狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

巣箱の追加

愛媛県から連れ帰って40日が過ぎた我が家の日本ミツバチ。

農薬を避けて愛媛県に移動させたのはミカンの花が咲き始めた5月、その後は順調にミカンの蜜を採取して勢力を増していましたが、ミカンの花が無くなってからは他の蜜源が無かったようで8月に持ち帰るときには巣箱が非常に軽くてビックリ。

持ち帰ってすぐに砂糖水を給餌しましたが、自宅近くは蜜源が豊富だったようで巣箱の出入りが激しくなり順調に巣が大きくなってきていました。

昨日に、例によって巣箱の中にスマホを入れて動画を撮って確認したところ、巣箱の底面近くまで巣が大きくなって巣箱を1段足さなければならない状態です。

継ぎ足しの時間帯は何時がいいのか本で調べても見つからないので、蜂達が巣箱に入っていてあまり騒がないだろうと夜に行いました。

DSC_1031.jpg

今使っている巣箱は、一段が150mmと高く4段もあれば充分だろということで同じ寸法のものを製作しておらず、5段目の継箱には10mmほど外寸が大きく高さが125mmと低いものを使用。

少し不格好ですが仕方ありません。

採蜜時期は、巣箱を持ち上げたときの重量で判断しようと考え今回は予定していませんでしたが、なんと!メッチャ重い!重くても20kgくらいだろうから大したことないと思っていましたがそんな重さではなく床にくっ付いているのかと思うほどの重量です。

先日、午前中にスマホの動画で出入りの様子を録画して、花粉やハチミツを持ち帰ってくるハチの数を数えたら1分間に100匹くらい、花粉だけなら1分間に60匹くらいです。

これだけ頻繁に蜂蜜を採取しているので短期間のうちにこんなにも重くなったということですね。

これなら1箱くらい採取しても良いのではないかと。

明日からは雨なので、天気が回復して湿度が下がったら採蜜する段取りでいこうかと思っています。


スポンサーサイト

マガジンホルダー

マタドールの機関部とスコープレールの間には、マガジンが4個入るマガジンホルダーがあります。

DSC_1030.jpg

しかし、EDgun Club JAPANの情報によれば25口径はマガジンが大きくて2個か無理しても3個しか入らないとか。

別にそんな場所に入れなくてもいいと思っていたので購入後まったく確認していませんでしたが、ふとそのことを思いだしマガジンを入れてみたところ2個は無理なく入りました。

DSC_1027.jpg

購入時に付いていたマガジンは2個だったので手持ちはこれだけ。

右側のマガジンを左に入れてみると、これもすんなりと入ります。

DSC_1028.jpg

そして同じ動作をもう一度。

DSC_1029.jpg

まったく問題なく4個のマガジンが入り、隙間は1mmくらいはありそうです。

マガジンの外径を計ると30mm、マガジンホルダーの間隔を計ると31mmでした。

情報では間隔が29mmと書いていましたから、部品寸法を変更したようですね。

情報の日付が昨年の10月で、私の銃の製造が今年の2月ですから早い時期に変更になったようです。

新たに購入される方のために一つの情報としてアップしておきます。




玉島みなと朝市に出店(9回目)

今回も予告通り朝市に出店しました。

DSC_1010.jpg

商品が、しし肉入りの焼きそばとエスプレッソコーヒーだけだったので簡素な店構えです。

鉄板の下にはコンロが二つ。出来上がったものは横でトレーに入れる、これだけの設備です。

DSC_1008.jpg

一度に作るのは8人前ほど、売行きを見ながら作るので時間に余裕がありすぎて暇でした。

DSC_1013.jpg

私は前日の準備が不要なので、その日は一日畑仕事。

いつもは前日の用意と当日で二日がかりだったので、それを思うと今回は非常に楽でした。

ただ労働が半分以下なので売り上げも半分以下。それでもほぼ完売でしたから予想通りだったわけですけど。

肝心なお味の方はですね、普通に売っている屋台の焼きそばよりは美味しいと思いますが、野菜がすべて自家製ではなかったのでイマイチかな。

今回で焼きそばの段取りや要領が解ったので、次は念願のイノシシラーメンがやりたいけど、もしかすると焼きそばと猪串になるかもわかりません。

それは次回までに決めることにしましょう。もしかするとまったく別なものになるかもわかりませんし。


朝市の予告

9月20日(日曜日)の朝市に出店します。

今回の商品は、今までとはガラリと変わって焼きそば。

DSC_0974.jpg

何かこだわりがあるのか?と聞かれれば、特に何も無く、我が家で普通に食べている猪肉で作った焼きそば。

塩焼きそばも美味しいですが、今回は地元のソースを使ったソース焼きそば。

でもいつも作っている焼きそばの方が美味しい。キャベツが自家製じゃないんですよね。

それだけでこんなにも味が違うのか、って感じです。

本番では作り方に少し手を加えてみようかと考えていますが、見た目はこんな感じでしょう。

他はエスプレッソコーヒーだけにしようかと考えています。

今回は前日からの仕込み作業が少なくて楽ができそう、もう手間のかかる猪串と鮎の塩焼きは作れなくなるかも。

そうそう出店場所はいつもと同じ場所です。


スノーシュー

鳥猟で積雪の中を歩くのに使っているスノーシュー、20年以上前に買った最初のものはパイプ式で高価でしたが歩き辛く歩いている途中で何度も外れるという問題児でした。

その後に買ったのがこれで、歩きやすく脱げることもなく快適に使っていましたが、経年によりゴムが劣化しボロボロになったので買ったお店にメンテナンスを頼み、それが出来上がったので引き取って来ました。

DSC_0985.jpg

ゴムが劣化したのは1足ですが、7年ほど前に買ったもう1足も念のために交換してもらったので帰ってきたのは2足。

当たり前ですが、ゴムは新品。

DSC_0986.jpg

留め金具も替えているようです。

DSC_0987.jpg

新しい方の1足は、まだゴムが劣化していなかったので、外したゴムも帰ってきました。予備にでもしておきますか。

DSC_0988.jpg

今年のヤマドリは裏年ということで猟果は期待できません。

猟果が少ないということは歩く時間が長くシンドイということになりますが、昔ほど早いペースでは歩けないので心配することもないでしょう。

それよりペースが遅いと距離が稼げずヤマドリとの出会いがもっと少なくなるということですからね。

情報によれば、キジの繁殖が良かったようで現段階では異常に多いそうです。

気温が下がってくると移動をするので猟期にも居るかどうかわかりませんけどね。

とりあえず、これで大雪でも安心ですわ。


蜂球

今朝の6時頃、日本ミツバチが気になって窓から様子をうかがうと、やはりスズメバチが来ていました。

スズメバチは、野菜の中にいる虫を探すふりをしながら何度も巣箱の近くに行き、巣門の前に居るミツバチが一斉に体を震わせるシマリングをすると巣箱から死角になる下の方に行ったりを繰り返していましたが、突如と巣門に近づいたかと思うと6匹くらいのミツバチと格闘になり地面に落ちました。

地面に落ちてからも1匹のミツバチと格闘しながら草むらに消えて、時々草が揺れているのが見えましたが、暫くするとスズメバチだけ出てきてどこかに飛んで行きました。

これは加勢しないと少しずつミツバチがやられてしまいそうなので、昼頃にホームセンターで虫取り網を買って巣箱に行くと。

IMG_1286.jpg

蜂球ができているではありませんか!

おそらくこの中にスズメバチが居るはずです。

IMG_1282.jpg

暫く待っていましたが、動きがないのでその場を少し離れた後に戻ってみると、すでに蜂球は無くなり1匹のスズメバチの死骸と数匹のミツバチの死骸が残っています。

IMG_1287.jpg

蜂球ができるまでに格闘してやられたと思われるミツバチの死骸が地面にあります。

IMG_1289_20150916161747cb3.jpg

おそらく6匹以上のミツバチが犠牲になったでしょう。

スズメバチ1匹に6匹のミツバチですからね、戦いをやらせると割に合いません。

次に見たらすぐに加勢に行くことにしますわ。


ヘッドショット

これの元の姿が何だかわかりますか?

DSC_0970.jpg

わかる人は一瞬で判ると思いますが、元の姿も見たことない人も多いでしょう。

反対側から見たのがこれ。

DSC_0971.jpg

これを先に見せればわかる人はほとんど居なかったかな。

斜め横から見ると、平べったいのがわかります。

DSC_0973.jpg

で、元の姿がこれ、空気銃の弾です。

DSC_0981[1]

先日、20kgほどのイノシシが罠に掛ったという連絡があり止めを頼まれたので、マタドールで頭蓋骨をJSB KING 25.4grで撃ったところ解体時にこれが出てきました。

至近距離だったので貫通していると思っていましたが。

今まで使っていたのは5.5mmのバラクーダ21grですが、変形量が少なく貫通力も高かったので100kg超のイノシシにも使っていました。

とはいっても100kg超になれば1発で効くこともあれば数発必要なこともあります、重要なことは狙う場所と角度。

脳を損傷させれば良いだけなので、必要なのは頭蓋骨を撃ち抜く貫通力が第一。

そういう考えからすると、この弾では大物のイノシシには対しては役不足かな。

かと言って、重量弾のバラクーダに変えてもパワー不足になり頭蓋骨を貫通しないこともありそうです。

幸いマタドールには弾速調整が簡単にできる機構が備わっているのでとても便利です。

次に射撃場に行った時にはバラクーダでの弾速調整代を見つけてJSB KING とバラクーダの両方の弾で使えるようにしようかと考えています。

いろいろと構想はあるのでゆっくりと楽しんで進めていきますかね。



襲撃!

今朝、日本ミツバチの巣箱を見に行くと巣門の前でスズメバチ1匹と日本ミツバチ6匹が死んでいました。1匹の日本ミツバチは、スズメバチに絡んだままです。

DSC_0969[1]

時々巣箱の近くをスズメバチが飛んでいるのを見かけましたが、襲うこともなく偵察しているような様子でした。

昨日は、巣箱の前の畑を手入れしてトマトやキュウリ等を片付けました。

もしかすると、畑を片付けたのでスズメバチは餌にする虫が居なくなりミツバチを襲ったのかもわかりません。

手ぶらで帰ると制裁があったりして。なので勇気を出して襲ったのかな。

空中では日本ミツバチの飛ぶ速度があまりにも早くて捕まえるこができないので、巣門で作業をしているミツバチを狙い逆襲されたのでしょう。

今日は、1匹もスズメバチを見かけませんでした。この1匹だけで終わればいいいのですが。


ところで、もう一つ気になることがあります。それは巣箱の前に見える白いものが日本ミツバチの幼虫だということです。数匹見えます。

ここんとこ数日は雨が降らず曇りか晴れの天気なので、農薬か除草剤の散布でもしたのでしょうか。

雨が降らない日には、時々数匹の成虫や幼虫が巣門の前で死んでいますからおそらく間違いないでしょう。

スズメバチと農薬による被害が終息するのは11月くらいかな。なかなか気が抜けませんね。




絶滅!

借りている畑の横で飼っている西洋ミツバチ、先日、オオスズメバチに襲われた記事を書きましたが、久々に様子を見に行くと予想通りあれから毎日オオスズメバチがやって来たようで粘着シートにはたくさんのオオスズメバチがくっ付いています。

DSC_0959.jpg

スズメバチ捕獲器にもオオスズメバチがたくさん。

DSC_0960.jpg

そして、巣箱を出入りしている蜂は、ほとんどいないようです。

2群が絶滅か?

もしかすると蜂が残っているかもわかりませんが、少数では冬を越せませんから。

あれだけ多くのハチが居た強勢群が、あっという間に絶滅。オオスズメバチ恐るべし!

これは他人事ではありませんからね。

自宅の日本ミツバチには、まだオオスズメバチは飛来していませんが、突如とやって来て大虐殺が起こるかもわかりません。


ところで、久々にこの巣箱を見ると気になるところが。

この巣箱は、長距離の輸送が可能なように前面や後面等に窓が付いています。蒸れ防止ですね。

定置したら窓は閉めないと蜜の香りが漏れてオオスズメバチに発見されやすくなるという記述を読んだことがあります。

春にこの蜂群を購入して持ち帰った時に、窓が開いていたので閉めていた方が良いみたいですよ、と飼い主に話して窓を閉めましたが、現在は全開。

もしかすると、これが良くなかったのかな~?


スイカが終了

今年もスイカがたくさん生りましたが、例年通り後半は食べるのに飽きてしい畑で放置。

久々に様子を見に行くと、10個ほど残っていましたが熟れすぎ。1個だけは食べれる状態でした。

最後の1個がこれ。

DSC_0963.jpg

糖度は11度台ですが、甘くて美味しい!

これで来年までお預けです。

この最後の1個で種取をしたので来年も自家採取の種から育てます。

今年は目標の糖度15度が収穫できなかったので、作戦を考えて来年再チャレンジかな。

でも食べるには、糖度11度台でも十分ですけどね(笑)


ツユクサとカボチャ

自宅に咲いているツユクサ。結構、長い期間咲いている。

DSC_0939.jpg

時々、1匹だけ我が家の日本ミツバチが来て花粉を集めている。

DSC_0940.jpg

30mほど先に巣箱があるので、もっと多くのハチが来ても良さそうだけどいつも1匹だけ。

「あそこは花が少ないからお前ひとりだけで十分だろう」とかいう指示でもあったんだろうか。

ある程度花粉が貯まったら巣箱に一旦帰るけど、すぐに来てまたツユクサの花粉を集めている。

花粉の受け渡しにはそんなに時間がかからないみたい。

蜜を採っている様子がないけど、ツユクサの蜜は採らないのか?蜜が無いのか?

ツユクサに付いている花粉てほんの少量なのに採取しているけど、巣箱から数メートルの所で咲いているカボチャの花粉は採取していない。

DSC_0943.jpg

雄花が大きく花粉の量も多いのになぜ?

春に植え付けた自宅のカボチャはいまだに着果しない。

何度か雌花に雄花の花粉を付けて受粉したけど着果しないので放置。

そのうちにハチが受粉してくれると思っていたけどダメみたい。

なんかわからない事だらけですわ。


カラアゲの食べ比べ

名古屋コーチン:425円/100g、瀬戸の赤どり:252円/100g、国内産鶏:95円/100g、の食べ比べをしていました。

DSC_0916.jpg

特に何か意図があるわけでもなく、単に売ってたから買ったというだけです。

過去には、ヤマドリとキジ、ヤマドリと地鶏の食べ比べを記事にしましたが、スーパーで買ったものは初めて。

食べ比べるまでも無く、肉自体の旨みで言えば名古屋コーチンがダントツと予想がつき結果もその通りでした。

ただ好みで言えば人それぞれですからね。

私は当然名古屋コーチンが1位、でも子供達は美味しいけど硬いからダメだそうです。

子供とかお年寄りだとそういう判断になりますね。

狩猟鳥獣の肉だと大概が少し硬くて、幼獣とか幼鳥が好まれる傾向にあります。

現代人の肉の評価は、なぜか柔らかいのが美味しいという基準なようですから。

ただ熟成させるとか酵素を使うとかすれば成長した鳥獣でもある程度は柔らかくなり、そうなれば旨みと柔らかさを兼ね備えた最強肉になります。

ただ臭いのはダメよ(笑)

日本人は他国とは違い臭い肉には慣れていない民族ですから。

なんだか、またまた話が脱線してしまいましたね(笑)

食べ比べの結果は、旨味は値段相応、あとは好みの問題と懐具合といったところでしょうか。



分封群捕獲器

来春に向けて日本ミツバチの分封群を捕獲する道具を作りました。

DSC_0941.jpg

この下部にビニールの袋を付けるそうですが、面倒なのでこれだけでもいいかな?

使ってみないとわかりませんね。

メッシュの袋は防虫用のフェイスガード、ホームセンターで売っている蚊除けを使っています。

DSC_0942.jpg

白と黒があったので白を購入。特に理由はありませんが、もしかすると違いがあるかもわかりません。

これを使う日が来ることを祈って保管しておきましょう。

外に出してたら春までには劣化してしまうでしょうから、段ボール箱の中にでも入れておきますか。


今日の晩飯

今日の晩飯は、昨日収穫したカラーピーマンと猪肉の炒め物。

DSC_0944.jpg

カラーピーマンがカラフルで彩りよく綺麗ですね。

自家製の野菜と肉ですから材料は豊富、ボリューム満点。

味付けは自家製の焼肉のたれ。

肉厚なカラーピーマンの歯切れの良さとほのかな甘みと香り、旨みが強い猪肉との相性はバッチリ。

これは旨いわ!


今日の収穫

腰痛が回復したので久々に畑に行ってみました。

気になっていたカラーピーマンは、周りが草に覆われて遠目では見えなかったけど近寄ると色づいたものが見え隠れ。

草を刈ると、あるわあるわで約50個、大収穫です。

DSC_0930.jpg

心配していた枝折れは、草が支えになっていたので1本だけ。

非常にでっかいカラーピーマンなので、支えがないと枝が折れます。

まだ青いのが多く残っているので、色付いたら随時収穫しましょう。



収穫適期を逃すと味がわるくなるので、もっとも気になっていたのがエダマメ。

DSC_0931.jpg

葉が黄色くなりかけていたので収穫時期が遅かったようです。

塩茹でにして食べましたが、やはりイマイチですわ。ま、仕方ありませんね。

エダマメは、遅蒔きしたものがまだあるのでその収穫は適期を逸しないように気をつけなくっちゃ。


明日は、トウモロコシの様子も見に行かないとね。


冷凍イチゴ

牛乳と混ぜるだけ、久々に食べましたイチゴのフルーチェ。

DSC_0911.jpg

上に乗っているのは自家製の冷凍イチゴ。

生イチゴに砂糖をまぶして冷凍しておいたものですが、香りも良くイチゴの味もするしなかなか良いですね。

食感は生には及びませんが、季節外れに食べるイチゴとしては生の市販イチゴより美味しいかも。

今回はお試しで作ったので量が少なかったけど来年は大量に作りたいね。

デザートにちょこっとこれがあると、見た目が華やかで料理屋さんでも使えそうです。ま、それは無謀かな(笑)

イチゴの苗も順調に生育しているし、来年が楽しみだなぁ。


 | HOME | 

Calendar

« | 2015-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">