狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

巨大な桃

お詫び
最近、コメント欄に内容とは関係の無い書き込みが多発していたので、「承認後に表示」に設定していたところ、承認するのを忘れて放置し、私のコメント返しだけが表示になったりしていました。コメントを頂いた方、申し訳ありませんでした。色々とうっかりすることも多く、物忘れもひどい状態ですが、そういう奴だとあきらめてお付き合いのほど宜しくお願い致します。



桃のシーズン真っ盛り。

今年は、雨が少なくて糖度が高いようです。

IMG_0358.jpg

こういう年は、玉太りが気になりますが、梅雨には少し降ったからなのか、こんなデカいのが収穫できました。

IMG_0360.jpg

でも、もっとデカいのがあり計ると850gです。

IMG_0365.jpg

これ1個食べたら満腹になりますね。


あ、そうそう一番上の写真の木は、1本まるごと収穫した桃は私にくれるそうです。

なぜって、私が袋を掛けたから。

昨年は、同じ理由で1本まるごとブドウの房をもらいました。

いやはや農家の方は豪快ですなぁ。

食べきれねぇ~


スポンサーサイト

スイカを初収穫

スイカ畑。

IMG_0373_20140728235033af8.jpg

一番生りの一番着果(6月11日)が、受粉して45日を過ぎ収穫の判断をする時期になりました。

前後の蔓の枯れ具合、よ~し

IMG_0374_20140728235034fd3.jpg

陽が当ってない底の黄色の濃さ、よ~し

IMG_0376_2014072823503519d.jpg

お尻の張り、よ~し

で、総合判断で収穫、よ~し


棚落ちも無く、良く熟しています

IMG_0381.jpg

少し早いかと思ったけど、晴れの日が多かったので熟すのが早かったのでしょう。

糖度は12度・・・え!そんなぁ~

IMG_0383.jpg

前日の夜に、冷蔵庫から出して計測したときには、糖度が14度だったのに・・・

何度か計測して確認したのに、一日で2度も下がるの?

まあ、甘くて味が濃く美味しさは最高ランクだと思うけど、なんだか納得いかないな~

記録更新かと期待したのに残念・・・

スイカの冷やし過ぎには注意しましょう。て、ほんとに糖度が下がるの???
 

丑の日

今日は、土用丑の日でウナギを食べる日らしいです。

どうしても食べないといけないことはないでしょうが、母が留守で焼けれないので私に焼けとのお達しがでました。

IMG_0377.jpg

前に焼いたのは、もう一年も前の事。

あれは、二ライ家が弾丸ツアー中に我が家に立ち寄られたときだったなぁ。

IMG_0378.jpg

もう少し良いウナギだったらよかったけど、最近は、ウナギ捕りに精を出していないので良いのは無し。

これでも、養殖ウナギよりはましでしょう。

IMG_0379.jpg

10本くらい焼こうと思っていたけど、暑い時期に焼くのは大変だと思い6本だけ。でも、本日はわりと過ごしやすい日だったので、もっと多くてもよかったかな。



あ~、良いウナギを素焼きにしてワサビ醤油で食べたい!


獲ったどー!

少し前の事ですが、推定45kgのメスイノシシを獲りました。

CIMG0251.jpg

現場で写真を撮るのを忘れ、そのうえカメラが行方不明になり更新が遅れました。

で、別班の駆除員も獲りました。

IMG_0367.jpg

ちっこいのが4頭、5kg/匹くらいかなぁ~

どれもエサは桃です。

ピーチイノシシシーズン真っ盛り。


白瓜の食味比較

白瓜を初収穫しました。

IMG_0339.jpg

1本だけ植付けた覚えはありますが、枯れてしまったと思っていたのに。

固定種のマクワウリの様子を見ていたら、大きくなった実を発見、でも、マクワウリとは色合いと形が違うので手に取ってみると白瓜だったということです。

とりあえず3本収穫しましたが、多収の品種らしくたくさんの実が付いています。

これから先は、ウリ科の総攻撃に会いそうな予感。キュウリ、ゴーヤー、マクワウリ2品種、白瓜、メロン、スイカ、カボチャとどれも夏の短期間に一斉に食べ頃を迎えるものばかり。

嬉しいやら今年も作り過ぎたと後悔するやら、いつものことですけどね。

ところで、今回の白瓜ですが、食べ頃の大きさがわからない。

上の3本がちょうど3パターンの熟度を示しているようなので食べ比べて収穫時期の判断とすることにします。

シンプルに塩もみで食味比較を開始。順番は上の写真と同じ。

IMG_0340.jpg

まず、最も大きく成長している左端のものから、香りなく味なく締まりなくの3ダメ、中央の最も形が良くて美味しそうなものは、香りもあり味もそこそこ触感もまずまずで合格、右端のもは、青臭いかと思っていたけど中央のものよりすべての点で上、食べてみないとわからないものですね。まあ、いえばキュウリと同じかなってことですが。

右端の熟度で収穫するのだったら、蔓に負担が少なくて好都合。

夏の暑い時期にはあっさりとした白瓜はごちそうですからね。


カメムシ対策

トウモロコシのカメムシ対策で、トウガラシエキスを使った予防を何度か行いましたが、効果が目に見えて表れない。

密閉容器の中では即到したけど、予防薬としてはどうなんだろうか?ほぼ毎日のようにテデトール(手で捕る)してるけどある一定数からは減らないような感じ。

周りが稲の畑では発生数が少ないけど、近接してブドウ畑がある畑では、ブドウが熟してくるに従い良い香りがして誘われるのか数が増えているようだ。

次の手段として、24時間体制での捕獲を試みることに。

IMG_0330.jpg

虫が好むという黄色の粘着テープで捕る作戦。

IMG_0332.jpg

だが、二日後でくっ付いているのはハエやちっちゃな虫、あれだけたくさん居るカメムシは一匹も付いていない。

IMG_0337.jpg

どうも、カメムシは黄色がお好みではないようだ。

やはり、鳥獣被害対策で最も効果がある物理的な防護方法が良いのだろうか?ということで、新聞紙を筒状にして防護資材とした。

IMG_0334.jpg

トウモロコシの実に被せ、隙間ができないように洗濯ばさみで留める。

IMG_0336.jpg

実が大きくなり始めた頃なので、設置の時期が少し遅くて被害が出ている状態かもわからないけど。

もうこれが最後の手段で、これでもダメなら諦めるしかないかも。

結果は1週間後くらいかな~



マクワウリの初収穫

マクワウリ、メロン、スイカの畝です。

IMG_0323[1]

体調不良や仕事が忙しいやらで、ここに来るのは2週間ぶりくらではないかと思います。

ネットの中は蔓で足の踏み場もない状態。

マクワウリとメロンは、葉の隙間から果実がたくさん見えます。

マクワウリがそろそろ収穫できそうな色合いになっているので、収穫のサインが出ているものを探しました。

2個発見!この輪っかが完熟のサインです。

IMG_0326[1]

お店では傷があると売りものにならないらしく、こんなの見たことないでしょう。

お店で売っているものは、完熟前に収穫しているので味もそれなりということですね。


スイカの蔓は、あまり伸びてはいませんね。

IMG_0327[1]

大きな実が付いているので養分がその方に向かっているからでしょう。

手と比べると小玉スイカくらいな大きさにみえますが、手が手前にあるからで実際はかなり大きくなっています。

IMG_0328.jpg

一番早いもので、あと10日くらいで収穫できる予定。

待ち遠しいな~


ナスの支柱立て

やっとナスの支柱を立てました。

IMG_0318[1]

生長が遅くて今年は全滅かと思いましたが、なんとか大きくなり実を付け始めたので、いつものようにV字型の二本立てで切り戻し剪定を行い更新剪定なしで遅くまで栽培する予定です。

ここで説明を・・・二本立てとは、主枝と側枝1本を残して生長させることで、切り戻し剪定とは、各葉から出る脇芽に実を付けさせ、収穫後は脇芽から出た第一葉だけをを残して切り、その脇芽にまた実を付けさせるを繰り返す剪定方法です。文章で書いただけではわからないでしょうね。

この方法だと背が高くなり、昨年度では最終的に高さが2.5mを超え手が届かなくなったので、摘心をして成長を止めました。

今年はどうでしょうね。昨年も初期生長が遅くて心配したように思います。

地上部の生長は遅いですが、育苗の成果か?根張が良いので途中から挽回してくれる筈なんですが。

IMG_0319[1]

これなんか葉がデカくていい感じですね。

IMG_0321[1]


今年初めて栽培している実が緑色のナスは、病気が虫食いかわからないですが、悲惨な状態です。

これも回復できるのだろうか?・・・

IMG_0320[1]


今年もナスの虫対策としてマリーゴールドと混植しています。

IMG_0322[1]

よくわかんないけど、毎年、虫に困ることもないので効果があるということだと思います。

これで自宅の裏庭での作業は、誘引と整枝、収穫だけになりました。

時間があったら、そろそろニンジンの種蒔きをしないとね。


トウモロコシを初収穫

トウモロコシを初収穫しました。

IMG_0314[1]

見ての通り悲惨な状態です。

植え付け一回目のものはカメムシ被害により全滅、今回は植え付け二回目のもの。

カメムシに吸われた実は前回に比べれば非常に少なくなりましたが、雄花の花粉が少なかったようで受粉していない。

IMG_0316[1]

一粒の大きさは通常のもの2倍くらいもありますが、これじゃあ食べる部分がほとんどありませんがな。

原因は、カメムシたちが雄花にも大量に付いていたので、養分を吸われて花粉ができなかったのでしょう。

普通はこんな感じになるんですけど。でも目標の重さ500gに対して300gしかありません。

IMG_0317[1]

明日からの台風の影響で、第三回目のものは倒れるかも。

忙しくて、本日やる予定だった風対策の作業ができなかった・・・やばい!


今年のトマト栽培

今年は今のところ調子が良いミニトマトと大玉トマト。

IMG_0305.jpg

昨年との違いは、雨除けを作ったことと無肥料で育てていること、それに株間を少し広めにしたことくらいかな。あ、それとエダマメと混植しています。

雨除けなしでも大玉トマトが割れないように作れないかと2年ほどやったけど今年はくじけて設置しました。やっぱり割れないわ。

無肥料といっても、前作の肥料が残っていると思いますけど。肥料過多で大玉トマトが暴れるということがなくてほんとビックリするくらい順調。

まあ、脇芽を伸ばして樹勢を調節しているというのもありますけど。

IMG_0306.jpg

肥料切れになったら追肥しようかと思っていますが、なかなか肥料切れの様子が見えないのが不思議。

やっぱ、混植しているエダマメの根瘤が効いているのかなぁ。

ミニトマト2種類7本、大玉トマト3種類17本、調理用トマト1種類3本の計27本の栽培数。

苗はこの3倍くらい作ったけど、忙しくて植え付けができなかった。

20本くらいの栽培数だと手入れが行き届いて良いものが収穫できそうです。これからは欲張らないようにしたいですね。

そういえばもう一つ気を付けていることがあった。尻腐れにならないようにカルシウム補給で竹酢カルシウムを散布しています。

リン酸分の多い果樹園で栽培した折には尻腐れで最悪でしたからね。カルシウムを補給してもリン酸と結合してまったく効果が現れないですから。

ぼちぼち収穫していますが、味もそこそこって感じです。

暑い日に冷たく冷やした大玉トマトを食べるのって最高ですよね。


無農薬栽培

田舎では、道を横断してもまったく話題にならないカルガモ。

IMG_0300.jpg

どこへご出勤かと思えば、田んぼの除草ですか。

IMG_0301.jpg

合鴨を飼わなくても無農薬栽培のお米ができそうです。

て、2羽だけじゃ無理ですかね。

IMG_0302.jpg

最近はカモを撃つハンターが減ったからなのか?日中に田んぼでカルガモをよく見ます。

もっともっと増えたら、ほんとうに無農薬栽培ができるかもわかりませんね。

無農薬で米作りも始めたいけど時間がねぇ・・・


過去最悪カメムシ被害

今年はカメムシの大発生年との報道をずいぶん前に聞いたように思いますが、野菜作りでは、エダマメにちっこいのが付くくらいで他に被害は無いと思っていましたが。

トウモロコシがこんなになり1本も収穫できません。

IMG_0297.jpg

トウモロコシの皮の上からでも養分を吸い取るんですね。

居るのは知っていましたが、まさかここまで被害を受けるとは・・・


こちらは、ゴーヤーに付いていたカメムシ。約100匹ほど居ました。

IMG_0287.jpg

背中が赤くて、トウモロコシに付いていたのと同じ種類のようです。

何とか対策を考えないといけませんね。

ということで、忌避剤として使えそうなものを試してみました。

まずは米酢を投入。

IMG_0292.jpg

まったくの無反応です。これは使えません。

次は、トウガラシエキス。焼酎にトウガラシを漬けた液体です。

IMG_0293.jpg

入れた途端に、張り付いているものがボタボタと落ちます。

しばらくすると、こんな状態で昇天。

IMG_0295.jpg

これは使えそうです。

他に使ってみたのがニコチン液。タバコの吸い殻を水の中に入れたもの。

これも全滅でした。

まあ、ネオニコチノイド系とかいうタバコのニコチンに似た化学合成された農薬があるくらいですから効くのは当たり前でしょう。

でも、人間に対する影響はどうでしょうか?

ネオニコチノイド系の農薬は、子供の神経に悪影響を与えると専門家が警笛をならしている農薬ですからね。

児童が多動症になる原因物質とか言われています。

化学合成されたものなので環境に出ても分解されず影響を与え続けるとか。

ここまでくると農毒と指摘されてもしょうがないでしょうね。

EUでは禁止農薬になっています。

日本では、稲作、果樹栽培、野菜作りで広く一般的に使われている農薬です。

牛、豚、馬のダニ除けとしても使われていますから、食品のほとんどに残留している可能性があります。

怖い話になってきましたね。

話が横道にそれましたが、タバコのニコチンは自然界にあるものですから、長くは効かず分解して自然に帰ると思います。

でも、なんだか怖いので、トウガラシエキスでもダメだったら使ってみますかね。

その次は、アセビという馬が酔うという木の葉を使う手もあります。

と、色々と考えている間に、テデトール(手で取る)した方が最も効果的かなぁ。


今日の晩飯

今日の晩飯は、何度も登場の焼きそば。

IMG_9450[1]

今日の味付けは塩だけの塩焼きそばです。

これが結構旨い。

材料で買ったものは麺と塩だけ。イノシシ肉のバラ、タマネギ、ニンジン、ピーマン、キャベツ、ズッキーニは自家製。

脂の多いバラ肉なので、温度が上がらないホットプレートでも蒸し焼きそば風ではなく、まじ焼きそばという感じに仕上がりました。

最後は味に変化を付けて、キムチ投入でキムチ焼きそばにして食べました。

IMG_9451[1]

これメッチャ旨い!

今日も美味しくできました!ごちそうさまでした。


 | HOME | 

Calendar

« | 2014-07 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">