FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

稚アユの放流

私は、本年度から高梁川漁協の理事に任命され、今まで魚だけ捕っていればよかった状態から、漁協の運営、組合員の意見の取りまとめ、各企業との交渉等にも携わっていかなければならなくなりました。

最初の仕事となったのが、本日から始まった稚アユの放流です。

高梁川漁協では、アユの養殖事業をおこなっており、他漁協に放流用に販売したり、成魚まで育てて販売もしています。

そして、高梁川には自らが育てた稚アユを放流します。


私が担当する地区では、本日の放流量250kg、一匹が約5gですから約5万匹です。

トラックで放流場所に到着した直後です。非常に元気に泳ぎ回っています。

IMG_4736.jpg


このままの状態で、水槽の底に空いた15cmほどの穴からホースを経由して川に放流します。

IMG_4737.jpg


水面までには距離があるので、長いホースを接続します。

IMG_4739.jpg


稚アユがホースの中を通って川に放流されている様子です。

IMG_4740.jpg


人が手を触れることなく、短時間で放流が終了しました。

IMG_4742.jpg


このトラックは高梁川漁協所有のもので、進入道路が広ければもっと大きなトン数の車を使用することもできます。

IMG_4744.jpg


放流直後は、小さな群れで泳いでいましたが、徐々に群れが大きくなり大集団で岸際を回遊しだしました。

IMG_4760.jpg


この場所は、堰の上流なので養殖池のように流れが緩く、回遊しやすい場所となっています。

IMG_4757.jpg


でも、ここは養殖池とは違い、目の前には天敵のカワウ、水中にはブラックバスなどのフィッシュイーターが稚アユを襲おうと待ち構えています。

IMG_4753.jpg


100mほど前方にいるカワウは20羽以上です!

IMG_4754.jpg


昨年度のアユの状況は、天然遡上も放流魚も最悪でしたが、今年は少なくとも放流稚アユの状況は良いようです。

養殖場では発育が良く、池は満杯状態なので予定を早めて放流を始めました。

現在養殖池では12トンもの稚アユが居るそうです。約240万匹ですね。

このまま順調に放流を繰り返し、河川の水量が多い状態で夏の解禁日を迎えることができれば、久々に楽しい思いをすることが出来そうです。





スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2009-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">