狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

イノシシ駆除の準備

白桃の袋かけが、終盤になりました。

P6032680_convert_20110609092938.jpg

3度も撤果を繰り返し、最も良い実に袋をかけます。

最も早く収穫できる白桃は「花嫁」という品種です。今年は例年よりも1週間ほど遅れているようですが、月末までには収穫できるのではないかと思います。

こちらの農家では、「清水白桃」を主体に栽培しているので、早生の「花嫁」は数本しかなく売り物にはしないそうです。なので、熟したら頂けるそうですよ。ラッキー!

白桃が熟して甘い香りを漂わせてくると、それに誘われてイノシシたちがこの周辺に集結して白桃を食害したり、枝を折ったりするので、7月と8月が駆除の強化月間になります。

その時期が近づいてきたので、イノシシの捕獲檻を使用可能なようにメンテナンスし始めました。

草だらけですが、なぜか今年はクズの蔓が少なくてあまり檻に巻き付いていませんね。

P6072721.jpg

本日は、3基の檻を除草をして稼動できる状態にしました。除草作業に使う道具は、手釜のみです。

こちらは、昨年度捕獲実績ゼロの檻です。それまでは、夏場だけでも2度くらいは捕獲していたのですが。

P6072722.jpg

周りがあまりにも荒れすぎてイノシシの通り道が変わったようです。


こちらも、昨年度捕獲実績ゼロの檻です。こちらも夏場だけでも2度くらいは捕獲していました。

P6072724.jpg


こちらは、昨年度、3度捕獲した檻です。上の檻からは30mくらいしか離れていないんですけど。

P6072725.jpg

毎年こうやって除草作業を何度かしていると、年毎に主体となる草が変わりそれに付く昆虫も変わってきます。

今年は、例年よりもカラスノエンドウが多いようです。昨年は異常に多かったクズにカメムシが大量に発生していましたが今年はまったく見かけません。

カメムシが少ない年は、イノシシも少ないのか?こうやって除草作業をしていても、イノシシが出没した形跡があまりありませんからね。

このまま出没しなければ楽なのですが・・・ま、そんな幸せは一度もありませんからね(笑)


今年の目標は、「獲ったイノシシを丸焼きにして食べる」です(爆)


スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2011-06 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">