狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ジャガイモ被害

瀬戸内海沿岸部で、またまたまたイノシシが出没しました。

タケノコ被害が終わったかと思ったら次はジャガイモとサツマイモの蔓です。

DSCN2973.jpg

今までジャガイモの被害は聞いたこと無かったですが、食べる物がないのでしょうね。

植付けたばかりのサツマイモの蔓まで掘り起こしていますから。


畑一面に親子の足跡が残っています。

おや?光りで防護する資材が沢山設置してありますね。

DSCN2974.jpg

被害者の方に「これ効果あったの?」と問うと「設置して直ぐは来なくなったので効果があると思ったけど、今はこの通りで何の効果もないわ」とのことでした。

これだけ沢山設置できる資金があるのなら畑全体をワイヤーメッシュで囲えたのに、もったいないなぁ。


肝心なイノシシは、今年の仔と昨年の仔、それに親が数頭で10頭以上の集団と思われます。

良い獣道が何本もありますね。

DSCN2976.jpg

くくりワナを2名で2ヵ所設置しました。今回も私は見ているだけ(笑)

DSCN2979.jpg

ご苦労さまでした!

DSCN2980.jpg

早く掛ると嬉しいな。


スポンサーサイト

ソラマメの収穫

ソラマメを収穫しました。

こちらは、イタリアで人気のファーべという品種で、昨年に種取をして育てたものです。

IMG_9272.jpg

長細くマメの数が多いので一粒が小さいように思われるでしょうが、意外に大きいです。

IMG_9273.jpg


こちらは、一般的な3寸マメです。

IMG_9275.jpg

上の種類とは形と色が少し違いますね。

大きさもいくぶん大きいようです。

IMG_9276.jpg

量的には多く収穫できたので、そこそこ満足なのですが、非常に残念なことに収穫時期が遅すぎて塩茹で美味しく食べれる時期を過ぎています。

熟れすぎると、水分と甘みが少なくなるんですよね。

お歯黒の部分が黒くなっていると熟れすぎで、左の薄黒くらいが適期のようです。

IMG_9274.jpg

昨年は美味しく食べれたのに今年は最悪でした。

3日前に来た時に収穫しておけばよかったな~、残念!


タンパク源

借りている畑の近くにある池です。

DSCN2963.jpg

用水池で、色んな動物が見られます。

カワセミも居ますし、冬になるとマガモやカルガモ、バン、ヌートリアの付場にもなっています。

今年は、こいつらが大繁殖したようです。

DSCN2964.jpg

浮き草が繁殖して、天敵から身を隠せる場所が確保できたのが原因ではないかと思います。

DSCN2965.jpg

ざっと見て100匹くらいは居そうです。

これだけ居れば、災害時の非常食になりますね。

野菜も良いけど、タンパク質の確保も重要ですから(笑)


初収獲のズッキーニ

借りている畑のズッキーニが大きく育ちました。

DSCN2959.jpg

長さが30cmくらいにもなっているので初収獲をしました。

DSCN2961.jpg

3ヵ所の畑に植付けたズッキーニは合計で10株。

これだけ植え付けていると、最盛期にはほぼ毎日のように収穫しないといけなくなりますね。

直売所にでも並べればよさそうですが、田舎なのでズッキーニのことを知らない人が多くて、おそらく買う人は少ないでしょう。

乾燥して保存食とかにならないかな?


獲ったどー!

最近は畑の作業ばかりで有害捕獲の活動はしていないように思われているでしょうが、実は、ちょこちょこ我班ではイノシシ、アナグマ、タヌキなどの獣類を獲っています。

DSCN2948.jpg

私はイノシシの罠を仕掛けていませんが、その代わりに罠初心者4名が熱心に活動しています。

やり始めは楽しいので、最近の暑さも気にならないようです。

すべて任せてしまえば楽なのですが、なぜか仕掛けて見回りまではしますが、掛ったあとの止めやら解体などは「やったことないからできない」そうなので私にお呼びがかかります。

今の所、イノシシの成果は少ないですが、秋頃には腕を上げて毎日誰かが捕獲なんてことになったら大忙しですね。

必要以上に頑張らないようにお願いします(笑)


ま、また借りた

先日借地した土地は、イノシシ捕獲用の道具小屋を建てるという考えもありましたが、すぐにどうこうできないので、とりあず貸主が心配していた草を生やさないように耕耘して余り苗でも植え付けることにしました。

空いた時間にちょこちょこ作業をしていると、見知らぬ老人がやってきて「あんたようやるなぁ、わしの畑も作ってくれんか?」と話しかけてきました。

冗談かと思って適当に笑って話していると、なんだか本気っぽくて「すぐそこの小屋があるとこじゃけん見んか?」と言います。

え!小屋があるの?

そちら方面を見ると、そこにはシャッターが付いている車庫らい小屋があります。

DSCN2953.jpg

そして畑は、その後ろに細長く100坪くらいあるようです。

ここなら念願の小麦栽培が出来そうです。

とりあえず、「考えて連絡します」と返事をして地元の有力者に相談すると、「人柄は大丈夫なので借りてあげたら」とのことで仲介者になってくれました。

そして契約成立。またまた借地料はタダ。

小麦の種蒔きは秋から冬なのでそれまでは放置かな~

でも、草は生やさないようにしないといけません。

草を生やさないという条件で行政から補助金をもらっている場所もありますし、草の管理ができないから無料で貸して草の管理から開放してもらうというのが貸主の希望ですから。

草生栽培もやってみたいけど、自分の土地じゃないと無理ですね。


希望の小屋があっさりと手に入りラッキー!


カワウの一斉追い払い

本日(5月18日)は、中国地方5県の河川で内水面漁業協同組合により一斉にカワウの追い払いを行いました。

高梁川漁業協同組合でも、午前11時に各役員の担当地区で花火の打ち上げを行いカワウを追い払いました。

DSCN2941.jpg

岡山県でのメイン会場が、私が担当する河口の潮止堰になったことから、多くの報道関係者が詰めかけ取材を行いました。

この潮止堰は、魚道の数が少なく機能も悪いことから大部分の稚鮎はこの場所で足止めされます。それを狙って多くのカワウやサギ類が堰の周辺に居付いているわけです。

稚鮎の遡上は満潮時刻近辺で最も活発に行われるのですが、ちょうど追い払いの時刻が干潮時刻と重なったことから近くに鮎の姿が無かったのでしょう、カワウの数が少なくて花火の音で飛び立ったのは20羽ほどでした。

その後は、河川工事を行っている業者の協力により、魚道の上に糸を張りカワウやサギ類を魚道近辺に来させないようにする対策を行いました。

DSCN2943.jpg

糸をくくり付けている竹竿は、流されないよう鋼製の台と土のうで固定します。

ちなみに、この施設は、国土交通省に申請書を提出して許可を受けています。

DSCN2945.jpg


使用した糸は2種類。

DSCN2946.jpg

2種類とも鳥除けとして販売しているものですが、狙っている効果が異なります。

右のものは、断面が円形ではなく凸凹になっているので、光が反射して目立つようになっています。
鳥に対して、「ここを飛ぶと危険ですよ」と知らせる目的ですね。

左の黒いものは、鳥からは見えないので、飛んでいる鳥に引っ掛るようです。
鳥からしてみれば、大事な羽が突然何かに引っ掛り、その何かが解らないのでパニックになり恐れて近寄らなくなるそうです。
そして、それを見ていた他の鳥も恐れて近寄らないとか。

カラスでは、黒い方が効果があるという結果が出ているそうですが、カワウの場合はどうでしょうね。



花火による追い払い効果ですが、地上で休んでいる鳥たちは飛び立って逃げますが、潜って魚を追いかけている鳥たちには聞こえないのか、打ち上げ直後でも平然と泳いでいました。

そして、飛び立ったカワウもしばらくすると戻ってきて同じ場所付近に降りました。

再度、花火を打ち上げると、次には対岸側に降ります。

追い払いは一時的なもので、魚の食害を減らす手段にはなりませんね。


実は、今回の追い払いは一斉駆除という事だったのですが、倉敷市がカワウの駆除許可を出さなかったので追い払いだけしかできませんでした。

許可を出さない理由が、道路と民家があるからということでした。

なるほど道路と民家はありますが、川向うで距離が1000mほど先なんですけどね。

ライフルならともかく、散弾銃では川の中ほどまでも届かないでしょうに。

なんといいますか、これぞお役所という対応ですわ。


カワウ1羽が一日に食べる魚は約500gくらいだそうです。

仮にカワウが1000羽いれば一日に食べる魚の量は500kg。

魚の値段は、天然アユだと1kg当り8000円、平均して1kg当り4000円とすると、一日当たりの被害金額は200万円にもなります。

高梁川流域には、おそらく数千羽は生息していると思われますから、莫大な被害金額ですね。


新たな借地

私が受け持つ駆除担当地区で、いつものように雑談をしていると、何故か?土地を借地することになりました。

なんでも土地の管理ができなくて困っているとか。

管理と言っても草刈だけですが、慣れないと苦痛なようです。

それなら草刈くらいしてあげるから、という話になり借地すことになりました。借地料はダダ。

使い道は特に考えてはいませんが、広い道路に接しているので道具や資材置場には良さそうです。

DSCN2888.jpg

広さは100坪くらいでしょうか、狭いのでそんなに多くのものは置かれないですね。

とりあえず、地主が心配している草刈をしました。

DSCN2889.jpg

使わずに草刈だけするのももったいないので、余った苗でも植え付けようかなぁ?

ここから奥が、ずーと続く耕作放棄地です。

全部借地して専業農家という手もありますがねぇ(笑)


旅立ち・・・チコ

平成25年5月1日17時10分、愛犬チコが旅立ちました。

20070710174007[1]_convert_20130501222714

平成9年10月21日生まれで16歳6か月でした。

その日の1週間くらい前からドッグフードの食事を食べなくなったのでご飯と猪肉を与えていましたが、徐々にそれも食べる量が減り、起き上がらなくなり呼吸するのが辛そうなようすで、その日の朝には、もう今日でお迎えが来そうだと覚悟していました。

17時頃に帰宅すると、頭を持ち上げてこちらを見たので、今日もなんとか無事だったと安堵して、頭を撫でて食事の用意をして外に出ると、姿が見えず探すと裏庭で横になっていました。

私の帰りを待っていた・・・


いままで、悲しみとまだ受け入れたくないという気持ち、それに活字にする気持ちになれなかったのでお知らせが遅くなりました。

今頃は、神様と遊んでいると、幼い娘が話しています。

いままで可愛がってくれた方々、ほんとうにありがとうございました。



チコよ、生まれ変わったら、また一緒に遊ぼうぜ!


新タマネギ

4月は年度初めなので日々忙しくてネタは豊富ですが、記事にする気力と時間が無くて更新が滞っています。

今日から5月なので、畑へ苗を植え付ける適期になりました。

遠い畑に草刈や耕運に行き、植えつけているタマネギの様子をみると。

DSCN2890.jpg


少しだけ植えつけている、早生タマネギはよく肥大しています。

DSCN2891.jpg


数株の茎が倒れて収穫適期を示していますね。

DSCN2893.jpg


3個ほどお持ち帰りして試食してみることにしましょう。

DSCN2894.jpg


調理方法は、新玉ねぎでは定番の卵を絡めた炒め物。

DSCN2898.jpg

自分で作った培養土に種を蒔き苗を育て、自家製の発酵肥料を与えて生長、それを収穫して食べるので満足感は満点です。

肥大させるための水やりは一切していないので市販のものより味が濃いような気がします。

まあ、気がするだけかもわかりませんけどね(笑)

気に入った品種が見つかったら、次は種取もしたいと思っています。


 | HOME | 

Calendar

« | 2013-05 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">