狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

カボチャの植え付け

夏野菜の苗作りを始めてから1ヵ月以上が経過しました。

P3312214.jpg

何も知らないド素人が始めたので、植え付けまで生長させることができるかと心配でしたが、なんとか本日、本葉が5枚になったカボチャの苗を植えつけました。

P3312215.jpg

ウリ科の野菜は、生長が早くて播種から1ヵ月ほどで植え付けができるようです。なのにそんなことも知らず早くから播種したものですから、まだ霜が下りるこの時期に植え付けしないといけない結果となりました。

それに今の時期だと、最低気温も低すぎるので4月中旬以降で10度以上になる頃に植え付けるのがベストでしょう。でも、ウリ科は少しくらい温度が低くても生長するようですからね。

とはいっても心配なので、行灯仕様にしエンドウの防寒用にするワラのピラミッドも設置しました。

P3312216.jpg

これなら霜対策としては良いのではないかと思いますが・・・ま、結果が楽しみですわ。

P3312217.jpg

昨年は、畑が狭いのに地這い栽培でカボチャを植えたので、蔓がはびこり大変なことになりました。

で、今年はスペースを取らない立体栽培に挑戦です。

P3312218.jpg

2.4mの支柱4本の周りを回りながら蔓を固定していくやり方です。でも、ほんとうは、蔓を触らない方が良いと言う指導をしている方もいるようですけど。

同じ方法で、キュウリの栽培もやろうかと考えています。キュウリの場合は3本の支柱を使います。隣がそれです。


温度計も設置して、日々様子を見守っていくことにします。

P3312220.jpg

野菜作りって、ほんとたのしいですね~。



そろそろブログのタイトル変えるかな?(笑)

スポンサーサイト

今日の晩飯

ネタがないので、本日も「今日の晩飯」です。

P3292205.jpg


ちょうど良いサイズに成長したイカナゴの釜揚げ。

P3292206_20110330110122.jpg

あまり大きくなると味が落ちるので、これよりもう少し大きいくらいまでが食べごろですかね。

これに自家製のイヨカンポン酢をかけて食べます。

P3292208.jpg

イヨカンポン酢には、保存料などは一切入れていませんから、余計な臭いや味がなく、イヨカンの甘い香りと枯れ節の上品な旨みがイカナゴと合わさり抜群に美味しいです。


この焼きおにぎりは、イヨカンポン酢をつけて焼いています。

P3292209.jpg

我が家の焼きおにぎりといえばこれです。

あったかごはんにイヨカンの香りとカツオ節の旨み、それにおこげの食感が加わり、これまた最高に旨い!

見た目は何の特徴もなさそうな焼きおにぎりですが、おそらく初めて食べた方は、その美味しさにビックリする事でしょう。


これは自家製ブロッコリーを、電子レンジでチンしただけのものです。

P3292210.jpg

でも、甘みが強く市販品とは一味違う味です。

こういう野菜は、ボイルするよりチンした方が美味しくて栄養価も高いようです。


これは、自家製のメキャベツを使ったシチューです。

P3292211.jpg

市販のルーで作ってるので、普通にシチューですな。

ほんじつも美味しくいただきました。

ごちそうさまでした!


猪のハンバーグ

イノシシの肉100%でハンバーグを作った覚えがないので、週末に作ってみました。

部位は、モモ肉です。

P3272191.jpg

フードプロセッサーにかけ、野菜、卵、牛乳で浸したパンを入れてこねます。

普通のハンバーグを作る要領と同じです。

P3272190.jpg

調味料は、塩コショウだけ。

それをフライパンで焼くだけと超簡単!

P3272193.jpg

イノシシの肉は牛肉と違い、脂が解け出してきませんね。

P3272196.jpg


出来上がり!

P3272195.jpg
 
旨みが強いので、ソース無しでもおいしく食べれます。

隠し味に醤油を少々入れてもよかったかな?

不満なところが1点、、フードプロセッサーを使用したので、筋が切れていなくて残っています。

やはり、手を抜かずにミンチ器を使ったほうがいいですね。


時間があるときに大量に作って冷凍し、時々取り出して食べるという手もありますね。

そうそう、これでハンバーガーを作るという手もありますか。


今日も美味しくいただきました。

ごちそうさまでした!


からし菜

ここ当分の間、時間がとれなくて、雨が降ったのに川へ舟の水替えに行ってませんでした。

やっと川に行くと、河川敷では、からし菜が生えだしていました。

そういえば、もう、そういう時期ですね。

P3252187.jpg

季節のものですから、花の咲いていないものを、1回分だけ採って帰りました。

P3252188.jpg

これで、パスタを作ると辛味が効いて美味しいです。

春って感じですねぇ~


ネギ丼

昨夏に播種して生長した葉ネギと、冬に播種した間引き葉ネギを卵でとじたネギ丼です。

P3242182.jpg

作り方は、超簡単!ネギを炒めて酒、塩、醤油で味をつけるだけ。

P3242184.jpg

そのお味はというと、間引きネギは思っていた通りに柔らかく、生長したものも予想に反して同じくらいの柔らかさで、噛むとネギ独特の香りとねっちょりした歯触りに舌触り、その後に広がる甘さ、単純な料理ながらこの奥深い味は他に例がないほど。

特筆すべきは、砂糖など一切入れていないのに、この甘さは何?

発酵肥料が、外観だけではなく味にも影響を与えており、相性が抜群だということが証明されましたね。

これで、もうネギ類は見切ったぞ!(笑)


今年初となるイカナゴのくぎ煮を頂いたので、それも賞味しました。

P3242185.jpg

瀬戸内では、これが春の風物詩ですね。

イカナゴが成長してくると、その味わいが徐々に変化して、折々の味が楽しめます。


本日も、美味しい食事に感謝いたします。

ごちそうさまでした。


育苗の経過

野菜の播種から1ヵ月が過ぎました。

P3222181.jpg

色々とトラブルはありましたが、なんとか生長しています。

キュウリやカボチャなどのウリ科は、生長が早いですね。

播種の時期が、半月ほど遅かったにも関わらず、カボチャは、大きく育って本葉が3、4枚になりました。

P3222178.jpg


でも、温度が上がり過ぎたり、凍害でこんなになった苗もあります。

P3222176.jpg


仕事が忙しくて温床の管理ができないので、最近は、夜になると暖房の効いた部屋に移動しています。

来年は、こんなことにならないように工夫する必要ありですね。

P3182161.jpg


苗つくりは、失敗すると時期的に遅くなり過ぎて収穫時期までに生長しない事もあるので、余裕を持った播種を行った結果、大量の苗が育っています。

これ全部予備です。

P3222179.jpg

順調に推移すれば、トマトだけでも30本ほどの苗が育ちます。それ以外のものも植え付け面積を無視した数です。

ま、加工品にしたりするのも面白そうですから、そっち方面で消費の方法を模索しますかね。

という、獲らぬ何とかの・・・てどう?(笑)


震災後

大震災が起こったことと年度末ということで仕事が忙しく、更新が滞っていました。

この3連休も2日間は仕事、休んだ日曜日には、震災後初めての買い物に出かけました。

P3202167.jpg

といっても、買うものは、豆腐とか油揚げ、パン、乳製品程度です。

何か震災の影響があるのかな?と思って色々と見て回りましたが、特に、商品の数が少ないものはなさそうです。

店側から張り紙があったのは、被災地に送ったからなのか?特定銘柄のカップ麺が無いことと、被災地が産地となっているお米が無いという案内くらいです。


カップ麺売り場です。

P3202169.jpg

これだけ物が多いのなら、被災地に送ってあげたら良いのではないかと思いますが、調理をないといけないものは駄目でしょうね。

P3202170.jpg

会社で女性の社員が言うには、トイレットペーパーやティッシュペーパーの在庫がなくなったので買い増したいのだけど、買占めと思われるかもわからないので買えない、と言っていました。

私も、大量に買い置きしているペットボトル飲料が少なくなったので買いたいのですが、一度に多く買うのはやめました。

普段の生活には何の支障も無い当地ですが、これだけ大きな規模の災害になると何かと気を使っているようですね。

こんな考えというのは、日本人ならではなのでしょうか?それとも、温暖で災害が少なくノンビリとした人が多い当地だからなのでしょうかね?


耕運機を買ったが・・・

最近悩んでいたことの一つに、耕運機の購入がありました。

P3122152.jpg

健康の為に人力で農作業をするのが良いと思って今までやってきましたが、畑を増やしたことと土をふかふかにするなら耕運機が良いのかな?との考えからです。

そんな時に、農家の方が、便利だからと使っている耕運機を見せてくれ、使い方まで教えてくれました。

これは買うしかないな、と思い、3月10日にネットで注文しました。

翌日の3月11日の朝に、発送したとの連絡が購入店よりありました。そう!大震災が起こった当日の朝です。

午後に大震災が起こったので、3月12日の到着はどうなるのかな?と思っていましたが、午前中に到着したとの連絡があり引取りに行きました。

持ち帰ってからすぐに組み立て、試運転がてら畑を耕してみると、メチャ楽で良い具合に耕せます。

それに、コツさえつかめば、深く耕すことも可能なようです。

P3122153.jpg

試運転のつもりが、畑の半分までも耕してしまいました。

P3122155.jpg

大震災が起こったのに、こんなことをしていて良いのか?との思いもありましたが、こちらは何の被害もなく世間は通常の生活を送っているだけの状況です。

そして、翌々日の3月14日に、購入したお店のホームページを閲覧してビックリ!

なんと!全ての商品が売り切れて何も無い!

その理由を調べてみると、発電機関係は震災の被災地に送られたようです。

では、その他の機械ものはなぜ無いの?と考えてみると、こちらが台風の高潮で家が浸水する災害が起こったおりには、多くの車やその他の機械が塩害で使用不能になったことから買い替えを余儀なくされたことを思い出しました。

そう、被災された方々が購入されたということなのでしょうね。

もし、私がこの耕運機を購入する決断をしなかったら、被災された中の一人の方が手にしたことでしょう。

なんだか、とても申し訳ないことをしてしまいました。

被災された方への救援活動ができないばかりか、復興の妨げになる行為をしてしまったとは・・・


大震災

東北関東地区において、大地震と大津波が起こり深刻な事態となっています。

遠く離れた当地でも、震度1の揺れがあったようですが、何も気づかず仕事をしていました。

皮肉にも、ちょうど手がけていた仕事が、液状化の検討などの耐震設計計算でした。

大震災の後には基準が改定され検討項目が増え厳しくなりますが、想定外の地震動が起こればそれも役に立たなくなりますね。

究極の考え方をすれば、人間では自然の力を押さえ込んだり対抗したりすることはできないということのようです。

莫大なお金をつぎ込み被害を防ぐ方策をとるより、避難場所までスムーズに移動でき、そこでの避難生活に支障がないような設備や備蓄をする方に重きを置くほうが良いようにも感じました。


こちらで起きた阪神淡路大震災のおりに、震災後に家族や知人の安否を気遣う電話で回線がパンクしたことから、知人への電話を控えて経過をみていましたが、こんな時には、インターネット等で安否の情報を知らせてもらえると非常に安心できますね。


まだまだ予断を許さない状況ですが、亡くなった方々へのご冥福と早期の復興をお祈りいたします。


発酵肥料の効果

昨年の11月から行っていた発酵肥料作りは、なんとか曲がりなりにも出来上がったように思います。

でも、果たして肥効が現れるのだろうか?との不安から寒さで元気の無いネギ類に与えたところ。

P3032130.jpg

ご覧のように生き返った如くに急生長しました。

P3032129.jpg


ワケギも。

P3032128.jpg

素晴らしい効果に感激!

でも、効果が絶大すぎるので色々と調べてみると、ネギ類は、アンモニアが好きなようです。

なので、糞と尿を一度に出す鳥の鶏糞がネギ類には有効という話にも納得。

実は、この発酵肥料作りで最後の辺りに、発酵が進みすぎてアンモニア臭がしていました。

慌てて温度を下げようとしましたが、なかなか上手く行かず四苦八苦。

この失敗のお陰で、ネギには良い肥料となったようですね。

でも、他の野菜にはどうなのだろうか?

春野菜から試してみます。


温床の温度管理

野菜の苗作りで行っている、落ち葉による温床の管理は、今までやっていた積み込み形式の落ち葉堆肥作りとは違い箱形式で行っているので、空気に触れる面積が少ないからなのか?高温になっても急激に温度が下がり苦労しています。

P3082141.jpg

でも、なんとか全種類が発芽しました。

P3082140.jpg

最も発芽し難かったのはナスで、最低温度が20度くらいはないと発芽しないようです。

その次に発芽し難いのはピーマンのようです。同じく最低温度は20度くらい確保したいところです。

ウリ科は、温度が低くても発芽しやすかったですね。最低温度が10度くらいでも発芽しましたが、発芽率が低いので15度以上は欲しいところです。

あと、高温になり過ぎて枯れた苗が2本ほどありました。

2本ともキュウリの苗で、33度を超えたら枯れました。

総括すると、最低温度は15度以上で、ナス、ピーマンに関しては20度以上必要。最高温度は、30度くらいを目安にすると良さそうです。

P3082139.jpg

発芽率が悪いので追加で播種しましたが、温度管理が上手くいき発芽しなかったものも発芽、追加のものも発芽、このまま生長すれば大量の苗ができます。

P3082138.jpg


温床の切り返し後に温度が上がらず、夜に急遽、室内に移動して一夜を過ごしましたが、ご覧の通り非常に良い温度になっています。

食器棚の上に置いたもの。

P3092145.jpg

ナスの発芽には最適な23.6度。

P3092146.jpg


床に置いたもの。

P3092147.jpg

発芽後の育苗なら、最低温度が15.8度でも大丈夫です。育苗期なら10度以下でも、今の所、大丈夫のようですから。

P3092148.jpg

これなら、発芽までは室内で管理して、発芽後は屋外の温床、又は昼間だけハウスで管理するという手も使えますね。

次は、苗が大きくなったら、どのように管理していくかが問題です。

4月の定植までには、まだまだ時間がありますからね。どうなることやら・・・


今日の晩飯

最近は、自家製と戴きものの野菜が多いので、野菜主体の晩飯が多くなりましたね。

P3042134.jpg

ナバナは、マヨネーズを付けて食べるのが好きなので、最近はよく食卓に上がります。

カリフラワーは、定植時期が遅かったので、今頃になって収穫が始まりました。

同じく定植時期の遅かったメキャベツも、やっと食卓に上がりました。

ダイコンは、まだまだ大量に残っています。


本日は、残り物の寄せ集め的な晩飯ですが、なんといってもメインはこれです。

P3042135.jpg

半熟卵がのった、イノシシ丼です。メチャ旨!

本日も堪能しました。ごちそうさまでした!



カボチャ

農家の方に野菜の苗作りをしているという話をしたら、このカボチャが美味しいからと種取と試食をかねて2種類のカボチャをいただきました。

P2282118.jpg

そうそう、ついでにキャベツもいただきました。

瓢箪型の方は、中の色が濃いオレンジ色です。

P2282119.jpg

種は、丸い方にだけ入っています。

P2282120.jpg

このカボチャは、味が濃くて、メチャひつこいです。

肉で例えるなら牛肉の脂身で、食べた後に胸焼けがしそうな感じです。

あまり多くは食べれないかな~?


丸い白い方のカボチャは、普通のカボチャっぽい味で、ほっこりして甘みもあり美味しいです。

これは、私好みですね。


この2種類を入れると、現在のところ5種類のカボチャの苗を作る予定となります。

長期保存ができると言っても、そんなには食べれないですよね。

それよりも、もっと問題なのは、定植する場所が決まっていないことですかね(笑)

どうするんだろう???


エンドウ

エンドウは、冬を越して生長し初夏に収穫する野菜です。

冬を越すには、大きな苗だと寒さで枯れてしまうので、寒さに強い小さな苗が良いようです。

でも、小さすぎると生長が遅くて実のなりが悪い。

絶妙なタイミングで播種しなければならないということですね。


1月中旬に撮ったエンドウの画像です。ワラを立てている場所にある緑色の葉がそれです。

P1141855.jpg

ワラは、蔓を巻きつかせる為にする、ということを聞きましたが、防寒の意味もあると思います。

同じ場所で、現在の様子です。

P2282124.jpg

緑色の葉がまったく見えませんね。完全に消滅しています。

播種時期が早かったようです。


ここも同じく播種時期が早かったので、枯れてほとんど消滅しています。

P2282121.jpg

ここなどは、白い花まで咲いていましたからね。

でも、その時点では「凄い!」と感じていました。もしこれがうまく生長したら来年はもっと早く播種して他の人より早く収穫できるぞ!なんて内心ではほくそ笑んでいたんです(笑)


ここは、良い感じで生長していますね。

P2282125.jpg

実のなりが気になるところです。

P2282126.jpg

最後の川ガニ

今シーズン最後に獲った川ガニは、我が家の定番料理であるカニ飯と味噌汁にしました。

下茹でをして、頭を取り胴を2等分にしたものでダシを取ります。

P2272109.jpg

それをカニ飯と味噌汁用に分けるだけ。

P2272110.jpg


かにの旨みがしみ込んだご飯が、抜群に旨いですよ。

P2272111.jpg

カニの味噌と身を取って、このご飯にまぶして食べるともう最高!至福の時を過ごせます。

残ったカニ飯を翌日食べると、カニの味とご飯が一体化してさらに旨みが増してこれ以上ない旨さです。


カニ味噌と味噌汁は、非常に相性が良くて、これまた最高に旨い!

P2272112.jpg

でも、今シーズンはこれが最後。

来シーズンまで、カニを冷凍保存しておく手もありますが、冷凍すると味が激変して美味しくありません。

来期まで、さらばだ~!


発芽

温床で育苗を始めて10日ほど経ちました。

P2272108.jpg


最初に植えた発芽の遅いピーマンや、発芽の早いキュウリやトマトも芽が出始めました。

P2282116.jpg


今のところ順調に生育しているように見えますね。

でも、こちらのポットではキュウリだけしか芽が出ていません。

P2282117.jpg

何が違うかというと、培養土を変えているんです。

発芽の早い方は、完熟落葉堆肥のみで、遅い方は落葉堆肥とモミガラ、クンタン、土、等が入っています。

まさかこんなに差が出るとは思ってもみませんでしたね。

しかし、完熟落葉堆肥は山から持ち帰ったものなので草等の種が混じっており、それも発芽するという欠点があります。
発酵させて60度以上の温度にすれば種は発芽しなくなるので、米ヌカを5%ほど混ぜて発酵を促しましたが、完熟だったからなのか?温度が上昇しませんでした。


このままだと予定の苗数を確保できそうに無いので、本日、追加で播種することにしました。

温床の温度も下がってきたので、切り返しもしなければ・・・


 | HOME | 

Calendar

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">