狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

カボチャの収穫

今年栽培したカボチャが揃いました。

IMG_8913.jpg

左上が「打木甘栗南瓜」1.7kg、右が「赤皮栗カボチャ」2.2kg、下が「宿儺(すくな)カボチャ」3.0kgで50cmです。

「打木甘栗南瓜」は濃い赤色で、ねっとり系のカボチャです。。

「赤皮栗カボチャ」は、明るいオレンジ色で思っていたより大きくこれより大きなものもあります。特筆すべきことは、収穫量が非常に多くて、この大きさのものが1株で20個以上、それも1番生りだけがです。

「宿儺(すくな)カボチャ」は、独特の長い形状が特徴です。50cmにもなりました。
ネットで検索するといろんな形のものがあるようです。
我が家では、こんな感じです。

IMG_8910.jpg

重量は、1.7kg~3.0kg、長さは30cm~50cmでした。

まだ収穫の途中ですが、一番生りで一株当たりに2個くらい収穫できそうです。


このカボチャを知ったのは、NHK出版が発行している本の記事からでした。

それがこれです。

IMG_8907.jpg

本に載っている写真のものと、我が家で収穫したものは瓜二つ、いやいや南瓜二つですね(笑)

いいものが収穫できたと、大いに自己満足ですわ(笑)


でも裏を返すと、地面に触れていた部分には色がありません。

IMG_8912.jpg

お日様が実全体にあたるように立体栽培するか、時々向きを変えるかしないといけないのでしょうね。

まぁ自家消費なのでいいんですけど。


少しネットで調べてみると、宿儺かぼちゃの値段は100gが100円くらいするみたいです。

ということは、この3kgのものだと末端価格で3000円にもなるということですね。

この種は、10粒を420円で買いましたから元は完璧に取りました。

来年からは、今年収穫した実の種を使って栽培すれば種の代金はタダ。

種を100粒くらい残せれば、1株で2個ほど収穫できたので、200個収穫できます。

200個×3000円=60万円となりますな。

またまた獲らぬ狸の・・・ですわ(爆)


スポンサーサイト

ソーセージとアミガサタケ

マルカッサンで作ったソーセージとアミガサタケの料理をジビエ料理店主より送っていただきました。

IMG_8894.jpg

ソーセージは、シンプルにフライパンでソテーしただけ。

IMG_8901.jpg

アミガサタケは、温めただけ。

IMG_8902.jpg

という手間いらずな調理により食べてみました。

ソーセージは、マルカッサンらしい旨みに香辛料がピリリと効いたお味となっており我が家では好評でした。

濃い目なソースに合いそうです。

マルカッサンて鶏肉に似ているように思うので、焼き鳥風とか唐揚げ、つくねなんて料理もいけるかもわかりませんね。



アミガサタケが大量に入ったクリームスープ風な料理は、さすがプロが作った料理というお味です。

お店で食べているものが居ながらにして味わえるって感じですね。

こんなにアミガサタケが入った料理は初めて食べました。アミガサタケって甘い香りだったんですね。

メチャ美味しい!癖になりそうです。

珍しくて美味しい品をありがとうございました。


ごちそうさまでした!


防護資材

ハサミは、どこのお宅にも必ず一丁や二丁は常備していますよね。

用途によりいろんな型がありますが、私が主に使っているのは、野菜の収穫や剪定に使うステンレスのものです。

なかには硬い鉄板を切ったりするハサミもありますが、それは特殊な専門工具のような扱いですかね。

一般的には、紙や糸を切ったりするこういう形のものがよく使われているのではないでしょうか。

DSCN1538.jpg

このハサミは刃物の専門店で買ったので、少し高価ですが良く切れて重宝しています。

なぜこんな所にあるのかというと、イノシシが捕獲檻に入り込んで桃のエサを食べだしたので、扉が落ちるように仕掛けをセットするときに使い、ここに落として帰ってしまったんです。

DSCN1539.jpg

それが2日前のこと。

セットした翌日には獲れるはずだったのに、急に捕獲檻の中に入って桃を食べなくなりました。

人間だと肉眼で見ても判らないほどの、細く黒い糸を1本張っただけなのに・・・

2日目も、やはり食べない。

遠くから見守っていましたが、近くで様子を見てみようと捕獲檻に近づいた時に、ハサミを落としていたことに気づきました。

そして、イノシシがエサを食べに入らない理由がやっとわかりました。

犯人は、ハサミだったということです。

見慣れないものが突如出現したり、少しでも前日からは様子が違ったりすると、イノシシは警戒して近づかないんですね。

この様子から、「イノシシはハサミが嫌いだから近づかない」と考える人がいますかね?

これ、ハサミじゃなくてもオタマでも泡だて器でも同じ結果になっていると思いますけど。

こういう勘違いからイノシシ除けの防護資材が作られて販売されているのではないでしょうかね?

どの資材も、一時的には効果はありますが継続性がありませんから。

有害鳥獣駆除のセミナーに参加したときに、研究者の方が、効果があるイノシシ除けの資材はありません、とハッキリと言っていたのを思い出しました。



な~んていうようなことを考えさせられましたが、今は警戒心を持ったイノシシをまたこの檻の中に入らせないといけないというのが問題です。

とりあえず、また一から始めますかね。

DSCN1540.jpg

60kgくらいな産まずのメスが入りますように・・・(笑)



リスターダデガンジア

リスターダデガンジアという品種のナスを収穫しました。

IMG_8890.jpg

こんなカタカナの長い名前は覚えれませんよね(笑)

すでに何度か収穫しているんですけど、どれくらいの大きさで収穫すれば美味しく食べれるのかわからないので、今回は少し大きめです。


綺麗なナスでしょう。

白と紫それにヘタの緑色も綺麗なので食べるのがもったいないような気がします。

IMG_8891.jpg

だいたいこういう見た目がカラフルだと観賞用で不味いんですよね。

最初は腐るまでどこかに飾っておこうかとも思いましたが、とりあえずどんな食味なのか食べてみると・・・

IMG_8892.jpg

意外にも味が濃くて、料理方法にもよるでしょうが今まで食べたナスの中では一番美味しい。

どうもナス全般に言えることですが油との相性が良いようです。

ただ、漬物にしても美味しそうな気もしますが?

このナスは品種の説明にも書いていた通り、見た目も綺麗で食べても美味しいという逸品ですな。


大きなものは食べた時に少し皮が気になるので、中くらいなものから少し小ぶりなものまで収穫してみました。

IMG_8900.jpg

あまりにも綺麗なので小さなものを収穫するのはもったいないような気がしますね。

でも美味しく食べれないといけませんから。

よくよく考えれば、皮を剥いてから調理するという手もありましたが。


生りが一般的なナスより少ないようですが、我が家の定番品種にしたいです。

固定種なので種取りをすれば、来年も同じものが収穫できますからね。

いやぁ~野菜作りってほんとに楽しいですね・・・夏は暑くてしんどいけど(笑)


獲ったどー!

捕獲檻でイノシシを獲りました!

DSCN1471.jpg

メス親とウリ坊が4頭です。

DSCN1472.jpg

親子連れが獲れたのは久々ですね。

このメス親、15mくらい近づいても寝そべってこちらを見ているだけ。

メッシュがむき出しになっているので立ちたくないのか?それとも目を開けて寝ているのかな?


安全狩猟射撃大会

7月15日は、岡山県安全狩猟射撃大会に行ってきました。

DSCN1230.jpg

選手は、50歳台まで、60歳台、それ以上の3クラスに分かれて競います。

トラップ射撃は、ダブルで30枚撃ち。

DSCN1234.jpg


各人思い思いのフォームで撃ちます。

DSCN1235.jpg

DSCN1237.jpg

スキート射撃は、1番以外シングルで15枚撃ち。

計45枚撃ちです。

今年の最高得点は44点でした。凄いですねぇ~

DSCN1240.jpg

優勝者は、中四国大会に出場できる資格を有します。

中四国大会に出場した選手は、数年間本大会への出場資格がなくなるという処置があります。

この大会を目指して一年間頑張って練習している者もいるので、出場資格がない期間は辛いそうです。

特に高齢者だと気力が失せて、鉄砲の所持をやめてしまおうかとも考えるそうです。

銃の所持者が激減している現状では、特に意味のない規則のような気がするので改正をしたらどうかな?と思いますけど。



私はほぼ毎年選手として参加しているので、今年は別な者に替わってもらい自宅で農作業をするつもりでしたが、なぜか付き添い役に任命され、雑談をして弁当を食べて帰りました。

どうせ行くなら選手の方がいいや!と思った今大会でした(笑)



獲ったどー!

昨日セットした捕獲檻でイノシシが獲れました。

DSCN1242.jpg

ピーチマルカッサンが5頭です。

DSCN1243.jpg

残念ながら1頭は扉に挟まっていました。

時々こういうことになるので両開きの捕獲檻は、長さが2.0mよりももう少し長い方が良さそうです。

残りの四頭は処理を済ませましたが、小さいながらも桃を食べているからか脂があり美味しそうです。

あと3基の捕獲檻にイノシシがエサを食べに来ています。どれも小さい足跡が多いので母仔連れでしょう。

ここもそうですが、なんだかいつもの年よりメス親が小さく40kg前後のようです。

大きなものはくくり罠で獲っているので、その効果が表れたということでしょうかね。


今年は、7月から9月までが駆除の強化月間となっているので、期間中にあと10頭くらいは獲りたいと考えていますが、これから先は暑い日が続きそうですから、イノシシの数より私の体重が激減しそうですわ(笑)

役人は自分がやらないから真夏を強化月間にできるんでしょうねぇ、と早くも愚痴が出る今日の暑さでした。


地ガラス

仕事で郊外の住宅地を歩いていた時のことです。

DSCN1195.jpg

道路に面したプチ畑からカラスが飛び立ち、近くのテレビアンテナと・・・

DSCN1196.jpg

少しは離れたテレビアンテナに止まりました。

DSCN1201.jpg

もしかすると・・・

DSCN1199.jpg


やはり!!

DSCN1202.jpg

トウモロコシは、カラスだけでなくタヌキやイノシシなどの四足も大好きですからね。

我が家の畑のようにトウモロコシを100本以上も栽培しているなら少しくらいの被害は我慢できますが、ここのようにたったこれだけの本数に3羽が目をつけていたら収穫は無理ですね。

もう少し手加減してやってよ!と言いたいところですが、住宅街で生活するカラスは、こういう小さな菜園を周りながら糧を得ているのでしょう。

カラスも大変なんだろうな~

でも自分の畑をやられたら許さないけど(笑)


宿儺カボチャ

宿儺カボチャを収穫しました。

IMG_8881.jpg

ヘチマのような長いカボチャです。

収穫したものは、40cmで2.3kgでしたが、50cmくらいにもなるそうです。

IMG_8886.jpg

もっと長いものも生長していますので、それは50cmくらいの長さになるかもわかりませんね。

IMG_8887.jpg

少し変わった形のカボチャですが、ホクホク系で甘みが強くとても美味しいそうですよ。

飛騨高山で栽培されている品種だそうですから、こちらの気候に合わず食味が違うかもわかりませんけどね。

1~2週間後くらいに食してみることにしましょう。


大玉トマト

今年栽培している大玉トマトの食味を比べてみました。

左がベルナーロゼ、右が桃太郎の固定種アロイです。

IMG_8870.jpg

昨年栽培したF1種の桃太郎は、非常に美味しいけれどハウス向きな品種ということで露地では生りがイマイチでした。

それにホルモン剤を使わないと着果しないというオマケまでついているので、今年は、アロイを栽培してみたわけです。

やはり桃太郎ということで、ホルモン剤を散布しないと着果が芳しくないようですが、何もせずに放置していたらなんとか生長したものもあり収穫できるまでになりました。

食味としては、F1種の桃太郎を超えることは出来なかったようです。

あてにならない私の脳裏に残っている桃太郎の食味と比べれば、味の濃さと甘みのどちらもが低いように感じます。

一方、今年初めて栽培したスイスの伝統品種ベルナーロゼは、味が濃くて非常に美味しいです。

今年のトマトは、アロイ以外はすべて海外品種を栽培していますが、特徴はどれも味が濃いことですね。

桃太郎と比べればどうかというと、同時期に栽培していないのでハッキリとは言いきれませんが、桃太郎の方が切れが良い食味という印象です。

来年は、桃太郎とベルナーロゼを栽培して同時期に食味を比べてみたいと思います。

覚えていたらですけどね(笑)


手伝い

イノシシ駆除の手伝いをしてもらうことになりました。

DSCN1213.jpg

二名が月曜日から金曜日まで、毎日のエサ運びと見回りをしてくれます。

DSCN1214.jpg

本日は、キャリーに10箱の桃を捕獲檻まで運んでもらい要領を説明しました。

真面目に取り組んでくれそうなメンバーなのでほっとしているところです。


私が先週の土曜日に入れた桃はすべて食べ尽くしていました。

イノシシが桃のエサを食べに来ている捕獲檻の数は6ヵ所。

なぜかどこも30kg前後の足跡ばかり。

まだ始まったばかりなのに、大量捕獲の予感が・・・



今日の収穫

今日の収穫は、ニンジン、カボチャ、キュウリ、ズッキーニ、大玉トマト、中玉トマト、ミニトマト、エダマメそれに・・・

IMG_8865.jpg

スイートコーン、ピーマンです。

IMG_8864.jpg

ニンジンは200本ほどありましたが、これが最後の収穫となります。

ズッキーニもこれが最後になりそうです。
今年の種類は、青臭さがなく柔らかで甘みもありとても美味しかったです。
我が家の定番品種にしようと思い、現在、種取り中。


スイートコーンは20本収穫しましたが少し時期が早かったようです。

IMG_8862.jpg

レンジでチンして試食しました。

IMG_8868.jpg

一粒の大きさは小さいですが柔らかくておいちい。

未収獲のものがあと30本以上あるので、それは普通の大きさにしてから収獲しようと思っています。

ちっこいヤングコーンも収穫して食べましたし、自分の好みで収穫時期を決めれるというのはいいですね。


また獲ったどー!

イノシシを2頭獲りました!

DSCN1117.jpg

推定30kgのオスとメスです。

朝の6時頃に農家の方から、「檻に中くらいなイノシシが2頭入っているで」と電話連絡がありました。

すぐに止めに行こうかと思いましたが、何か月も処理施設を使っていないので先に受け入れ準備で漂白剤入りの洗剤を2瓶使って掃除をしました。

塩素と書いてありましたが、ゴム手袋が見当たらなかったので素手でやったら指の皮が溶けて痛くなっちゃいました。

やっぱりね(笑)

壁から天井まで掃除をしたので、結局止めに行ったのは午後からになり、運悪く昼からどしゃ降り、イノシシも私も泥だらけでずぶ濡れです。

DSCN1118.jpg

ちょうど扱い易くて美味しそうなサイズですね。

一頭は地元の方がお持ち帰り、もう一頭は友達が皆で解体して焼き肉をするそうです。

みんさん楽しそうでいいですねぇ~


獲ったどー!

今シーズン初となるイノシシを獲りました!

DSCN1112.jpg

といっても、こんなにちっこいんですけどね。

DSCN1114.jpg

でも、農家の方は喜んでくれて、次のイノシシを獲るためにエサ用の桃を確保してくれました。

DSCN1116.jpg

獲ったイノシシは、焼き肉にしたいという農家の方の申し出により差し上げましたが、舞い上がっていたので私が教えた処理の仕方が頭に残っていないと思われます。

美味しく食べれればいいのですが・・・というまえに不衛生にしてお腹を壊さないように(笑)

これって自己責任ですよね(爆)


今日の晩飯

今日の晩飯は焼き肉。

IMG_8849.jpg

肉はイノシシのロース肉、野菜はニンジン、タマネギ、ピーマン、ナス、ジャガイモ、インゲン。

何の特徴もないただの焼き肉です。

そして、食材費はいつものようにタダ。

これ以外にも、キュウリの漬物2種やトマトも自家製です。

IMG_8851.jpg

今日が初収獲となった海外品種の大玉トマトですが、桃太郎に似ていてけっこう美味しい。

今年食べた大玉トマトの中では、皮も薄くて味が濃く甘みもあり一番美味しいですね。

これは我が家の定番品種になりそうです。


そしてデザートは、白桃とスモモ。

IMG_8853.jpg

スモモは頂き物で、100個くらいあります。

白桃はもう食べ飽きたかも(笑)


 | HOME | 

Calendar

« | 2012-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">