FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

マタギ

使役犬を使った鳥猟をしていると、毎回、色んなドラマがあります。

最も感動するのが、諦めていた半矢の鳥を犬がくわえて運搬して来た時でしょうね。

註)
半矢の鳥とは、矢が半分、つまり弾は当たっているけど飛んで逃げたり、落ちてもそこから足を使って逃げたりする鳥のことです。

撃つ時には半矢にするつもりはありませんが、ロケーションの悪さや鳥の逃避行動の上手さ、それに射手の技量などで、どうしても起こるものです。

この半矢鳥は、子犬の訓練には最高な素材です。

半矢の鳥を追いかけることで、ポイントしていた匂いの元が走って逃げることを覚え、猟欲がつき目つきが変わり遊びがなくなり捜索能力が向上します。

成犬も半矢の回収や運搬能によって、その犬の評価が分かれます。

でも、犬によってはこれをまったくしないものもいます。

そうなると、獲物を撃ち落しても手中にできないので、腹立たしくなり主人の猟欲が半減します。

でも、そんな犬を持っていても猟師は自己顕示欲が強いので、「鳥にはこだわらないので半矢の鳥なんて探さない」という輩がいます。

狩猟免許の更新時には必ず配布される「狩猟読本」と言う狩猟のバイブルとなっている本がありますが、その本にも「半矢は必ず回収すること」と書かれています。

それは、猟師の使命ですからね。

この猟師の使命をまっとうしている、尊敬すべき人がここに居ます。

F1001054.jpg

半矢の鳥が、犬には入れない雪に開いた穴から雑木のトンネルの中に入り込んでしまったので、スコップで雪を取り除き、懐中電灯で暗闇の中を覗き込んで探しています。

この猟友は、私が調理したヤマドリしか食べる事がなく、どうしても鳥を持って帰らなければならない理由は何もありません。

雪深い極寒の中で捜索し、ポイントしてフラッシュさせ、主人に撃たせた犬の仕事に対して、半矢にしてしまった責任を感じているのでしょう。

犬が探せない場所なら主人が探す。そこには主人と犬との共同作業である鳥猟の原点があります。

そして、この結果は苦労が実らず見つけることができませんでした。

私が「これで納得しましたか?」と聞くと、「見つからないから納得はしていない!」と言います。

これぞ、猟師です!

これだけの猟欲がなければ、マタギと呼ばれる猟師にはなれませんぞ!(笑)

スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2009-01 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">