狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

おうちゃくネギ

友達から、「ネギの苗ができたので取りにおいで」と電話がありました。

以前畑で見せてもらった変わったネギのことで、名前がおうちゃくネギと言います。

これがそのネギの苗。

IMG_0244[1]

苗と言っても少しおおきくねぇ?と思われるでしょう。

実は、苗はネギの先端に付いているこれです。

IMG_0245[1]

なんと!ネギの先端に付く筈の通称坊主という種の代りにネギの苗が付くという変わった品種。

手に持っているこれを土に差し込むと根が出てネギの株になります。

IMG_0246[1]

どうです、凄いでしょう!

こんなの見たことありますか?私は初めてで超驚きましたよ。

ここで念のために言っておきますが、画像処理して普通の葉ネギの先端にネギの株を付けたわけではありませんから(笑)

それに、今日はエイプリルフールでもないので、誰かのように見え見えの嘘で騙すつもりでもありません。騙されたふりをするのも面倒でしょうからね(笑)

私的には、久々のヒットで超ビックリ、面白かったです。

名前もいいですよね。種を蒔かなくても作れるという、ほんと、おうちゃくができるネギです。

全部持って帰ってもいいよ、と言われましたが、そんなにあっても使えないので少しだけもらって帰りました。

これが超美味しいと嬉しいんだけどなぁ~。


スポンサーサイト

イチゴの害虫、害鳥除け

我が家のイチゴです。

IMG_9441[1]

大きくて美味しそうだけど、味と香りがイマイチな感じ。

IMG_9442[1]

一昨年、同種類のを栽培して食べたら抜群だったのに・・・わからん!

作り方、失敗したかな?


話は変わって

ナメクジはイチゴが好きらしくて、地面にあると穴ぼこだらけにしてしまいます。

それだけなら切り取ってたべるけど、這った跡のヌルヌルがテカテカ光っているのはいただけない。

見ただけで食べたくなくなる。

ということで、ナメクジの食害防止のために糸を張って空中にぶら下げています。

IMG_9443[1]

でも、これでも食べるナメクジはいますけど。


敵は地上からだけではなく、空を飛んでもやってきます。

いつも、上空をカラスが飛んでいるので、カラス除けの黒糸も張っています。

IMG_9444[1]

カラス対策としては、この方法が一番効果があると思いますよ。

今年のは、カラスにやっても惜しくないけどね(笑)

ジャムにでもして食べよっと。


グリンピースの食べ比べ

ここんとこ毎日行っている作業の一つが、グリンピースとキヌサヤエンドウ、スナップエンドウの収穫。

適期に収穫するとメチャ旨いので、一つずつ確認しながら収穫しています。

といっても、一瞬で判断するので普通に収穫するのと変わらないくらいな手間ですけど。

でも、しょっちゅう間違って実が大きくなっていないものを収穫したりもしますけどね。

この収穫作業、結構手間がかかり全ての場所を廻ると3時間くらい必要です。

夕方の4時くらいに出発して7時半くらいまで作業をしています。

帰宅後、食事を食べてすぐに筋を取ったり実を取り出したりの下処理をします。

IMG_9440[1]

それにかかる時間が、一人でやると3時間以上、家族総出でやれば2時間くらいかな。

その後、早急に下茹でをして終了。

IMG_9439[1]

翌日にでもやれば少し楽かもわかりませんが、早く処理した方が美味しいような気がするんですよね。

で、昨日は、妻が実家に差し上げるとのことで、夜の下処理から逃れられました。

でも、大量にあったので半分ほどが家に残っています。

本日は雨で収穫量はいつもの半分以下でしたが、残っている昨日のものも一緒に下処理して茹で上げました。

上の写真で、左が本日収穫分、右が昨日収穫分。

下処理をしているときから莢と実の瑞々しさが全然違っていたので茹で上がりもかなり差があります。

アップで見ると、本日のものは艶があり美味しそう。食べてみると、いつも通りに柔らかくジューシーで甘くて美味しい。

IMG_9437[1]

グリンピースなんてただの飾りで美味しいなんてことないよ。と感じている方が多いと思いますが、実はめちゃ旨なんですよ。

昨日収穫したもののアップがこちら。

IMG_9438[1]

艶がねぇー!一目瞭然ですね。

で、食味はというと、やはりジューシーさと甘味が少ない。思っていた通りの結果ですね。

野菜は採れたてが一番美味しい、というのは間違いなさそうです。


タンパク源

一年前に、持ち主が草の管理に困っているという話しから、なぜかしら気が付いたら私が借りることになってしまった畑。

IMG_0219.jpg

私が借りても、草はいっぱい。

この畑には地蜘蛛が多く無農薬栽培には好都合なので、できるだけ草を残すようにして栽培しています。

ただ無精なだけだとも言えますが(笑)

環境が良いと、こんなものまでウロウロします。

IMG_0218.jpg

虫食べたり、栽培している豆食べたりしているのかな?

たらふく食べて太ってね。


この上にも畑があるので、そこで鶏でも飼おうかと思っていたけど、こっちの方が旨そうだな(笑)


タンポポもかぁ

我が家の駐車場に咲いているタンポポ。

IMG_0215.jpg

今年は多いですね。

IMG_0216.jpg

なんでも根っこが強壮剤になるとかで韓国辺りでは食べ尽くしてしまったとか?という話を聞いたことがあります。

本日は、そういう噂話とは関係がないネタ。

IMG_0217.jpg

最近のタンポポは刺々しいと感じていましたが、このタンポポって外来種らしいですね。

ガクの部分で見分けるとかで、ヒラヒラしているのは外来種で在来種はそれがないそうです。

そういえば、昔のタンポポはこんなんじゃなかったなぁ。


最近は、なんでもかんでも外来種で、タンポポお前もか!って感じですね。

なんだか綺麗だと感じなくなっちゃたわ。

みんなで食べて絶滅させましょうか(笑)



グリンピースを収穫

はじめに、カメラのレンズを何者かが触ったようで、汚れて画像の半分に靄がかかって見ずらいです。

自宅の裏庭で栽培しているグリンピース。

IMG_0209[1]

毎日見ていたのに収穫適期を見逃していました。

IMG_0210[1]

さやが白っぽくなり、中の豆も硬く白っぽくなっていました。

緑色で柔らかだと甘味が強くて美味しいんだけど失敗したな~

慌てて沢山収穫したけど収穫には少し早すぎるものも多数ありました。

IMG_0214[1]

今年は、グリンピースを43mくらい栽培しています。

このざるでおそらく1.5mぶんくらいでしょうから、全体量だとこの30倍ってとこですか。

もっとあるような気もするけど・・・

他の場所のものは、収穫適期までにはあと1週間くらいありそうなので、こんどは失敗しないようにしなくっちゃね。




 | HOME | 

Calendar

« | 2014-05 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">