狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

獲ったどー!

獲ったのは、アナグマです(笑)

IMG_6258.jpg


後からの姿

IMG_6259.jpg


上からの姿

IMG_6268.jpg


伏せもします

IMG_6272.jpg


爪は、こんなに鋭くて人間と同じ形状の5本指、ていうかクマと同じなんでしょうね。

IMG_6279.jpg


胸は、真っ黒です

IMG_6288.jpg


写真を撮り続けていると、最後には「許して!お願いだから逃がしてください」と5指ついて頼むので、仕方なく山にお帰りさせてあげました(笑)

IMG_6286.jpg

アナグマの猟期は、2月15日で終わっていますしね(笑)

一度獲って味を確かめてみようと思っていたのに、獲れたのは猟期前と猟期後です。

肝心な猟期には獲れません。

でも、こんなに長く近くで写真を撮ってると可愛くなって食べれそうにもありませんね。

箱罠の欠点は、余裕があり過ぎて入った動物との親近感が生まれることのようです。

でも、イノシシのように突進して来たり、鼻で土を投げたりすると、そういう気持ちにはならないんですが。


最近は、アナグマは増えているようで、箱罠に入ってエサを食べた形跡をよく見ます。

でも、本命はイノシシなので、獲らないようにセッティングしているんですが、イノシシの猟期が明日で終わるので子が入っても獲れるようにしていました。

3月からもイノシシの有害駆除が下りる予定ですが、この場所は、今月で終わりとなります。

アナグマは、来期のお楽しみということで(笑)


スポンサーサイト

ミンチ料理

15年以上もの間、新品で眠っていたミンチ器が出てきたので、先日から色々と作っています。

イノシシとシカのミンチで作った「イノシカバーグ」。

F1001731.jpg

イノシシ肉は、首の部分です。豚で言えば「トントロ」ですね。

シカは、モモ肉です。


変な癖もなく、なかなか美味しく出来上がりました。

F1001730.jpg


次に作ったのが、前回、骨が残っていて食感が悪かったカモミンチです。

F1001732.jpg

今回は、骨抜きです。

味は、まずまずでしたが、前回の方が美味しかったように思います。

やはり、バンが入っていないからでしょうか?

それとも、骨が入っていないからでしょうか?

次は、骨まで完璧にミンチできるミンチ器を買って、もう一度、カモバン鍋、又は、カモ南バンを作ってみたいです。

そうそう、鳩の骨と肉で作る”ぶっかけ”も作りたいな~。

て、もう猟期が終わったので来期ですね。


迷い鳩

ヌートリア駆除事業で付き添いをしていた時に、駆除隊の人が飛べない鳩を捕まえてきました。

IMG_6221.jpg

食べる気かな?と思いましたが、他の者が「鳩には病気があるで」と言うと草の上に放してしまいました。

しばらく経っても動かないので、私が取り上げて様子をみると、痩せてはいますが特に外傷は見当たりません。

駆除隊の1人が、「猛禽類に襲われると飛べなくなることがある」と言っています。

もしかするとそうかも?

品のある顔をした鳩なのでレース鳩かな?と思い、足を見ると足環が付いています。

確認すると、2009年生まれで飼い主の名前と電話番号が書いてありました。

IMG_6222.jpg

駆除隊の一人に、その電話番号に連絡してもらい事情を説明すると、「運送会社に連絡するので渡してください」とのことでした。

それなら役場が近いので預けることにして、ダンボール箱に草を敷き、鳩を入れて持っていくことに。

IMG_6224.jpg

私も小学生の低学年から高校卒業まで鳩を飼っていました。

この鳩、飼い主に返しても喜んでくれるとは限らないでしょうね。

それならばと、「もし不要なら頂いても構いませんか?」と頼みそうになりましたが、我が家では、鳥を飼うのは禁止という規約があるので泣く泣く断念。

頭の形がイマイチでしたが、可愛い品のある鳩でした。

久々のレース鳩、また、飼いたいな~。


イノシシラーメン

イノシシの骨2頭半分を使ってスープをとり、イノシシラーメンを作りました。

市販の麺と醤油ダレで作った醤油ラーメン。

F1001759.jpg

お肉は焼き豚ではなく、イノシシの肩ロースを焼いただけのものです。

焼き豚に挑戦しようかと思ったのですが、時間が無いので簡単に(笑)

2日間かけてダシをとっただけの事はありスープが美味しい!


次は、塩ラーメン。

F1001760.jpg

シンプルなダシなので少し不安でしたが、まずまずのお味です。


次は、塩ラーメンにキムチを入れた、塩キムチラーメン。

F1001761.jpg

これも、なかなか美味しくいただきました。

前回とったスープは、歳をとったオスイノシシで頭まで使っていたからなのか?旨みは強いけど少し癖のあるものになりましたが、今回のように30kg~40kgのイノシシだとオスメス関係なく、癖のない上品なスープがとれるようです。

このクラスのイノシシは、お肉はどの部位でも柔らかくて食べやすく、癖もなく、イノシシ本来の旨みもあります。

食べるには、とても良いサイズなんですが、獲った!という実感が少なく物足らないです。

なんて、獲れたからおおものを言っていますが、獲れない時にはウリ坊でも良いから、と考えるんですけどね(笑)

あと1週間ほどでイノシシの猟期も終わりになります。

その間で次のイノシシが獲れるかな~?


潤温体湯鍋

潤温体湯鍋は、ルーウェンティータンと読むそうです。

中国の薬膳料理で、体が温まる中華食材を入れた鍋だとか。

その素を買って、簡単に作りました。

IMG_6246.jpg

出来上がりの画像を撮るのを忘れて食べてしまったので食べかけです。




本来は牛肉を入れるのですが、我が家では猪肉です。

IMG_6245.jpg

でも、この猪肉変じゃないですか?

肉の中に赤黒い点々が多数ありますね。

これは内出血しているからなんです。

このイノシシは、手伝い人に運搬してもらったのですが、扱い方が荒くて全身が内出血したんです。特に、ロースの部分がひどくてこんな状態です。

グループ猟の親方なら、背中に担いで運搬しろ!と言うのでしょうが、素人の事なので、ま、いいか!と見ていたらこんな事になっちゃいました。

手伝い人にとって良い経験になるかと思っていましたが、私の方が良い経験になりました(笑)

やはり、自分で運搬しないといけない、ということが、よーくわかりました。


このお肉は人には差し上げられないので、すべて自家消費という事にし、小分けにして冷凍保存にしました。

非常に良い肉質なので、少しラッキーな面もありますね(笑)


肝心なお味の方はというと、醤油は入っていますが醤油味でもなく、もちろん味噌味でもない不思議な味ですが、なかなか美味しくて気に入りました。

猪肉といったら味噌味、なんてのは少し大きくなったオスイノシシに対しての料理方法で、子を産んでいない40kgほどのメスだとどんな料理にも合いそうです。

インスタント「潤温体湯鍋」我が家の定番料理にしたいな~。


鳥猟が終猟

いつの間にか、鳥猟が終猟となったようですね(笑)

今猟期は、全くと言っていいほど鳥猟には行かなかったので忘れてました。

まだまだ、初心者の域であるイノシシ猟をなんとかもう少し理解できるようにしようと日々出猟してる間に、我が愛犬達の出番が無いままに鳥猟が終わってしまいました。

若犬となった愛犬テンにとっては重要な年であった筈でしたが、諸事情により遠征猟には行けず、かと言って、地元には鳥猟に適したフィールドが無く、下手をすると御用になりそうな昨今の状況から、そちらにも足が向きませんでした。

と、いう言い訳はこの辺にしといて(笑)

今週は、県の雇用対策でヌートリア駆除を行う事業の2回目駆除週間です。

IMG_6204.jpg

どうも、野犬が多いようで、箱罠に入ったヌートリアは軒並み食べられています。

箱罠ごと引きずって田んぼの真ん中に放置されているものもあります。

IMG_6198.jpg

野犬も美味しいお肉を知っているようですね(笑)


この部隊は、全員猟師なので、手際がよく余った時間で新たな痕跡を探しています。

調査隊にお願いしていた調査範囲の中で、痕跡を見つけられなかった場所でも、見通しが良くなったこの時期には多くの痕跡を見つけ急遽設置場所を変更したりしましたが、なにせ期間が短くてすべての場所に設置することは出来ず、上辺だけの駆除となりました。

もし、今後もこの事業があるとするなら、夏場の調査は止め、駆除の時に余った時間で調査をし、翌日からの設置場所を決める方が無駄が少ないように感じました。

それに、地元の駆除員が付き添うのであれば、大まかな生息場所は把握しているので、わざわざ調査隊を入れる必要はないでしょう。

駆除期間を延長し、箱罠数を増やして活動すれば、かなり成果が上がると感じました。

でも、年に3~4回も出産するので、壊滅状態までにしないとすぐに回復するでしょうね。

折角、駆除隊が入っているのに、昨日も駆除依頼があり、やり残しの場所に箱罠を設置しました。

この様子だと、今年も例年通りの場所で、駆除依頼がくるでしょうねぇ(泣)


4度目か?

個人持ちで唯一稼動している箱罠で、今猟期は3度イノシシを獲りました。

総捕獲頭数は、5頭です。

最後に獲ったのは先週。

もう警戒して近寄らないのかと思ったら、また食べに入りだしました。

IMG_6150.jpg

最初に来だした頃は、大きさの違う多種類の足跡がありましたが、今見えるのは2頭分です。

45kg前後と思われる母親らしき足跡。

IMG_6151.jpg


10kg程度と思われる子の足跡。

IMG_6152.jpg


常に20kg以上の米ヌカが入っているので、発酵した良い匂いがプンプンです。

おもしろい事に、箱罠の外にある古い米ヌカには見向きもせず、新しく入れたものしか食べていません。

IMG_6153.jpg

この魅惑的な匂いに釣られて、仲間が捕まってもなお食べに来てしまうという、イノシシにとっては麻薬的に脳細胞を蝕み思考能力をゼロにさせるもののようです。

て、そんな大げさなものでもないでしょうが、それにしても不思議です。

いつも、こんなに簡単にエサにつくと楽なんですけどね。

さあ!親子で獲れるか?またまた子だけか?それともまったく違う固体が獲れるのか?

そうそう、獲れない!というパターンもありますよね(笑)


また獲れた!

9日(火曜日)にイノシシが2頭獲れた箱罠で、本日、また2頭獲れました。

IMG_6182.jpg

先日のイノシシより大きく見えますが、年齢は同じようです。

手前のイノシシの前足を、よーく見てください。

IMG_6189.jpg


産まれつきか?不慮の事故か?天敵に襲われたのか?くくりワナのワイヤーで切れたのか?理由は定かではありませんが、足首から先がない、通称3本足というイノシシです。

IMG_6192.jpg


先端部分は、すっかり完治しています。

IMG_6193.jpg

足跡から、このサイズの3本足が居ることは解っていましたが、まさか獲れるとは・・・


先日は、待ち合わせ時間に来なかったので、私1人で運搬しましたが、本日は、時間通りにやってきた手伝い人たち。

IMG_6195-1.jpg

凄ーい!重ーい!と言いながら、2頭とも運んでくれました。

初めて見たイノシシを、手袋が血で真っ赤になりながら、最後は楽しそうに運んでいる様子は、まるで子供のようです。

でも、他人が見れば、私も同じような様子なんでしょうね(笑)

これで、雇用対策事業での成果が4頭になり、ひとまず私の役目は果たしたかな?って思いです。

あとは、他の地区の方達に頑張ってもらいましょう。


ヤマシギ

車で罠の見回り中に、シギらしき鳥が歩いてるのを見つけました。

桃畑の中です。わかりますか?

IMG_6147.jpg


最初にチラッと歩いているのが見えたときには、タシギかな?と思いました。

でも、こんな所にタシギが居るの?と思いながら車を止めて、よーく見るとヤマシギでした。

IMG_6148.jpg

なんと、愛らしい風貌なんでしょうか。

こんな可愛いやつを獲って食べるなんて信じられません。

と、書きながら、実は、本気で銃を取りに家に帰ろうかと考えました(笑)


南部で使役犬を使ったキジ猟をしていると時々お目に掛かりますが、歩いているのを見たのは初めてです。

チョコチョコっと歩いてはこちらを向いてしばらく止まり、を繰り返して徐々に遠くへ離れて行きます。

IMG_6149.jpg

罠を見回っての帰り道に車を止めて探すと、まだ辺りに居ました。

やっぱ、銃を取りに帰ればよかったかな?(笑)


そして昼食後、3度目に通った時には居ませんでした。

残念!

念のため・・3度目の時にも銃は持っていなかったことを付け加えておきます(笑)


獲ったどー!

イノシシのワナを見回る雇用対策事業開始と同時に稼動を始めた箱罠で、やっと2頭のイノシシを獲りました。

体重が、30kg~35kgくらいのオスです。


IMG_6164.jpg

目を開けたままで寝ていたのか?私が近づいても身動き一つしません。

写真を数枚撮った後に、やっと気づき暴れだしました。


どうですか?このプリッとしたお尻。美味しそうでしょう!

IMG_6166-1.jpg

雇用対策事業で手伝ってもらっているのに、1頭も獲れないなんて事になるのは避けたかったので一安心です。


この箱罠は、車を停めている場所からは150mくらいの距離で、その間は箱罠に向かって下り勾配です。

運搬がたいへんなので雇用対策の助手を呼んで手伝ってもらおうとしましたが、待ち合わせ時間を過ぎても来ないので、一人で運んでしまいました。

時間を過ぎたといっても、運搬し終えたのは待ち合わせ時間から7分ほど過ぎただけなんですけどね。

折角だったのでイノシシを見せたかったんですが、電話で確認するとあと10分くらいで到着するとのこと。

早く処理したいので待ちきれず、「1人で運んだので普段通りの見回りをしてください」と言って帰っちゃいました。

イノシシを見たことがないと言っていたので、もう少し待って、「おー!」と言う瞬間映像を撮ればよかったかな?と少し後悔。

期間中に、次があるかどうか??


また逃げた!

このところ、毎日欠かさず猪罠の見回りをしていましたが、土曜日は所用で一日中県外に外出していた為、見回りができませんでした。

日曜日に見回りに行くと、こんな状態の場所が・・・

IMG_6155.jpg

一点を中心に円を書くように地面を掘り下げています。おまけに細い木などは、根から引き抜いて倒れています。

この跡は、明らかにイノシシが掛かって暴れたものです。

円の中心にある木に、ワイヤーを結んでいた筈なので確認すると。

擦れた跡はありますが、肝心なワイヤーがありません。

IMG_6156.jpg

2日間、暴れるうちに根木にくくっていたワイヤーが外れ、足に付けたまま逃げたようです。

ここは、ワイヤーの長さが短くて木に確実に固定できていなかったので、それが原因でしょうね。

と、冷静を装って分析しているようですが、頭の中は「あー、またまた逃げられた・・・くそ!」なんですよね(笑)

もしかして、同じイノシシに何回も遊ばれてるのかもわかりません。

そういえば、ここは、先日アップした不思議な行動という記事の場所です。

私が2度ワナでくくって逃げられた大きなイノシシと同じヤツだった可能性もあります。

イノシシの大きさを確認しようと足跡を探しましたがハッキリしたものがなく、木の枝に残っている泥くらいでしか判断できません。

IMG_6158.jpg

どうでしょうか?

過去2回の時は、もっと木を咬んだ跡が多く残っていたので、今回は別な固体のような気がします。

もしかすると、産まずのメス60kgだったかも?(笑)

ま、これにめげずに次は獲るように頑張ります。

鋳鉄製バーベキューコンロ

鋳鉄製コンロでカモを焼いている映像を見て、鋳鉄製コンロが欲しかったことを思い出しました。

ネットで検索してみると、4~5人用と少し大きいですがありました。

早速注文して、届いたのがこれです。

F1001738.jpg

部品で到着したので組み立てが必要です。

炭を取り出すことも出来、空気量の調整も出来るし、グリルの高さも2段階に変えれるようになっているので、使い勝手が良さそうに見えます。

悪いところといえば、何故か?下部と上部を連結するネジ穴が合いません。

仕方ないので無理やり押し込み、ボルトが斜めになったままですが、なんとか留めました。

それに、もう一つ、炭を置くロストルというプレートの一部に穴が空いていません。

ま、それはそんなに支障はないでしょうが。

よーく見ると、隅々が雑に出来ているようです。

日本人ですから、色々と細かいところに目が行くわけです(笑)

こりゃあ日本製じゃないな!と思いネットで検索しなおして詳細を見ると、やはり・・・でした。

ま、値段がお手頃なので仕方ないでしょうね。


すぐにでも使いたいのですが、説明書によるとグリルの慣らしが必要だとか、それも45~60分も加熱しないといけないようです。

焦らずボチボチと使い込んでいくことにしましょうか。

これを食卓に置き、肉や魚、野菜などを焼いて食べると美味しそうです。

でも、まずは、獲りたてのカモを焼いて食べたいです。

猟期も残り少ないので、早いとこ獲りに行かないと来猟期までおあずけになりますね。

それにしても、キジ、ヤマドリ猟は、どうなったんでしょうね~?これも焼いて食べたいのに・・・


他人の檻だよ

市の雇用対策でイノシシの罠を見回る事業が始まり、早3週間です。

その間に獲れたイノシシはゼロ。

見回りの準備のために、この事業を委託された業者と一緒に、私が管理しているすべての檻を案内した日には、イノシシが来ている場所が1ヵ所ありました。

親子連れなので、子はすぐにでもエサに付いて獲れると思い、檻の中には大量にエサを入れて、毎日FAXで送ってもらっている報告書を心待ちにしていました。

しかし、10日が過ぎても変化なしとの連絡です。

いくらなんでも、こんなに長く食べないなんて事はないだろうから、もしかすると、移動してしまったのだろうか?と思い、見回りに行ってみました。

すると、現地にはイノシシの足跡だらけ。そして、檻には、米ヌカのエサが無い!なんと!なめるようにして食べ尽くしています。

どういうことなの?

見回りに行ったのが休み明けだったので、休み中に食べたのか?それにしても、ここまでのことはしないだろうに・・・

その日は、また、大量にエサを入れて帰りました。

そして、それから数日間の報告でも変化なし。

おかしいなあ?と思い日暮れ前に見回りに行くと、エサがほとんど無い状態です。

暗くなって、雇用対策事業の委託を受けている業者から連絡があり、「本日も全ての檻で変化なしです」とのこと。

「えー!今日見回りに行ったら⑫番でエサがほとんどなかったんですけど」と言うと、「公園の横の檻ですよね」と言われます。でも、そんな所には檻がありません。

どうも、違う人の檻を見回っていたようです。


翌日、待ち合わせして確認すると、私が管理している檻からは100mくらいの距離にある別な檻を見回っていたようです。

最初に案内した委託業者の方2人は、写真まで撮っていたし、鑑札の名前が違うのですから、まさか、間違うなんてことはないと思っていましたが・・・

なんと、お粗末な話です。

「ここは、毎日エサを食べに来ているので、獲れるようにセットして、私が毎日見回るので、当分の間は見回りは不要です」と断り、親を獲れるようにセットして帰りました。


来ているイノシシは子連れで、母親は50kg位、子は20kg前後と10kg以下のウリ坊、それに、3本足のデカイオスのようです。

F1001734.jpg


オスの足跡は、1本がうす状になっています。

F1001733.jpg


大きさは、近くの枝に体を擦り付けた跡から判断すると、100kg前後はありそうです。

F1001736.jpg


親が獲れるように、作動用の糸を高くセットしましたが、さて、親がエサを食べに入って獲れることができるでしょうか?

F1001735.jpg

毎回このパターンでは、糸の存在に気づき親は入らなくなってしまい、最後に獲れるのは子イノシシばかりなんですよね。

何か良い手立ては無いものでしょうか?

実は、新方式を試してみようかと考えてはいますが・・・



節分には恵方巻

本日は、節分です。

節分には色んな行事があるようですね。我が家では、恵方巻を食べました。

もちろん自家製、なんてことは無くお店で買ってきました。

IMG_6138.jpg

何と「方位磁石」まで付いています。


恵方巻とは・・・

IMG_6139.jpg

だそうです。

今年の恵方は、西南西らしいです。



一年に一度の事なんですが、言葉を発せずに同じ方向を向いて、もくもくと食べるのは辛いですね。

それも、太巻きを丸ごと1本もです。

うかつにも最初の一口は、太巻きを縦に丸ごと口に入れたものですから、あごの下の筋肉がつってしまい、おもわず「痛い!」と声を出しそうになりました。

必死に痛みを我慢して、やっと食べ終えた時には、こんな事ながら達成感があり、一年間、健康でいられる御利益を受けられた事に感謝!

で、豆まきは、お腹が痛くなりそうなくらい食べないといけないのでパス(笑)



ヌートリアの餌場

先日に駆除依頼があったヌートリアは、水路を泳いで来たのではなく、大きな川の土手を登って道を歩いて来たようです。

普段は、この川に居るようです。

IMG_6103.jpg


川の土手を上がった場所から木の横を下りて道を歩き橋を渡って餌場の畑へ毎夜通っているようです。

IMG_6101.jpg


その証拠に、木の横には、ヌートリアの獣道が出来ています。

IMG_6102.jpg

主に、夜に行動する動物なので、昼間に畑に出ているのを見ることが少なく、まさか、こんなに移動して餌場に来るとは知りませんでした。


先ほどの場所から200mくらい上流の道路で、ヌートリアが車に轢かれているのを発見!

IMG_6116.jpg

この寒い時期には草が少ないので、広範囲に歩いてエサを捜しているのでしょうね。

IMG_6117.jpg

それにしても、ここは、先日、雇用対策事業でヌートリアの箱罠を設置していた場所なのに、まだ、こんなのが居たんですね。

やはり、冷え込んだ日には穴の中で半冬眠状態になって出てこなかったということでしょうか。


 | HOME | 

Calendar

« | 2010-02 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">