FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

天然鮎が遡上

高梁川では、稚鮎の天然遡上が最盛期となっています。

昨秋の長雨による河川流量の増加により、鮎の産卵から孵化、海への降下を阻害していた堰の影響が薄れていたので、天然遡上には期待していたところ予想通りに大量遡上。笑いが止まりません。

これだけの大量遡上は、近年にはありません。

DSCN0517.jpg

ただ悲しいことに、稚鮎にとっては第一関門である潮止め堰の高さが高くて、そこを越えられない稚鮎たちが堰の下流に大量に群れています。

上ろうと必死に飛び跳ねていますが、大潮の満潮時というのに堰を超えられるのは100匹に1匹も居ないような状況です。

DSCN0506.jpg

しばらく見ていると、なんとか堰を超えることが出来るのは体の大きな個体が多いようです。

DSCN0558.jpg

堰を越えることができるほどの体格になるまでは、こうやって堰の下流に群れて過ごす事になりますが、それを狙っているサギ類やカワウ、捕食魚たちの格好のエサです。

DSCN0510.jpg

人工的な魚道は4基設置してありますが、そこを上れるのも体格が大きい固体のようです。それも全体数からすれば微々たる数です。

ここは、数年前に大学の先生の指導により改修された魚道ですが稚鮎の姿は見えません。

DSCN0563.jpg

調査の途中ですが、4基ある魚道の内で最も遡上率が低い値になっています。


反対岸に回ってみると、ここもまったく同じ状況です。

DSCN0568.jpg

さかんに飛び跳ねて堰を越えようとしていますが、越えられるのはほんの一部です。

DSCN0579.jpg

近くに人間の姿があっても、周りで捕食魚が水面上に口を出して大きな水飛沫がしても、遡上行動を中止することはありません。

DSCN0608.jpg


古くからあるこちらの魚道では、ちらほらと遡上するのが確認できます。

DSCN0573.jpg

でも、群れている数の割からすれば微々たるものです。

この堰をなんとか上りきっても次に控えている笠井堰がこれまた難関です。

DSCN0666.jpg

本日は、遡上する姿が確認できませんでした。

1基ある魚道も稚鮎の姿は皆無。

DSCN0662.jpg

こまったものです。

DSCN0663.jpg



遡上の様子は動画でも御覧いただけます。→稚鮎の遡上

注意:堰の周りは非常に危険ですから絶対に近くで見ようと出向かないでください。もし滑って転べば命を失う事につながります。潮止め堰では過去に何十人もの人が命を落としています。


スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2012-05 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">