狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

空薬莢

先日の猟行でキジ、ヤマドリ用の弾が少なくなったので銃砲店に買いに行ってきました。

P1241915.jpg

私が使う弾は、12番散弾銃用の6号という種類です。

基本的に、これ以外は使いませんから、カモ、ヤマシギ、ウサギ等の釣りで言えば外道となる鳥獣を撃つ場合でもこの弾です。

時には、これでイノシシを撃つ場合もあります。でも、基本的にはイノシシは居ても撃たないようにしていますけど。

だって、捕獲後のことを考えると面倒ですからね。ま、美味しそうな個体だったら撃ちますけども(笑)


画像では色が違うので2種類の弾のように感じるでしょうが、これはメーカーが違うだけで同じものです。

ようするに、色でメーカーがわかるようになっているわけですが、これが私としては困るわけなんです。

というのが、私が所持している猟用の散弾銃は自動銃なので、撃ち終わったあとの空薬莢が銃から飛び出る仕組みになっており、それを回収するには目立つ色じゃないと見つけ辛いんです。

でも、今回のように在庫が青と緑しかない場合もあります。

雪の日には問題ないですが、空山だと緑は本当に見つかりません。青の方が少しはましです。

自然の中に分解しない空薬莢を残すのは非常に心苦しいことですから、なんとかハンターオレンジのように目立つ薬莢に統一してもらえないかなと思っています。

これって、誰に頼めばいいのかな~?


スポンサーサイト

雪中ヤマドリ猟

週末の土曜日は、日帰りでしたが久々にヤマドリ猟に行ってきました。

雪の量は平年並みで、多いところでは1m以上ありそうです。これだけ積もっていると一度も除雪していない道路は通行できませんね。

P1221909.jpg


本日は、トライアルで全猟の本部審査員をしているYKハリマオー氏と共猟。

長年、鳥猟の相棒として猟期中は常に一緒に出猟していましたが、近年は私の都合で年に数度だけ。

やはり共猟となれば、木等の障害物が多く見え難くて逃げられることの多いヤマドリも獲れやすくなりますね。

朝一番の放犬後10分でこの猟果です。

F1002158-1.jpg

本日は、気温が3度ほどと高く天候も良いことから鳥がエサを求めてよく動いています。

足跡や飛んだ跡が雪の上に残っているので、その様子が一目瞭然。

F1002166.jpg


YKハリマオー氏の案内により、多くのヤマドリに出会い早い時間で定数4羽を確保。

P1221902-1.jpg

テンが、常に主人を意識し、しっかりとした目的意識を持ちながら捜索をしてる様子に満足して、本日も終猟。


ニホンザル

突然に役所からニホンザルの駆除許可書が送られてきました。

P1211895-1.jpg

この辺りには、ニホンザルの生息場所がないので、群れから出て広範囲に移動しているオスザルではないかと思われます。

毎年、このようなニホンザルが1、2頭くらい目撃されますが、ほとんどの場合は何の被害も無く居なくなります。

おそらく同じ固体だと思いますが、私も2週間ほど前に農家の方から目撃情報を頂いていました。山に2頭居たとか。

でも、時期的には被害に合うような果樹もないことから、警戒だけしておけば居なくなるだろうという判断をしていましたので、農家の方も役場には連絡しなかったようです。

本日、詳細を聞きに役場に行きました。担当者によると、山で2、3件の目撃情報があっただけで何の被害もないとか。

どうも、鳥獣保護員が「生活環境における被害防止のため」という訳の解らない理由をつけさせて役場に駆除許可を出すように進言したようです。

何の悪さもせず山に居る日本固有のニホンザルを、刹処分する必要があるのかな~?・・・なんてことを言っているようでは駆除員は勤まりませんね。

以前には、住宅地でおばあさんが威嚇された事件があり、その時には緊急に駆除許可が出ました。でも、住宅街なので撃つ事もできず、最終的にはどこかに行っちゃいました。

さて今回は、どのような結末になるのでしょうか・・・


種菌の接種

原木にキノコ種菌を接種する作業を行いました。

購入した種駒は、こんな状態で梱包されています。

P1181880.jpg


ドリル等に専用のビットを装着して原木に穴を開けます。

P1181876.jpg

ビットは、インパクトドライバー用を購入。


穴に種駒を挿入してハンマーで打ち込みます。

これは、20cmの短木。

P1181878.jpg


これは、90cmの長木。

P1181881.jpg

めちゃ簡単な作業でした。

完成したのがこちら。

P1181882.jpg

あとは乾燥しないように水を与えたり等の作業は必要ですが、これだけで家庭に居て何年も収穫できるとは夢のようです。


今回は、コナラの原木にクリタケを接種、ヤナギの原木にナメコ、ヒラタケ、キクラゲを接種しました。

次回は、1ヵ月後くらいにクヌギとコナラの原木にシイタケとクリタケの種菌を接種する予定です。

なぜ2種類の原木を使うかというと、樹種によりキノコの味が変わるらしいので、それを確かめる為です。クヌギが最も品種の良いものが発生するとか。

もう少し本数を増やせば良さそうですが、いつも多すぎて困るので今回は控えめに、でも、春まで接種可能なので気が変わりいつの間にか本数が数倍に膨れ上がる可能性はあります(笑)




極寒漁

ここんとこメチャ冷えましたね。最低温度がマイナス5度、なんてここいらでは珍しい気温でした。

これだけ冷えると魚の動きが少なくて、川ガニも獲れる数がぐっと少なくなります。

でも、2週間もほったらかしなので、久々に様子を見に行くと。

川が凍っています。

P1171866.jpg

なんとか氷を砕いきながらでも進むことはできましたが、これ以上氷が厚くなると無理でしょう。

P1171867.jpg


漁果は、こんだけ。

P1171868.jpg

やはり動きが少ないようですね。


またまた、20cmくらいのアマゴが入っていました。

P1171870.jpg

前回と同様に放流しましたが、味利きをすればよかったかな?

ま、何年か後にサツキマスになって帰って来た時でもいいでしょう。

でも、その時には獲れないでしょうけどね(笑)


キノコ栽培

日用品を買いにホームセンターに行くと、こんなものを販売していました。

P1141856.jpg

キノコの原木栽培用に使う種菌で、シイタケ、クリタケ、ナメコ、ヒラタケ、キクラゲの5種類。

原木栽培だと天然ものと変わらない味だとか。

それに一度種付けすれば数年から5年くらいは継続して収穫できるそうです。

時期的には、今から段取りをすれば間に合いそう。

こりゃまた、魅惑的ですね~

ま、色々と忙しいので、どうするかゆっくり考えてみますか・・・



あら?

P1151860.jpg

家に帰ったらこんなものが・・・誰が買ったのかな~?我が家には私以外にこんなことに興味があるものはいないはず。

全種買っているしー、穴を開けるビットまで入っている。

誰が買ったのか?誰に聞いても知らないとか、ま、仕方ないので私が嫌々なんとかしますかね。

でも、原木を段取りしないといけませんが・・・



あら?

P1171864.jpg

なぜか?こんな所に偶然にもコナラの原木が。それもちょうど良い長さで・・

世の中には、親切な人がいるものですねぇ(笑)



リベンジ

週末は県北部に鳥猟に行くつもりでしたが、あいにく吹雪との予想。それなら、先週のリベンジをしようと考え地元の猟場に昼から出猟することに。

コースは先週と同じで、1ラウンド目は、オスキジが2羽出た場所。

風が強いので、できるだけ風の当たらない場所を歩き風下から捜索。

先週キジが居た場所は、今週は状況が良くないのでお留守。

その付近で過去によく居た雑木林付近を捜索させていると、テンが林の奥に入って行ってしまった。

暫くすると、大きな羽音が聞こえオスキジが高高度で飛んでいくのが見える。少し遠いけど当たらない距離ではないだろうと思いぶっ放したがまるハズレ。

まだもう1羽は居るはず、と思い捜索させていると、雑木を伐採した跡地で着臭、キジが這った跡をたどって行くが途中で開放。

もういちど一から捜索させようと思いその付近で立ち止まっていると、いきなりオスキジが近距離から飛び出す。

素早く銃を肩に付けると、キジが首を伸ばしながらスローモーションのようにゆっくりと上方に飛び上がっていく。

「これで一羽いただきだな」、と考えながら引き金を引くと、キジが落ちて行く・・・はずだったのに、まだ上に向かって飛んでいる、そんなバカな!と思いながら二の矢を引く・・・これもハズレ、えー!何故?と思いながら最後の一発を撃つと、羽折れのような落ち方。

ま、まずい!落ちた場所は隠れる場所が少ない伐採跡地。足が無傷ならとんでもないスピードで走って逃げてしまう。急いでテンを呼ぶが、キジが出た辺りを捜索していてなかなか来ない。

やっと来たので、落ちた付近を捜索させると、30mほど離れた場所に急停止でポイント。その前面には、伐採した木の枝が重なっている。

この中か?と思い、私が近寄るとテンもポイントを解除してその周りを鼻を使って捜索しだした。テンの様子からは、ここを抜け、また走って逃げたようだ。

その後も、細かく捜索していたが逃げたキジに追いつくことは出来ず。

最悪だ!半矢で逃げられてしまった!原因は、初矢を撃つ時に余裕があり過ぎ鉄砲が止まってしまいキジの後を撃ったことと、落下後すぐにテンを呼べなかったことだ。無念・・・


2ラウンド目は、先週には車で前を通ったけど通り過ぎた場所。

放犬後、荒地の端辺りを捜索していたが、しばらくするとポイント。テンに近寄り、いつでも撃てる体勢になったが、鳥が這っているようで、ポイントを解除し鼻を使いながら前方に行ってしまった。

グイが多くて前に進めないので、次のポイント後に迂回して近寄ろうと考え、その場で様子を伺っていると、突然、羽音とキジの鳴き声が・・・しまった!見えないし遠い!どの方向に飛んで出たのか?と伺っていると、なんと!私に向かって飛んで来るではないか!スキート射撃で言えば8番プール、でも遅い、ゆっくりと銃を上げドッガーン!

私の左後に落下。

テンが来て捜索後に発見し運搬。

F1002151.jpg

運搬は上手になったようです。

F1002152.jpg


3ラウンド目は、メスキジが3羽出た場所。

先週と同じルートで回ろうとしていたら、テンが別な方向に行ってしまった。すぐに帰ってくるだろうとしばらく待っていたが、着臭したのかと思いそちらの方向に歩いて行くとテンが帰って来た。

あとから回ろうと思っていたけど、ここまで来たのだからついでに先週メスが出た場所に誘導。本日は、風向きからすれば非常に良い条件となっている場所。

テンがブッシュに入った途端に、オスキジが飛び出した!近い!距離10m。3mほど飛び上がったところでドッガーン!羽が大量に雪のように舞った。

グイで人間が入っていくのは大変そうな場所だが、テンは上手に運搬してきた。

F1002154.jpg


午後3時に定数(2羽)

P1151859.jpg

本日、テンがポイントして押さえ込んだ鳥を撃つ、という捕獲にならなかったのは、強風のため鳥の警戒心が強かったからだ、と言う甘い評価を残し、少し物足らないが、これで本日は終猟。


種まき用培養土

昨年度は、種を蒔く培養土として、市販品、砂、山土、落ち葉等色々と試してきましたが、市販のものは苗が徒長する傾向があるように思いますし、砂、山土は土が締まってイマイチって感じです。

一番良かったのは、山で見つけた年数が経過して粉々になった落ち葉です。スナップエンドウを育ててみましたが、発芽率も良く、徒長もせずに順調に成長しているようです。

そこで、今年は種まき用培養土として落ち葉を使う予定で落ち葉堆肥を作ってきましたが、たまたま山で完熟落ち葉100%堆肥を見つけました。

側溝の中で数年間発酵したようです。

P1041802.jpg

今までも量は少ないですが、この様な状態の落ち葉を何ヵ所かで見つけました。でも、それらは落ち葉の匂いは残っています。それが今回は無臭なので完熟状態?、量も1年間使うには十分足りそう。

P1041801.jpg

フルイで大きなものを取り除いて使おうかと思いましたが、このままだと病原菌が居るかもわからないので、米ヌカを5%ほど入れて発酵させ温度を60度以上にして殺菌後に保存した方が良さそうです。

数年間もの時間が節約できて、めちゃラッキーな日でした。


熟成

11月から始めた落葉堆肥作りは、発酵が終わり温度が外気温近くまで下がりました。

P1011750.jpg

落葉もほぼ粉々。

P1011753.jpg

これから先は、熟成期間となります。

この様子だと、春の作付けには使えそう。

どんな野菜ができるのか楽しみですねぇ。


地元猟場

鳥撃ちで、数年ぶりに地元の猟場を回ってみました。

F1002150.jpg

正月休みには一度も鳥猟に行かず、今年になってから初出猟です。

地元にもキジが居ないことはないのですが、人家が近くて撃つことができない場所ばかり。

気兼ねしながら猟をするのは面白くないので、15年ほど前から県北や他県まで出猟しています。

今回は、色々と雑用があり、遠出がしずらくなったのでテンの猟芸を向上させる為にもと思い出猟。


1ラウンド目は、地元では超有名な一級ポイント。でも、だ~れも歩いた様子はありません。よく110番された場所ですからね(笑)

ここでは、攻め方を間違い逆風での刈り込みになりキジが早立ち。もう一羽いるかも?と思い捜索すると、これまた早立ち。でも、射程内なので銃を上げかけたら矢先に小屋を確認。大きなキジでしたが、「さようなら~、また会おう!」


2ラウンド目も、キジとの出会いが多い場所でしたが、造成され様子が変わり付き場が少なくなっています。

これじゃ出会いはなさそう、と思いましたが、とりあえず歩いてみました。結果、やはり居ません。


3ラウンド目、ここは猟期の中盤になるとキジが居つく場所。

人家の横にあるブッシュにオスキジの居ることが多いのですが、今回は久々なのでスルー。近くに人家のない場所で捜索すると、メスキジ3羽と出会いました。

1羽目は、テンが臭いを取って捜索中に早立ち。2羽目は、ガッチリポイントして私の目の前からフラッシュ。3羽目は、犬とは別な方向を歩いている時にフラッシュ。


4ラウンド目は、私がイノシシの駆除をしている地区。

ブッシュに入れるとすぐに着臭し、その後ポイント。7、8m先からメスキジ。その後、同様にメスキジ。

次は池の法面から続く荒地。ここでは、何度もポイントしてコジュケイを産出しましたが、低く飛んで危ないので撃てず。合計10羽以上は居たようです。最近はコジュケイの姿を見ることがなくなり絶滅したのかと思っていましたが、こんなところで繁殖していたのかとビックリ。


5ラウンド目は、以前は必ずキジとの出会いがあった場所。

到着したときに、顔見知りの農家の方に会い雑談を少々。話の中で、春にはキジを毎日見たけど最近は全然見ないとのこと。

1周したけど出会い無し、と思い弾を抜き銃を袋に仕舞って歩いていると、前方でテンが急停止しポイント。あ!と思い銃に手をやるが、ミカン畑で隠れる場所がないのでオスキジが走り、私の目の前から前方に飛んで逃げて行きました。ここは、先ほど農家の方と車の中から話をした場所でした(笑)


と、まあこんな状況でしたが、テンの猟芸が向上したことは間違いなさそうです。鳥猟もあと1ヵ月ですから、もう少しテンにお勉強をさせたいですねぇ。


初漁果

今年になってから初めて川に行ってきました。

ピントが合っていないので全然わからないと思いますが、川舟の下にはハエの稚魚が大量に居ます。

P1041796.jpg

以前は、冬場になったらハエやモロコ等の稚魚が集まって、水中が真っ黒になっている光景を何度も見ましたが、最近では外来魚が増えて数が少なくなったので何年も見たことがありません。

今回、大量に居たといっても、以前とは比べ物にならないくらいの少量ですけどね。

食べると非常に美味しいのですが、資源保護のために止めときます。


獲れた川ガニはこんだけ。

P1041797.jpg


ウナギは、私の手首より太いのが1本だけ。

P1041798.jpg

そろそろ、川ガニも獲れが悪くなったので、北部で積もっている雪が融けて川が増水する前に施設を撤去しないといけないですね。

ほっておいて、昨年のように網が流されると困りますからね。


獲ったどー!

雇用創出事業でイノシシ罠の見回りをしているお嬢様達から、イノシシが檻に入っているとの連絡があり駆けつけてみると、推定30kgが1頭獲れていました。

P1061821.jpg

以前から、檻に入りエサを食べていましたが、警戒しているようで作動用の糸には触れずにいました。

そのうち獲れるだろう、とのん気に構えていましたが、ちょうどお嬢様達の見回り日に引っ掛かりましたね。

お嬢様達は、初めてイノシシが獲れているところを見たと大はしゃぎ。

ついでに、ナイフで刺すようにお願いしましたが、それは却下。


イノシシを観察して納得した後は、トタンを越えてイノシシが入っている畑に行き視察。

P1061816.jpg


農家の方は、今は入っても耕すだけだから構わないけど、ワラを敷いている木の周りをやられると困るとのことで、気休めピカちゃんを木に5基設置。

P1061819.jpg


この農家の方は、今年は絶対にイノシシに入られないような柵を設置する、と作業をしていました。

P1061818.jpg

そこで私が一言、去年もそう言ってましたよ。

いくら工夫しても強度のないトタンじゃあ無理だと思いますけど。

ま、お手並み拝見というとこですね。


草食動物

年末に頂いた、ダイコン。

PC221661.jpg


葉を庭に置いておくと、我が家の草食動物が食べてしまいました。

PC231670.jpg


調子に乗った奴らは、ケージの上に置いていたダイコンまでかじっています。

PC261706.jpg


さらに調子に乗った奴らは、ケージからひきずりおろして3本ほど平らげました。

PC281722.jpg

こうして野菜の残渣などは処理され糞となり排出。

PC281723.jpg

その糞は堆肥となり、野菜が生育していきます。

知らず知らずのうちに、エコな循環型の農業を始めていたようですわ(笑)


丹波黒大豆

元旦に黒豆を食べて思い出しました。

そういえば、丹波黒大豆があったんだ!

14本ほど植え付けて、ほとんどはエダマメで食べたけど正月の黒豆用に置いておいたやつ。

小屋の隅で乾燥させてたのを見つけ出し、サヤから取り出してみると。

P1021784.jpg

お!普通に黒豆じゃん!

ちょいと数が少ないので、今年の植え付け用に手のひら分を残し、あとは豆御飯にでもして食べようかな?

P1021788.jpg

今年は、多く収穫できると嬉しいなぁ。


鳥獣虫被害

住宅地で野菜作りをしているのに、我が家の畑では鳥獣虫被害が絶えません。

鳥では、スズメ、ヒヨドリ、ツグミ等がやってきます。獣類では、ネズミ、イタチくらいで主に肥料をやられます。

それらは特に被害としては大きくありません。最も大きな被害は、やはり虫類ですね。

正月というのに、今回はそれ以外の者からとんでもない被害を受けました。

ダイコンとカブを踏みにじられています。

P1021757.jpg


植え替えたばかりのネギも。

P1021759.jpg


今が食べ時のネギも。

P1021765.jpg

どうも、ネギが好きなようですねぇ。


こちらは、ヒヨドリの仕業ですな。

P1021764.jpg


肥料袋を食い破って、中のぼかし肥まで食べていますね。

P1021771.jpg


お!見つけた!この足跡の主が犯人に間違いない!

P1021758.jpg

この足跡からすると、犯人は、イノシシやシカではなさそうです。

これは、イヌ科の足跡ですな。すると、タヌキか!

それにしては、大きすぎます。

どうも飼い犬のようですなぁ。

犬は、隣接している家屋7軒の内5軒が飼っていますからね。

北西の家は、夜中でもお構いなしで一日中吠え、そして犬舎のにおいがが臭くて困っているテリア。これは、最近姿が見えないので何処かにもらわれて行ったか?消滅したか?でしょう。ということはコイツは白だな。

その隣は、時々吠えるミニチュアダックス。足が小さいので、これも白だな。

その隣は、散弾銃を撃っているような爆音で一日中吠え、体臭が臭い最強最悪なラブラドール・レトリバー。これでも訓練所に2回も預けたらしい。でも、近所迷惑で居られなくなったのか引っ越したからな~。これも白だな。

南東の家は、柴犬。以前は朝早くから吠えていたけど、最近は迷惑だというのがわかったのか?家の中で寝かせている。これも小さな犬なので白だな。

その隣は、よく吠えるミニチュアダックス。テンが反応するので困っている。これも足が小さいので白だな。

う~ん、犬はそれくらいしか居ないけどな~?もしや?犬足のカラスとか?・・・


あ!そういえば、まだ、身近に犬が居たぞ!

こいつらだ!

P1021768.jpg

でも、チコは、若い頃には2mの塀を飛び越えていたけど、今は14歳の老犬となり1mもの柵は越えれない。

テンは、ストロークが長く跳躍力は抜群だけど、何故か?低い柵でも飛ばない。


ん?もしや?しら~としてくつろいでいる、こいつか?

P1021779.jpg

このパルなら、1mほどの柵など助走無しで飛び越えられるぞ。

怪しい!・・・でも足跡には名前は書いていなかったからな。




おい!そこで何しているんだよ!

P1031791.jpg
この画像はやらせです(爆)


お正月料理

元旦の朝には、おせち料理と雑煮を食べ。

P1011742.jpg


夕食では、イノシシ肉のスキ焼。

P1011755.jpg

今日は、山にも川にも行かない予定。

暇だな~、腹ごなしに畑仕事でもするか!ということで、気になっていた発酵肥料の切返しと堆肥作り①の切返しを行いました。

発酵肥料作りは、最後に切返した時に水分量が多過ぎたようで、下部で腐敗臭がしだしました。

積み直しをして腐敗した部分を中心に入れ再発酵をすることに。

P1021777.jpg


堆肥作りは、土の上で行っていますが、発酵肥料作りは、もと犬舎で下部はコンクリートです。

勾配が付いているので、水はけは良いと思っていましたが、駄目ですね。

やっぱ、土間の方が良いようです。



それにしても暇だな~


謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。


PC301734.jpg

P1011747.jpg

今年も宜しくお願い致します。



 | HOME | 

Calendar

« | 2011-01 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">