FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

淡水シジミの調査

23日と24日の2日間は、淡水シジミの研究をしている beachmolluscさん のお手伝いで高梁川水系のシジミを採取に行きました。

なんでも外来種の淡水シジミが日本で最初に発見されたのが、ここ、連島(Turajima)という地名にある用水路だそうです。

PA233615-1.jpg


これが、その外来種のシジミということになりますが・・・

PA233621.jpg

在来種と外来種の差は、中国人と日本人くらいな差なので外観からは判別が付きにくいようです。

貝殻の内側が白色だと外来種(タイワンシジミ)と判別できるという話もありますが、実際にはそんな簡単なことでは判別できないそうです。

一昨年、倉敷市で行った外来生物調査では、支流の「小田川」から下流域の淡水に生息するのは外来種のタイワンシジミだ、と報告されていましたが、同じ場所を山陰のシジミ研究者が調査した結果を高梁川漁協に報告したのは在来種のマシジミだとのことでした。

また、以前に私のブログで紹介した外来生物調査の報告会で聞いた「タイワンシジミは在来種のマシジミを駆逐して繁殖する」という話も確かな確証は無いようです。

なんとも、ハッキリしない話ばかりですね。


ここは、今から45年ほど前に幼い私がシジミを採っていた用水路です。

①-2

昔と比べれば、水路がコンクリートの3面張りになり、水質が悪く藻の発生が多いことが相違点ですね。

その場所で採れたシジミがこれです。

①-4

これも昔と比べれば、色あいが違うように感じます。もっとカラフルで明るい色だったような?

シジミの種類が変わったのかな~?それとも水質が影響しているのか?



ここは、高梁川本流で河川環境に最悪な潮止堰です。

②-1

本来ならば海水の影響を受けて、河川や海の生物、特に稚魚の生育場となる汽水域が形成されるべき場所を何キロも淡水化してしまっています。

この堰堤が無くなれば、河川環境を悪化させている原因のほとんどが無くなることでしょう。

ここには、本来ならば汽水域に生息するヤマトシジミが居るはずですが、淡水化しているので淡水のシジミが大繁殖しています。

②-2

私的には、不味いので要らな~い(笑)


こちらは、高梁川の支流「槙谷(Makidani)川」です。

③-1

今回の調査では、他の支流として「小田(Oda)川」「新本(Shinpon)川」も調査しました。

密度は違えど、どの支流にもシジミは生息しています。

ここ「槙谷川」は、昔から変わらないシジミが生息しているという、地元民の情報から採取を行いました。

③-3


今回の調査で最も驚いたことは、外来種だと言われている「小田川」のシジミと地元の方が昔から居るシジミだという「新本川」のシジミが、色も形も同じだったことです。


さて、今回の調査では、どのような新事実が解明されるでしょうか?

楽しみだな~


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2011-10 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">