FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

外来種についての持論

朝一番で役所から電話が入り「”ヌートリアを獲ったので処分して欲しい”と住民の方から依頼があったのでどうしましょうか?」とのこと。

「許可なく獲ることは違法なので、それを処分する権限は私にはありません。そちらで考えて指示してください。」と返事をして電話を切ると。

ほどなく電話が鳴り「処分をお願いします。」とのこと。

役場の担当者と現地へ行くと、ダイコンとホウレンソウが被害を受けていました。

DSCN2429.jpg

そして、案内された場所にはヌートリアが・・・

DSCN2430.jpg

なんと、箱罠で獲っていると聞いていたのに違法なトラバサミ、それも緩衝材が付いていない。

依頼者のおばさんには、「気持ちはわかるけど、獲ることも違法なら道具も違法だ」と言うことを教え、今後はこのようなことが無いようにと話し、「依頼があれば許可を持っているものが罠の設置に来ますから」と言うと、「そんなこと言うても私は獲るで」と開き直ります。

「それならこの場で取り締まってもええんかな?」と言うと無言になりましたが、またやるでしょうねぇ。

困ったものです。

現在では違法となったトラバサミで獲ることは論外と言わざるをえませんが、ヌートリアは外来種なので国としては絶滅させたい種ですから獲ることを規制する必要がどこにあるのでしょうか?

そう、私の考えでは、困ったというのは法律の方なんです。

なぜ規制しているのかというと、法律が狩猟鳥獣に指定されると許可なく捕れないような仕組みになっているからです。

狩猟鳥獣に指定しておけば、ハンターは何でもいいから撃ちたい人種なので撃ち殺して数が減るだろ、なんて考えなんでしょうが、そんな奴はおらん!

とっとと外来種は狩猟鳥獣から除外して誰でも獲れるようにしなさいよ!

ただし、現行の法律では銃が使えなくなるでしょうけど。

それは、お得意である、解釈をこねくり回して正当化すればいいだけではありますけどね。


外来生物の調査発表会では、「これだけ増えたヌートリアを絶滅させることは無理です。共存の道を探しましょう。」なんてことを言っていました。

おいおい!過去に人間の欲の為にどれだけ多くの種を絶滅させて来ているんだよ、現代人の異常な金欲を
刺激すればヌートリアなんてちょろいもんだろう。

隣の市では、報奨金を1頭当たり5千円以上も付けているので、ほぼ壊滅状態。

しかし、減っても隣接市から移住するので絶滅までには至らない。

国を上げて行わないと意味がないということだ。

たとえば、1頭1万円の報奨金で1万頭捕獲すれば1億円、10万頭で10億円、国の予算からすれば微々たるもの。

一気に激減させれば、増える数より捕獲する数の方が上回りいずれは絶滅ということになるだろう。

現行のように、ちびちびと減らしていると永遠に捕獲を続けることになり、本来は罪が無いヌートリアを駆除し続けなければならなくなる。

こんな事を書いても、経済成長にしか目を向けない多くの日本人には理解できないし、興味も湧かないネタなんでしょうな~


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2013-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">