狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

獲ったどー!

昨日、くくりワナで推定60kgのメスイノシシを獲りました。

IMG_7164.jpg

前日に被害届があり、その日に現地を視察したところ、川中というまだ青くて熟れていない桃を何百個も食べいました。

IMG_7143.jpg

今年は桃の出来が良いので、青くても甘かったのでしょう。


ここには、少し前にくくり罠を1基仕掛けてあったので、それを確認に山に入ると、一度だけワナを仕掛けている道を通っていますが、足が合ってなくワナの位置を踏んでいません。

そこでワナを踏むように少しだけおまじないをして帰りました。

翌日の早朝に農家の方から電話があり、「山からブウブウいう豚みてえな鳴き声が聞こえるけんイノシシが掛かっとるんじゃねえ?」とのこと。

すぐに確認に行こうかとも思ったのですが、ま、逃げはしないだろうとの安易な考えで昼前頃に行くと、なんと!竹にワイヤーが絡まり足の骨が折れて皮一枚で繋がっているだけでした。

あぶない!あぶない!切れでもしていたら反撃に合い怪我をするところでしたね。


ここんとこ少し獲りすぎて処理が間に合わなくなったので箱ワナは封印しましたが、こんな時に限って3基しか仕掛けていないくくりワナに掛かるなんて・・・私の日頃からの行いが悪いということでしょうかねぇ?


スポンサーサイト

天敵

私が野菜を作っている裏庭には物置が建っています。

そこには野菜作りに必要な用具等を置き、畑を見渡せる位置に椅子も置いています。

いつもその椅子に座って畑を眺めているのですが、座っている位置の上部と後部、距離にしてそれぞれ2mくらいの場所に、これがあります。

IMG_6977.jpg

足長蜂の巣です。

IMG_6981.jpg

今のところ今年は刺されていないので放置していますが、先日、巣の横50cmの所に置いてある苦土石灰の袋から中身を取り出していると、1匹が威嚇してきました。

少し危ない気もしますが、私としては、こういう奴らを捕食してくれる益虫と思っているので、仲良くしていきたいと思っているんです。

IMG_6968.jpg


でも、これは無理か!(笑)

IMG_6974.jpg

このモンシロチョウどこから入ったの?トンネル栽培している意味な~し!(爆)



清水白桃

今年は、春からの天候不順で桃の生育が遅れています。

やっと、清水白桃の収穫が始まりました。

F1002002.jpg

初収穫の清水白桃の糖度を計ってみると、なんと!16.2度もあります。

農家の方が、計った最高値は19度だったそうです。

一般的には12度以上あれば最高ランクの称号をもらえます。

今年は昨年度の大不作を跳ね返すほどの豊作になるかもわかりませんね。


これは果熟といって、木で熟した桃です。

F1002003.jpg

生産地では、最高に甘くて美味しい桃ということを誰もが知っています。

でも、3日ほどしか日持ちがしないので、市場に出回ることはありません。

これは私の役得というもので、日々頂いております(笑)

本日は、これ以外にもコンポート用の桃も頂きました。

F1002018.jpg

あと3週間ほどは桃漬けの日々が続き、中性脂肪を蓄えることになりそうです(笑)


新兵器その後

イノシシ避けで設置した新兵器の追跡調査です。

設置の翌日から畑にイノシシが入り込み桃に被害を与えていましたが、その後の様子を農家に聞き取りすると、「毎日食べに入っているけど、設置した枝だけは食べていないようです」とのこと。

設置した”木”じゃなく”枝”だけは食べないといことは、5パーセントくらいは効果があるということですかね。


この畑に設置した8個の新兵器の中で、私が最も気になっているのが、この場所です。

F1002007.jpg

設置の前日に畑の際が崩れ、3m間の防護柵が宙に浮き役目を果たしていない状態になっています。

谷底まで崩れているので急傾斜で上り難くくイノシシは入って来ないかもわかりませんが、ここに設置しておけば、効果があるなら絶対にここを通過しないでしょう。

崖から落ちないように注意しながら急傾斜の部分にイノシシの足跡はないかと探すと・・・ハサミを置いている場所に注目!

F1002008.jpg


50kg前後のイノシシの足跡がくっきりとあります。

F1002009.jpg


そして上っている次の一歩もあり、新兵器の50cmほど横を通って畑に入り込んでいます。

F1002010.jpg

こんな設置状況でも、イノシシの侵入を防ぐことはできないようですね。



「家の裏にある桃畑にイノシシが来ている」との被害報告で、別な場所にも設置していました。

IMG_7082.jpg


桃の木は2本だけなので、真ん中辺りに新兵器を設置。

IMG_7081.jpg


設置した農家の方からその後に聞いた報告では、「翌々日にイノシシが桃畑に入って来たので、トタンで囲いをしたらその後は来なくなった」とのことです。

F1002015.jpg

ま、こんな結果ですが、効果があるとのことですから、どんな状況下に対して効果があるのか、もう少し色んな場所に設置して様子をみることにしますかね。

また獲れそう

三日ほど前に親子連れを獲った箱罠に、またまたイノシシがエサを食べに来て、前日に入れていた桃のエサを食べ尽くしています。

F1001995.jpg

内部に残っている足跡からは、少なくとも4、5頭のウリ坊が食べに来ているようです。

今回のウリ坊もそうですが、今年は2月から雨が多くて天候が不順だったことが影響してイノシシの生殖活動が例年よりも遅かったのか?今の時期としては非常に小さなものが多いようです。

この10cm角のメッシュで作っている箱罠では逃げれないと思いますが、15cm角だとおそらく間を抜けて逃げてしまうでしょうね。


獲れるようにセットするのは親がエサを食べに入りだしたら、という事にして、本日は100個ほどの美味しい桃を入れておきました。

F1001996.jpg

この桃の種類は「白鳳」ですが今回でこれは終わり、次回からは最も人気が高くて高価で美味しい「清水白桃」のエサに変わります。

イノシシも「清水白桃」の美味しさを知っていて、大獲れになるかも?(笑)


冬瓜(トウガン)

畑に作付けしたミニトウガンに実がなり、あっという間にこんなに大きくなりました。

IMG_7113.jpg

確かにミニトウガンの苗を買った筈なんですが、これってミニの大きさですかね?

これがミニなら通常の大きさのトウガンって、どれほどデカイんでしょうか?

ほんとはもっと早くに収穫しなければいけなかったとか?

収穫時期が、まったくわかりません。

普通のトウガンは白い粉がふいたら収穫できるらしく、小さな姫トウガンは大きさで判断するようです。

もしかして、作り方に問題があってこんなにでかくなったとか?

普通は地面を這わして栽培するのですが、スペースが少ないのでキュウリと同じようにネットに這わせて育てています。

IMG_7112.jpg

このやり方が悪いのかな?・・・ま、もう少し様子を見てみますかね。


話は変わり、夏に実を付けるのに冬瓜というのは何故かな?と思ったら、夏に収穫しても長期間の保存が可能なので冬でも食べれるからだそうです。

ここんとこ、毎日受粉しているので大量に収穫できるでしょうから、一年中食べることになるかも?(笑)



トウガンの写真を撮ったついでに、収穫の様子です。

IMG_7122.jpg

ピーマン、シシトウ、ナス、キュウリ、ミニトマト、トマトの6種です。



獲れた・・・

今日もウリ坊が獲れました・・・

IMG_7125.jpg

獲ったどー!

箱罠で親子が獲れました。

IMG_7106.jpg

子は今年生まれのウリ坊で2頭です。

でも、母親の乳首が6つあるので、6頭生んでいるということになりますね。

数日前に獲ったウリ坊は4頭でしたから、今回と合わせれば6頭になり計算が合います。

獲れた場所も近いし、ウリ坊の大きさも同じくらいですから、同じ親のウリ坊達という可能性が高そうです。

そうなると、この母親は学習能力が低いということになりますね。

どこか他所の地区からから来たのかな?私の受け持ち地区にはこんな間抜けな母親はいませんからね笑)

ま、魅惑的な桃の魔力に勝てなかったということでしょう。


どうも、今の時期からすればイノシシの子が小さいようです。

他の場所で桃を食べに来ているイノシシも小さくて15cmの隙間から逃げましたから。

桃の熟れも例年より遅いですから、何もかもが少しづつ遅いのかもわかりません。

ピーチイノシシの駆除は、お盆までの予定でいるのですが、もしかすると8月下旬まで引っ張るかもわかりませんね。



トマトがやられた!

葉っぱで隠れて見えなかった場所のトマトが、一房ぜんぶ穴だらけになっていました。

IMG_7017.jpg


犯人は、コイツらです!

IMG_7019.jpg

一つの実に2匹ずつくらいが入り込んでいました。

葉を食べずに青いトマトの実だけ食べるという、この幼虫の正体はなんでしょうかねぇ?

IMG_7020.jpg

青いトマトのエサで飼い、成虫になるのを待ちますか(笑)


ま、また獲れた!

忙しくて記事にしていませんでしたが、3日前にイノシシを2頭獲っています。

そして、本日もウリ坊が、4頭獲れました。

IMG_7086.jpg

昨日もこの箱罠は作動していたのですが、バネの力が弱すぎてあと数ミリのところで扉が落ちず脅かしただけ。

今日も親狙いでウリ坊では作動しないようにセットしていましたが、昨日の事があるので親は警戒するだろうから、エサを食べに入るのは仔だけのはず。なので、今日は獲れない予定だったのに・・・

ウリ坊が、跳んだの?か立ち上がったのか?で作動したんでしょうね?


ここのところ仕事もそれ以外の活動も非常に忙しいのに、これでもっともっと忙しくなります。

でも、桃の時期もあと1ヵ月ほどですから、なんとか頑張らねば。


画期的な新兵器か?

昨日、イノシシが防護柵を越えて桃を食べに来る畑に、雇用対策事業で雇用されたお姉さま方4名、この事業の委託を受けた業者の方1名、畑の耕作者1名、それに私の計7名で市が試験的に購入した新兵器を設置しました。

IMG_7034_20100716114803.jpg

イノシシの嫌がる光を不規則に点滅させ、その付近に近寄らせないというものです。

他の地区で試験的に設置した結果が良好だったようなので、効果があるとの判断を下しているようです。

ただ、イノシシは非常に警戒心が強いので、その新兵器の効果か?設置するために出入りした人の気配か?見たことない光に対して一時的なものか?の判断がつかないと思われます。

もし、その新兵器に効果がなければ、良い餌場の場合だと数日から1週間くらいすれば、また食べにくる筈です。

ただ、効果がなくても他によい餌場があれば、もう来ない可能性もありますね。

今回設置した場所は、私が担当している地区の中では最も被害が多くて、ほぼ毎日防護柵を乗り越えて桃を食べにくる畑です。

この新兵器の効果で1週間でも被害がなければ、桃が熟れる時期になった頃に設置すれば良い事になりますから使い方次第では優れものと言えますね。


この畑の横には2基の箱罠を設置しており、今月になってから6頭のイノシシを獲っています。

「この器械をこの畑に設置すると、その箱罠には来なくなりますよ」と言われましたが、「被害がなくなる方が良いので、それは問題ないです」と答え設置しました。

設置方法は、できるだけイノシシの目に入りやすい低い場所が良いとのこと。

設置間隔は、20mくらいまでとのことなので、結局、この畑に設置した数は8個。


本日の朝、いくらなんでも今日は来ていないだろうと思いましたが、気になったので様子を見に行くと。

IMG_7064_20100716114802.jpg

畑の横に設置している、食べに来ないはずの箱罠に入れていた桃がほとんど無くなっています!


それから、畑の外周に設置している新兵器を見に行くと。

な、なんと!新兵器の横から畑に侵入しているではありませんか!

IMG_7067.jpg


ここからも侵入しています。

IMG_7066_20100716114803.jpg


それじゃ、畑の中に設置している方はどうなんだろうか?と思い見に行くと。

IMG_7077_20100716114802.jpg


目の前に新兵器があるのにのやられてる!

IMG_7078_20100716114801.jpg


今朝来たイノシシの足跡が、くっきりと残っています。

IMG_7079.jpg

いくらなんでも、昨日の今日はないだろうと思っていたのに。

これじゃ、まったく効き目がないということじゃ・・・

この状況を、この新兵器を設置しに来た責任者に説明すると、「そこのイノシシが特別なんじゃないいんですか」とのこと。

へ~、そうなんだ!



給食の食器

PTAで小学校の倉庫を片付けていたら、こんなものが大量に出てきたそうです。

IMG_7025.jpg

なつかしい!給食の食器です。

でも、私の世代だともう少し色と形が違っていたような???

この食器をみて、真っ先に思い浮かんだことは、まず~い!脱脂粉乳のミルクとまず~い!コッペパンです。

脱脂粉乳のミルクは、息をせずに一気飲みしないと飲めない代物でしたし、コッペパンは、毎日半分しか食べれなかったので残りは机の中へ、なので私の机の中にはいつも数個の干からびてコチンコチンになったコッペパンが入っていましたね。

コッペパンを1本食べることができるのは、砂糖をまぶした揚げパンのときだけでした。

オカズは普通に食べていましたが、特に印象に残るような美味しいものはなかったですね。

そういえば、鯨肉の料理は良く出ていたような?あと、必ず肝油が2錠付いていました。周りに砂糖をコーティングした甘~い肝油でした。

懐かしいけど、食べたくない!(笑)



太陽の恵み

これは、これから市場に出回る白鳳という白桃の一種です。

IMG_7005.jpg

左は袋を掛けて成長させた普通の桃で、右は袋を掛け忘れてしまい太陽の光が当たり表面に亀裂が入った桃です。

同じ種類の桃ですが見た目がかなり違い、左は見るからに美味しそうですが、右は食べる気もおきないような外見です。

普通だと右の桃は、イノシシのエサになるか廃棄処分となるものですね。


今回この2種類を食べ比べてみました。

左の桃は、まだ熟れが悪く少し硬いので甘みが少なかったです。

右の桃も、まだ熟れが悪く少し硬くて左の桃と同じような状態ですが、食べてみると甘みが強くてビックリ!メチャ旨です。

この違いは、何でしょうか?

農家の方にその理由を聞くと、左の桃は袋を掛けているので甘くなるまでの日照時間が右の袋を掛けていないものより長く必要だからだそうです。

今年のように、雨や曇りの日が続いて日照不足になると、袋の有無で甘さの差が大きくなるそうです。

袋無しで栽培できる方法を発明すれば、もっと安定した桃の糖度を得ることができ、消費者も生産者も大喜びなんですけどね。

良い方法を考え特許でも取ればおおきんもちになれますぞ(笑)


桃の被害続出

またまた桃の被害報告があり、現地を視察してきました。

イノシシが、畑の最も高い場所に出没して桃を食べています。

IMG_7011.jpg

その数、約100個。


細い枝を折って食べているところもあります。

IMG_7008.jpg

農家の方は、こんな状況下でも、「いつもの年より出てくる時期が遅く食害も少ないので駆除の成果が現れているようだ」と喜んでいます。

私としても、この畑は重点的に駆除をしているつもりなので喜んでもらえれば嬉しいでが、力不足で被害がゼロにならないのはとても残念です。


こちらの桃の木も食害に遭い袋が散乱しています。

IMG_7016.jpg


この様子から判断すると、ヒヨドリの仕業のようですね。

IMG_7015.jpg

「これなんか可愛いものよ」と農家の方は言いますが、小売で良い物なら1個1000円以上もする桃ですから、可愛いものと言っても被害総額は1万円です。

先ほどのイノシシの被害を受けた場所だと10万円くらいですかね。

被害が多い畑になると、年間の被害総額は数百万円となるでしょう。

でも、こういう被害は表に出ないので、実際には県が調査したといわれる年間被害総額は何倍もに膨れるはずです。

そう考えると、私の役目も重要ですね。



射撃大会

日曜日には、第58回岡山県安全狩猟射撃大会が備前射撃場で開催され、地区代表の私も参加してきました。

代表と言っても、年齢の範囲に該当する者が私しかいなかっただけで、他地区のように予選大会で優勝して参加資格を得たものとは意気込みが違います(笑)

この大会の趣旨は、「銃器の安全な操作技術及び矢先を確認する訓練、並びにマナーの向上を図り、会員の狩猟事故防止に資することを目的として実施する」となっています。


これは、スキート競技の様子です。

F1001988.jpg

一番のダブル以外は全てシングルで、15枚撃ちです。


こちらは、トラップ競技です。

F1001989.jpg

一定間隔で2枚のクレーが放出されるダブルトラップで、30枚撃ちです。


自分の射撃が終わると、点数を確認してサインをします。

F1001991.jpg

この大会の主目的が安全ということですから、進行係はマナーの悪い者が居ないか目を光らせていますね(笑)

この大会の成績順で、中四国ブロック大会の参加資格が得られます。

今年の会場は、岡山県となっています。

ま、私には関係のないことですけどね(笑)


手伝い人

一昨日から本格的に、市の雇用対策事業によるイノシシ罠の見回りが始りました。

写真は、手伝い人が前日に来たイノシシの足跡を見ている様子です。

IMG_6989-1.jpg

本格的というのは、一昨日より前に2度現地で会っているからです。

一度目は、私の先導で手伝い人が軽トラの4輪駆動車に乗って箱罠の場所を案内したときです。

その時には、1基目の箱罠を案内して移動する途中に手伝い人の車が脱輪し、そこで終わり。

水路が見えなかった、と言い訳していましたが、運転席側にある水路ですから横を向いたら見えるんですけどね(笑)

2度目は、何故か?軽トラが危ない!と言って車を替えて来たものですからスリップしてユーターン出来ずに細い道をバックで走行。

IMG_6992.jpg

結局、その日も長靴を履いて来ていなかったことから、マムシに咬まれるといけないので数箇所回ったのみ。

そして、次の日は別な用事で来れないとのこと。

その翌日からやっと見回りが出来る体制となったようです。

でも、その日も予定が変わって別な地区に行くので全ては回れないかも?とのこと。

ま、始まったばかりなので、こんなものでしょう。


それにしても、今年はイノシシが多いようで、どの箱罠も桃のエサがすぐに無くなります。

初夏までは痕跡が少なかったのに、桃が熟れ始めたと同時に近隣に散らばっていたイノシシが集結したようです。

あれこれと予定が入っているので、捕獲する日を考えないといけませんね。

と、余裕をこいているうちに居なくなったりして(笑)


甘いサツマイモ

これはサツマイモで、鳴門金時という種類です。

IMG_6975.jpg

葉が茂って元気そうですが、これって肥料が多過ぎるらしいです。

栄養分が多いと、つるばかりが延び芋が水っぽくなるので、生産地では砂地の有機物がない場所で栽培するそうです。

ですから、この畑で収穫できるサツマイモは、糖分を控えている方に向きます(笑)

私はスリムな体型をしているので、高カロリーな食べ物が必要ですから、残念ながらこれは食べれないでしょうねぇ。

ということで、少し遅いかもわかりませんが、私用に砂と赤土で栽培を始めました。

さて、3種類の用土で作ったサツマイモのうち、どれが一番美味しいでしょうか?

答えは、100日後くらいでしょう。て、だれも覚えていないって!(笑)


ゴーヤ初収穫

本日は、ゴーヤの初収穫です。

これは、オクラの花。2本ほど収穫しました。

IMG_6984.jpg


ゴーヤは、日が長いからなのか?徒長しているからなのか?雌花の数が少なくて3個ほどしか実がついていません。

IMG_6958.jpg

そんなに多くできても食べるのが追いつきませんから、こんなもんでいいんですけどね。


これはミニトマト。これから毎日収穫が続きそうです。

IMG_6959.jpg

甘みもあり、まずまずの出来かな。


2本植えているキュウリは、毎日収穫できて食べきれない。

IMG_6970.jpg

1本は、時期をずらせて作付けし長く収穫するようにすべきだったようです。

売っているものと比べて、味が濃いのが特徴ですかね。


シシトウは、どれくらいの大きさになったら収穫していいのか解らないので、試しにほったらかしにしています。

IMG_6973.jpg

今の長さは、10cmくらいです。


スイカの成長は目を見張るほどの早さでしたが、実が付いた途端にツルの伸びが悪くなりました。

IMG_6972.jpg

2個ほど収穫できそう。


現在までに植えつけた野菜は36種類、畑は足の踏み場もないほどにグチャグチャ。

野菜ってこんなに成長するんですね(苦笑)


獲ったどー!

昨日は日曜日、川の一斉監視があったけど前日の雨で増水し釣りができる状況ではないことから、土曜日に相談して中止することに。

「明日は久々に予定がないのでゆっくりと起きて日頃の疲れをとろう」な~んて考えながら就寝。

その日の朝、隣の部屋で携帯電話が鳴っている音で目を覚まし慌てて電話をとると、「イノシシが檻に4頭入っとるから逃げないうちに早く来て」と農家の方。

「わかりました!ありがとうございました!」と言って電話を切り時計を見ると5時30分。

農家の朝は早いな~、でも、今年から野菜作りを始めたので、これくらいの時間には起きて作業を始めないといけないんだろうな、と納得し作業服に着替えて箱罠を設置している場所に向かいました。

「逃げないうちに早く来い」といことは、イノシシがデカイので箱罠を壊して逃げるとという意味なのか?それとも、小さいので網の目から逃げるという意味なのか?大きさを聞いとけばよかったな、と思いながら現地に到着すると、こんなんでした。

IMG_6944.jpg


大きさはバラバラで、ウリ坊の7kgからウリの消えた20kgまでが4頭。

IMG_6949.jpg

大きさが揃っていないのに、すべてオスで揃っているというのも珍しい。

ま、そういうこともあるでしょうね。

それより、数日前にエサを食べに入っていた40kg級が獲れていないのは残念です。

前回、空弾きをして扉が落ちていたので、警戒して入らなかったのかな?


処理を済ませ、桃を入れて次の捕獲準備完了。

IMG_6953.jpg

今まで入れていた米ヌカのエサでは、箱罠に入って来るのはタヌキばかり、桃を入れた途端にイノシシが食べに来て獲れてしまう。

いつもの事ながら、桃の魅力は凄い!

この調子で今シーズンもお願いしたいですね(笑)



始まりはいつも突然

少し前に、イノシシ捕獲用の箱罠をメンテナンスして米ヌカを入れておきましたが、食べているのはタヌキだけでした。

エサ用のモモが少しだけあったので箱罠に入れて翌日見回りに行くと扉が落ちています。

IMG_6931.jpg


でも、中には何も居らず、イノシシの足跡だけが残っています。

IMG_6932.jpg


足跡からすると、40kg、10kg、5kgの3頭が入ってエサを食べたようです。

IMG_6933.jpg

その中の1頭は、どうも3本足のようです。


またこのイノシシが入るかもわからないので、農家に電話してモモをもらい箱罠に入れておきました。

IMG_6939.jpg


その後、隣にあるモモ畑の様子を見てみると、なんと!モモに被せていた袋が散乱しています!

IMG_6934.jpg

これは、明らかにイノシシの仕業です!

IMG_6935.jpg

その付近の防護柵を確認して回ると。

ありました!

IMG_6937.jpg

トタンを曲げ、網を破って侵入しモモを食べてトンズラしたようです。

とうとう今年も始った!

これから約1ヵ月半、イノシシとの戦いが繰り広げられるでしょう。



新型箱罠

春に買ったイノシシ用の新型箱罠を設置しました。

F1001972.jpg

今まで使っていた箱罠は、平面から見ると長方形で短辺部分の2ヵ所に扉があるタイプです。

それが、今回のものは、正方形で隣り合う2面が扉のタイプです。

こちらの方が、警戒しにくいのかな?と思って試しに使ってみることにしました。

それ以外で、この箱罠の特徴は、鉄筋が太くて丈夫なことと網目が小さいこと。最近の箱罠らしく、扉が閉まるとストッパーが作動して上がらなくなること。それに、閉まった扉の底と地面との間が10cmくらい開くので間違って足を詰めることや動物の尻尾が挟まることはありません。

そうそう、間違って人が中に入ったまま扉が閉まっても脱出できる扉も付いています。

色々な工夫をしていて良さそうに思いますが、大きさが少し小さいような気もしますね。

ま、今シーズン使ってみれば様子がわかるでしょう。



 | HOME | 

Calendar

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">