FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

川のゴミ検証

先日、川ガニの網に入っていたゴミ60リットルの中身を検証してみました。

DSCN2207_20130112234441.jpg

多いのは、いつものように農業関係のものです。

肥料や堆肥袋は、毎回何枚もありますね。

DSCN2211.jpg

河川全体としては、途方もない数でしょう。

そのほぼ全てが海に出て潮流に流され、どこまで行くのでしょうか?

その途中で、ウミガメが食べたりするんですよね。

DSCN2212.jpg

これらのものは、昔のように全て紙にしてもらいたいものです。



育苗用のポットも毎回ありますね。

DSCN2213.jpg

これも紙のものや分解が早いものもありますから、すべてそういったものにしてもらいたいです。


現在流れてきているものはいつ頃捨てられたものなのだろうか?という疑問から食品の消費、賞味期限を調べてみると。

賞味期限12.12.11

DSCN2218.jpg


消費期限12.11.1

DSCN2219.jpg


消費期限12.10.25

DSCN2215.jpg


消費期限12.9.28

DSCN2216.jpg


賞味期限12.9.27

DSCN2217.jpg

一番古いもので、3ヵ月半ほど前のものですね。

古いものは、かなり上流から流れてきたということでしょうか。

国土交通省管理の下流域では、今年の3月までで河川敷での耕作は許可が切れて継続はできなくなります。

3月以降はかなりゴミの量は減ると思いますが、上流域からのゴミも結構な量がありそうです。

本流、支流とも中上流域で県管理の区域でも耕作の禁止をしてもらいたいですね。

これだけ農業関係のゴミが平気で捨てられているということは、耕作の条件として農薬を禁止していますがそれも守られてはいないでしょう。

昭和40年代に農薬の影響で河川や水路で魚類や昆虫が大量に死んでしまい、いまだにそれ以前にまで回復していませんから、今は毒性が弱くなったと言っても農薬の影響は大きいということですかね。

人が入るところには必ず自然に対して悪影響を及ぼす物が持ち込まれますから、河川区域は全面的に立ち入り禁止にすべきだと思います。

そういえば、山陰のある河川では、河川敷へは入れないようにすべてチェーンをして鍵を掛けているのを見ました。

マナーの良い人なんてのは、ほんの一部ですから、そこまでするのは当然のことでしょう。

カニ漁でゴミを持ち帰らないですむ日が来るんだろうか?


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2013-01 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">