狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

稚アユの放流

私は、本年度から高梁川漁協の理事に任命され、今まで魚だけ捕っていればよかった状態から、漁協の運営、組合員の意見の取りまとめ、各企業との交渉等にも携わっていかなければならなくなりました。

最初の仕事となったのが、本日から始まった稚アユの放流です。

高梁川漁協では、アユの養殖事業をおこなっており、他漁協に放流用に販売したり、成魚まで育てて販売もしています。

そして、高梁川には自らが育てた稚アユを放流します。


私が担当する地区では、本日の放流量250kg、一匹が約5gですから約5万匹です。

トラックで放流場所に到着した直後です。非常に元気に泳ぎ回っています。

IMG_4736.jpg


このままの状態で、水槽の底に空いた15cmほどの穴からホースを経由して川に放流します。

IMG_4737.jpg


水面までには距離があるので、長いホースを接続します。

IMG_4739.jpg


稚アユがホースの中を通って川に放流されている様子です。

IMG_4740.jpg


人が手を触れることなく、短時間で放流が終了しました。

IMG_4742.jpg


このトラックは高梁川漁協所有のもので、進入道路が広ければもっと大きなトン数の車を使用することもできます。

IMG_4744.jpg


放流直後は、小さな群れで泳いでいましたが、徐々に群れが大きくなり大集団で岸際を回遊しだしました。

IMG_4760.jpg


この場所は、堰の上流なので養殖池のように流れが緩く、回遊しやすい場所となっています。

IMG_4757.jpg


でも、ここは養殖池とは違い、目の前には天敵のカワウ、水中にはブラックバスなどのフィッシュイーターが稚アユを襲おうと待ち構えています。

IMG_4753.jpg


100mほど前方にいるカワウは20羽以上です!

IMG_4754.jpg


昨年度のアユの状況は、天然遡上も放流魚も最悪でしたが、今年は少なくとも放流稚アユの状況は良いようです。

養殖場では発育が良く、池は満杯状態なので予定を早めて放流を始めました。

現在養殖池では12トンもの稚アユが居るそうです。約240万匹ですね。

このまま順調に放流を繰り返し、河川の水量が多い状態で夏の解禁日を迎えることができれば、久々に楽しい思いをすることが出来そうです。





スポンサーサイト

未成熟

これは、メスのモクズガニです。

F1000937.jpg


これは、オスのモクズガニです。

F1000940.jpg


では、これはな~に?

F1001233.jpg

外観はメスのようだけど、フンドシが少し小さいですよね。

ミソにはメスの内子も入っておらず、かと言って、オスのようなミソでもありません。

F1001234.jpg

時々獲れるんですが、こんなに大きいものは珍しいです。

どうも、最終脱皮をしていない未成熟なカニのようですが、確かな事はわかりません。

これとは別に、巨大なメスが今年獲れました。

こんなに大きくなるまで産卵の為に海に下らなかったのはナゼかな?と不思議に思いながら食べてみると。

それも、この未成熟なカニと同じく内子が入っていませんでした。

成熟機能が無い固体だったので、海には下らず巨大になったのでしょう。

人間にも頭が子供のまま大人になった人もいますよね。

それは、誰かって?

いい歳こいて山を這いずり回っている私みたいな人です(笑)

スーパーGT

週末の土、日曜日には、スーパーGTの開幕戦が岡山国際サーキットで開催されました。

開幕戦ということでか?駐車券が売り切れ、2回目の発売でやっと手に入れました。

なんと!発売開始から3分で売り切れたとか。

私は息子と2人で、日曜日の決勝戦のみを観戦に行って来ました。

ウオーミングアップ走行に間に合うように9時過ぎに到着すると、すでに駐車場は満杯寸前の状態です。

年々人気が上昇しているのか?昨年より出足が早く、各種イベントの値段も上昇しています。

不景気は関係ないようですね。


9時20分より、練習走行開始が開始されました。

IMG_4627.jpg

早朝に雨が降ったので、路面はウエット状態でしたが、ウオーミングアップ走行が終わる頃にはドライな状態に近づきました。

本日の天気予報では、夕方まで雨となっています。

決勝は2時からなので、このままの路面状態でスタートは出来そうにもありません。


本日は、スーパーGT以外にシビックレースも開催されました。

IMG_4637.jpg

音が静かでレースが始まっているとは感じさせませんね。

終始、路面がドライな状態でのレースとなり波乱なく終わりました。


時間も昼前となり、昨年食べようと思っていて売り切れで食べれなかった、地元ライオンズクラブのステーキを探しに。

IMG_4633.jpg


ありました!今年もやってます。

IMG_4635.jpg


その場で、牛肉の塊を焼きながらの販売です。

IMG_4634.jpg


1年越しにやっとゲットしました。

IMG_4638.jpg

思っていた通り、お肉も柔らかく非常に美味しくいただきました。


最近人気となっているホルモンうどんも売っています。

IMG_4636.jpg

これも、ゲット!

IMG_4639.jpg

なかなか美味しいですが、欲を言えば少し一味を入れたほうが私好みかな?って感じです。

お腹も満腹になり、あとは決勝レースが始まるのを待つばかりです。

昨年度までは、この時間で人気のデモカー走行がありましたが、残念な事に今回は無しです。


決勝レースが始まる寸前に一時豪雨となり、荒れたレース展開が予想されます。

IMG_4640.jpg


いよいよ、決勝レースの始まりです!

IMG_4643.jpg

雨の影響で、レースはローリングスタートとなりました。


コースを2週した後、先導車がピットに入り、各車全開走行に移り第一コーナーでは、予想通りコースアウト。

IMG_4648.jpg


それからも、各コーナーでコースアウトが続出し荒れたレースとなりました。

IMG_4651.jpg

IMG_4658.jpg


スピーカーから流れる実況放送は、爆音に消されてまったく聞こえないので、息子は、つねに携帯でレースーの状況を確認しながらの観戦です。

IMG_4681.jpg

雨の中の観戦は観る方も大変ですが、腕が問われる雨のレースということで、コーナーの処理がレーサーによって異なり楽しめました。

そして、結果はというと・・・・・ネット検索して見てください(笑)


まっきーが来た!

3連休の初日と2日に、まっきーさんご夫妻が来られました。

まっきーさんとは、昨年の6月に開催した大分サッミト以来ですから、お会いするのは9ヵ月ぶりですね。

相変わらず、ゴッツイ体に似合わない控え目な喋りです(笑)

昼間は倉敷観光をされ、夕食はこのブログに度々登場している浅口市鴨方町の「ビストロ・ヴォナ村」さんでフランス料理をいただきました。


オードブルは、ヒグマの脂、エゾシカ、イノシシのテリーヌ、山陰産のサザエ、野菜のサーモンの燻製巻きです。

F1001244.jpg


エンドウ豆のスープ。

F1001245.jpg


メインの魚は、ネズミ タヌキ キツネメバルです。

F1001246.jpg


メインのお肉は、ヤマドリ、マガモ、それに今回初入荷のドングリを食べさせたトトリコ豚です。

F1001247.jpg


デザートは、沖縄黒糖のエスプーマ、生姜風味のプリン、ダブルチーズケーキ、他です。

F1001248.jpg

とても美味しくいただけ、まっきーさんご夫妻も満足された様子です。

翌日は、我が家でお茶をして午前中に帰路につかれました。

また、ゆっくりお会いしたいものです。

キジ科食べ比べ

キジ科の狩猟鳥獣、キジとヤマドリの食べ比べをしました。

左がヤマドリ、右がキジです。写真は、どちらも半羽分の量です。

F1001236.jpg

こうして比べると色合いが全然違いますね。

ヤマドリは、獲ってすぐだと胸肉が透き通ってるかのように見えます。


食べ比べは、シンプルに水炊きで、と言ってもヤマドリの出し汁が入っています。

先ずは、ヤマドリから

F1001237.jpg

まったく癖のない上品な美味しさで、お肉のパサつき感もありません。

ムネ肉よりモモ肉の方が旨みが多いですが、どちらもそれぞれの美味しさがあり甲乙つけがたいです。

脂身もしつこくなくメチャ旨です。


次は、キジです。

F1001238.jpg

ヤマドリより野生的な旨みが強い、って感じですね。

野生的な、と言う言い方だと癖が強くて臭いというとイメージを持たれるかも解りませんが、そうではなく飼育鳥にはない旨みの部分を指しています。

ヤマドリとキジでは旨みの種類が違うと言う感じで、例えるならヤマドリは女性的、キジは男性的な味とでも言いましょうか。

前回の「ヤマドリと地鶏の食べ比べ」と違い、驚くほどの極端な違いがないので、好みの問題かな?って感じです。

そうそう、どちらも10日間ほどは熟成させていると思います。


次の日には、残ったお肉を入れて雑炊です。

F1001239.jpg

とても美味しくいただきました。

結局、ヤマドリ1羽とキジ1羽を3人で食べてしまったということです。

こんな事ができるのも、私が猟師だからですね。

体が動く間は、この猟師の特権を活かして美味しいものを食べ続けるぞ!(笑)


カニ筌漁の終漁

10月から始まったカニ筌漁(モクズガニ漁)が2月末で終わりました。

2月になって雨の影響で川が増水し、そのまま終漁を過ぎた3月になっても水位が下がらず網を撤去できません。

先日、少し水位が下がったので網の様子を見に行ってみると、予想していた通り3張り設置している網の内2張りは破れて何も入っていませんでしたが、最も流れの緩い場所に設置していた1張りはなんとか無事に残っていて少しだけカニが入っていました。

これが、今シーズン最後のカニとなったので、久々に家で塩茹にしてみました。

F1001235.jpg


メスは、内子がパンパンに入っておりカニ味噌も熟成された良い状態です。

F1001240.jpg

獲れたのはほとんどがメスでオスは少しだけでした。

オスも食べてみましたが、やはりオスの方が身の味が濃くて美味しいですね。

内子とカニ味噌でメスの方が人気が高いですが、味としてはオスの方が上だと私は思っています。

これから10月まで食べれないのは少し寂しいですね。

今期は豊漁だったので来期も豊漁だと良いのですが、それを心配する前に破れた網を修理できるのか新しい網を編まないといけないのかが心配です。

網を編むのも結構大変なんですよね。

また一つ仕事が増えるかも?(泣)


ヌカキジ

イノシシの柵を見回りに行くと毎回のようにオスキジに出会います。

F1001208.jpg

柵の中のエサにもキジの足跡があり、完全にイノシシ用のエサに付いています。

F1001196.jpg

扉が作動する糸の高さを低くすれば簡単にキジが獲れそうですが、痩せたキジなのでその気もなく眺めているだけです。

ま、その気があっても猟期は終わっているので獲る事は出来ないんですけどね。

先日、ここで3頭のイノシシを獲っているので、当分の間はキジとタヌキの餌場となるでしょう。

そこに、せっせとエサを運ぶ私がいるわけです。

と、考えたらバカらしくてやってられませんね(笑)


ヌカを食べたイノシシは美味しくないと言う人もいますが、ヌカを食べたキジはどんな味がするんでしょうね~?

来期には、このヌカキジ獲って食べてみようかな?(笑)


ヤマイモ(自然薯)

以前に撮った写真を見ていたら、ブログにアップしようと写していたヤマイモの写真を見つけました。

正確にはヤマイモの葉とムカゴなんですけど。

撮影は去年の11月末です。

F1000890.jpg

ここは我が家の裏庭にある元犬舎、デカ過ぎたので今は物置兼解体小屋になっています。

なぜここにヤマイモがあるのでしょうか。

それは、猟期に獲ったヤマドリからムカゴを取り出し、それを私が撒いたからです。

一般の家庭のように、裏庭にはチャボやバリケン、ヤギ等の家畜は飼っていませんが、様々な鳥が来てエサを捜しているので全て食べられてしまったと思っていました。

わずかに残ったムカゴから芽が出て大きくなり、またムカゴを付けたんです。

F1000888.jpg

ムカゴ飯にでもしようかと思って採りましたが、来期の為にまた庭に撒きました。

秋には小屋一面がヤマイモの葉で覆いつくされるかも解りません。

楽しみですね~。


ところで、肝心なヤマイモは?

掘っていません!

来期に巨大になったものを掘ろうかと思っていますが、それまでには地下で腐っているかも。

ま、来期のお楽しみということで。

沢山生ったら幼稚園児に来てもらい掘ってもらうのもいいですね。

でも、ヤマイモは幼稚園児では掘れね~ぞ!って言われそう(笑)

ヤマイモを掘ってみたい方、おられませんか?

掘り出したブツは、私と折半ということで(爆)


おやつ

先日獲ったイノシシ1頭分で、犬達のエサとおやつの骨を作りました。

F1001188.jpg

我が家では、犬達におやつを与えることは殆どありませんが、幼犬トーマスを繁殖したニライ家では犬のガムを与えていたとか。

過酷な状況下にいるトーマスには、これくらいのものを与えてやってもよさそうです。

一度に与えるには量が多いので、小分けにして冷凍庫に保存しました。

F1001193.jpg

これを飴にビシバシ鞭を振るぞ!(笑)


空飛ぶタマネギ

今年もいただきました!空飛ぶタマネギ。

F1001206.jpg


色が純白です。スーパーで売っている新タマネギとは形が違いますね。

F1001207.jpg


水に晒す必要があるのかな?と思いましたが、とりあえず。

F1001214.jpg


シンプルなサラダに。

F1001211.jpg


作州牛のタタキと一緒に。

F1001215.jpg


そして、我が家では定番の卵との炒め物。甘みが引き立ちます。

F1001216.jpg

苦味がないので、タマネギとは思えない味とサックとした歯ざわりが癖になりますね。

年中あれば良いのですが、この時期だけの限定で今年も受付が終わったとか。

また来年お会いしましょう(笑)

ヒグマ料理

体調を崩してアップが遅れ、記事が少し前のものとなりました。

3月1日は高校の卒業式で、私の息子も卒業なので、そのお祝いも兼ねた豪華大型ジビエ料理をビストロ・ヴォナ村さんでいただいてきました。

メインは、先日アップしたヒグマの肉です。

その他のジビエは、エゾシカと私が獲ったイノシシです。


オードブルは、ヒグマづくしです。

F1001197.jpg

手前から、ヒグマのシャブシャブ、右:ヒグマの瞬間燻製、左上:ヒグマのカツレツ

シャブシャブとカツレツは、お肉を特別に柔らかくして調理したものです。


パンです。

F1001198.jpg


魚料理は、キンメダイとタラの白子、雪中キャベツのソースです。

F1001199.jpg

一般家庭では、こんなに手の込んだ魚料理は食べれないですね。

雪中キャベツの芯まで、とても美味しくいただけました。



メインのお肉料理は

左上:エゾジカのロースト、林檎のコンフィチュール

中央:ヒグマのローストローズマリー風味

下:ヒグマを塩・コショウでシンプルに焼いたもの(私がリクエスト)

右上:イノシシのロースト、骨から取ったソース

野菜はアンデス芋、インカの目覚め、ハナッコリー、オレンジのビーツ、プチベール、白人参です。

F1001200.jpg

ヒグマのお肉は、癖が全然なく誰にでも違和感無く食べれますし旨みが強くてとても美味しいです。

飼育肉の中からでは何の肉に似ているか?と聞かれれば、牛肉かな~?って感じです。

でも、個体差なのか?部位なのか?は解りませんが、お肉が硬いので手間を掛けた方が美味しく食べれるようです。


デザートは左から、紅茶のシャーベット、フランス産イチゴのムース、パウンドケーキと生キャラメル。

F1001201.jpg


息子には、卒業祝いのデザートを用意していただきました。

F1001202.jpg

中央はチコリのプリンです。

記念日にはお店の計らいで、このようなサービスをしていただけます。


最後にコーヒーをいただき、二度と食べれないかもわからない大型ジビエ尽くしのフランス料理を食べ終わりました。

F1001204.jpg

食べたヒグマ肉の部位がわからなかったので、すべての部位が同じような味、食感ではないでしょうが、少しヒグマの肉が理解できたかな?って感じです。

できれば一頭獲ってすべての部位を食べてみたいですが、命と引き換えになりそうな獲物ですからうかつには手が出せそうにありません。

腰抜け向きには、ワナ(柵)で獲るのが良さそうですが、クマをワナで獲るのは禁止になった筈なので鉄砲で対峙して撃って獲らなければならないでしょう。

私の場合、ひたすら勇気ある方の猟果を待つだけかな?(笑)

ヌーちゃんとヒグマを交換してくれる危篤な方はおられませんか?(爆)



 | HOME | 

Calendar

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">