狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

朝市の予告

明日の9月11日は、2ヵ月ぶりに朝市に参戦します。

DSC_1866.jpg

今回のメニューは、「しし串焼」と「しし焼きそば」で、リニューアルの予定だった「ししホットドッグ」はパンの注文を忘れてしまい今回はなし。

出店場所は、通町商店街のこの辺りになりそうです。

仕込み量が少ないので、早いうちに完売になるかもわかりません。

ご来店をお待ちしております。


スポンサーサイト

ラッキョウの収穫

少し前ですが、ラッキョウを収穫しました。

といっても8月の末ですが。

通常の収穫は6月頃。

掘り始めてみると、いつもより1玉の大きさがデカイ。

近所で栽培している方に聞いても同様です。

DSC_1687_20160828222427a56.jpg

秋から春にかけて、例年よりずいぶんと雨量が多かったのが原因ではないかとの予想です。

こまめに散水すれば肥大するということでしょうね。

大きい方の種類は、大きく数も多くて豊作。

DSC_1688_20160828222429798.jpg

一畝でこれだけの収穫量。

DSC_1689_20160828222432421.jpg


こちらは小さい方のラッキョウですが、やはり例年より大きい。

DSC_1853.jpg

昨年の植え付けは1畝に3列で、植え付け後は放任。

草に覆われラッキョウの葉がまるで見えない状態でしたから、消滅してしまったと思っていましが、そんな状態でも豊作になるという強健さにはビックリです。

収穫後に、来年収穫用の植え付けも済ませました。

収穫時期が外れても、植え付け時期が早くても遅くても、草の管理をせずとも生長して収穫できる。

ラッキョウ漬けにすれば1年間以上も美味しく食べれるという、簡単栽培で長く美味しい食べれるお得な野菜。

収穫したものを1箇所に2粒くらい植えればいいので、苗代金も初回だけ、ちなみに、私は農家の方にいただいたものから始めています。

庭の空いたスペースにでも植え付け可能、お勧めです。



 | HOME | 

Calendar

« | 2016-09 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">