FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

伐採木の配布

数年前から国土交通省の河川局では、流下阻害という理由で河川敷の雑木を伐採しています。

DSCN2583.jpg

流下阻害って、何の流下を阻害しているのでしょうかね。

普通に考えれば、河川の増水時に水の流れを阻害するからのように思えますが、洪水が堤防を越える原因になっている高さが3mもあるような堰なんかは何の対策もせずにほったらかし。

もしかすると、河川が増水したときに木に引っ掛ったゴミがいつまでも残っているので、景観上見苦しいとかなんとかいうクレームがあったので、伐採しているのではないかとも考えられます。

要するに、ゴミの流下阻害になっているという理由ではないかと?・・・おそらくそうでしょう。

この伐採と除根により、どれだけ多くの貴重な動植物が居場所を追いやられたり死滅したことでしょうか。

この場所は銃猟禁止区域なので、国鳥である多くの雉も生息していました。環境の悪い場所に追いやられ繁殖もできず天敵に捕食されたりしてしまうでしょう。

生物多様性とか河川環境の保全とか、実際は絵に描いた餅ですね。


という行政批判が目的の記事ではなく、日曜日には、この事業で切り倒された木を配布するというのでもらいに行ってきたという主内容です。

朝の9時から15時まで配布するということだったので、早めの8時40分くらいに現地に到着すると、すでに50台ほどの車列ができていました。

DSCN2577.jpg


時間待ちの間に、係の人がこれを持ってきました。

DSCN2578.jpg

ふむふむ、20本くらいまで積めるってことね。

駐車スペースが40くらいのようで、積んで帰ったら次の車が入れるというシステムになっていました。

しばらく待って、配布場に着くとこんな感じです。

DSCN2580.jpg

綺麗に並べているので手間が大変だったでしょうね。それに警備員も多く居ましたから、無料配布なのに結構なお金を使っているでしょう。

皆さんお目当ての木があるようで、歩き回って探している方もいます。

私はというと、ヒラタケ栽培用にヤナギを数本と、後は目の前に積まれている木を無造作に積んで持ち帰ります。

積んだのは、ケヤキが多かったようですけど。

DSCN2581.jpg

帰り際に、顔見知りの国土交通省の方と雑談をしていると、もう一度取りに来ても構いませんよ、とのことでした。

そういえば、1回だけとは書いていませんでしたね。

ということで、近くの借りている畑に荷を下ろして、次は、エノキだけを選ってお持ち帰り。

DSCN2595.jpg

ヤナギより長く茸がでるようです。

例によって、今回も少しお持ち帰りの量が多すぎますかね。

茸が生え出したら食べきれないな(笑)


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2013-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">