事は犬にでも聞かないと解りません。


これは、ヤマドリが歩いた足跡です。

F1000967.jpg

足跡からすると、オスですね。メスだと歩幅が狭く足の形状が少し違います。

この様子だと、のんびりと歩いていますから天敵が近くには居なかったことが解ります。

この歩幅がもっと広くなっていると、慌てて逃げているので、天敵が近くに居たということが考えられます。

今回は前日に雪が降っていたので、キジやヤマドリの足跡、それに飛び跡などが解りやすかったです。

その様子を写真に収めておけば、それだけで記事になったのに残念です。

次回からは、忘れないように撮っておきたいものです。


この写真は、雪の中ではヤマドリが映えるかな?と思って撮りましたが、雪の明るさで露出が合っていなかったのか?全然ダメですね。

F1000964.jpg

雪の中では、私の携帯で綺麗に撮るのは無理なようです。



今年も、あと残すところ数日となりました。

この1年間、グロイ写真が多いこのブログをご覧になって頂きありがとうございました。

来年も本年と同じようにマイペースで記事を書いていくと思いますが、引き続き宜しくお願い致します。

みなさん、良いお年をお迎えください。


新年までの間に、何か記事にする出来事があればアップするかも?とりあえずってことで(笑)

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2008-12 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">