狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

苗の植え付け

種から育てた苗の植え付けを行いました。

本当はもう少し先でやるつもりでしたが、夏日が続き最低気温も10度以上になってきたのと、苗が大きく生長したので本日の朝急に思い立ちました。

トマトは、大玉の「麗夏」と「桃太郎ファイト」を24株。小玉は「アイコ」と「イエローアイコ」で11株。

大玉は、旨味が強くて生で食べると美味しく、ケチャップに加工しても美味しいので大量収穫を目指しています。

一方、小玉は・・・どうでもいいって感じ(笑)

植付け方法は、普通植えと寝させて植え付ける方法の2種類で比較してみます。

こちらは普通に植え付けたもの。

DSC_2646.jpg


こちらは、土の表面に茎を這わせて植え付けています。

DSC_2645.jpg

根量が多くなり収穫量が増えるみたいです。

あと大玉と小玉を合体にした植え付けをしようと思っていますが、それは苗が活着してからということで。


ナスは、「ヨモギナス」6株と「ヴィオレッタ、デ、フィレンチェ」6株を植え付けました。

DSC_2640.jpg


この時期は、風除けと虫除けに行燈は欠かせませんね。

DSC_2647.jpg

あと、トウモロコシの苗を50本ほど植え付けました。

次は、キュウリとピーマン、カラーピーマンの植え付けかな。


オマケはこれ。

DSC_2638.jpg

昨日、果樹園の草刈りをしていると出てきたマムシ。

冬眠明けだからか動きが鈍かった。時期的にはまだ先と思っていましたが、気をつけないといけませんね。


スポンサーサイト

初めての鶏

今日は、買った兵庫地鶏の解体をします。

DSC_2632.jpg

野生のヤマドリ、キジ、カモ等は、何百羽も解体しましたが、なんと!鶏の解体は初めての私。

イノシシは、飼育している個体の内臓を処理したことがありますが、内臓自体と肉質、脂が別物ですからね。

食べ物や環境が異なると、同じ動物でも全く違う体質になるということです。

これは、人間も同じだと思いますよ。

話がそれました。えーと、何の話題でしたっけ?・・・

・・・

そうそう、で、鶏も野生のものとは異なります。と、言っても内臓は入っていませんでしたけど。

まあヤマドリとキジも異なりますから、別な種類の鳥類と考えれば当然ですね。

解体途中の写真は撮り忘れましたが、もう1つビックリしたことがあります。

この個体、雛の時に指で押さえたのではないかと思われる形に胸骨が大きく変形していました。

野生の鳥では、骨が奇形になっている個体を見たことがありません。

そういう個体は自然界では生き残れないということでしょうね。

鶏の解体1羽でいろいろと勉強になりました。

その後、から揚げにして頂きました。

DSC_2634.jpg

エサや育て方ににこだわった鶏なので、強い鳥臭や変な臭いもなく美味しく食べれました。

この猟期は、久々にキジとヤマドリが豊猟の年だったのに一度も出猟せず鶏食べてるなんて、やっぱブログのタイトル変えないといけませんね(笑)


あれこれと春だなぁ~

やっと桃の花が満開になりました。

DSC_2628.jpg

今年は、開花が遅くて受粉作業ができず、桃農家の方は手待ちだったようです。

やっと春になったという感じです。

キジも春の陽気にのんびりとしていました。どこにいるのか判るかな~

DSC_2630.jpg


春といえばミツバチの分封。

DSC_2622.jpg

頻繁に様子を見に行っていますが、まだ分封はしないようです。

蜂球を作る場所も作りましたが、まだ活躍しません。

DSC_2626.jpg


河川で春といえばこれ。稚鮎の遡上時期ですね。

DSC_2631.jpg

研究用に捕獲を依頼されて、特別採捕許可をもらい150匹弱捕獲しました。

今年は、予想に反して早くから遡上が始まり例年よりも数が多く生長も良かったようです。10cmくらいな大きさのものもいます。

昨秋は工事の影響で稚鮎の流下環境が悪かったけど、産卵の始まりが例年よりかなり早かったのが幸いしたのか?冬が例年より寒くて海水温が低かったので生育条件が良好だったからなのか?

良い条件が重なったということでしょうね。

桜も満開で、そろそろ散り始めたようです。

人間もボーっとしてきましたね。毎日、寝て過ごすかな。


朝市に出店(4月)

予告通り、4月開催の「備中玉島みなと朝市」に出店しました。

DSC_2615.jpg

当日の朝は、猟友会主催の「鳥獣供養祭」が8時からだったので、朝市の会場にはいつもより到着が遅れてしまい焦りながらバタバタと準備をしました。

DSC_2614.jpg

このバタバタが影響して、串焼は火力が強すぎて焼き加減が悪く、焼きそばは焼く順番を間違え、それにソースも入れ過ぎ、しし汁も出汁が変わったことで旨味不足、失敗の連続でした。

おまけに最近にしては珍しく売れ行きも悪い。

桜の花見で来客が少なかったという予想ですが如何でしょうか。隣で鳥の串焼を100円で販売していたのも影響したかな?

良かったのは、雨の予想が外れたことですかね。

次回は、失敗の無いように落ち着いて作業をすることを目標にしておきます。

ご来店くださった皆様、ありがとうございました!




「備中玉島みなと朝市」開催予告

今月の「備中玉島みなと朝市」は、4月9日(日曜日)の9時~12時に開催されます。

e8eb4af722a9bd73918b526b96d48145.jpg

メインイベントは、二匹目のドジョウを狙って「春の汁祭り」(笑)。

私のお店では、前回には「カニ汁」を提供しましたが、今回は「シシ汁」の予定です。

イノシシの骨で出汁を取っているので、イノシシの旨みに溢れています、是非味わってみてください。小さめの容器に入れて一杯100円と今回は特別にお得な価格設定になっております。

その他は、定番商品の「しし肉の串焼き」と「しし肉入りの焼きそば」です。


当日は、猟友会が開催する「鳥獣供養祭」と重なることから私のお店に限り、開店時間が少し遅くなりそうです。ご迷惑をお掛けします。

当日は雨天の予報になっていますので、開催場所が変更になるかもわかりません。
「通町商店街」付近ということでよろしくお願い致します。

皆様のお越しをお待ちしております。


稚鮎の放流

高梁川漁協で、今シーズン初になる稚鮎放流を行いました。

DSC_2597.jpg

今年は桜の開花が遅いようですが、稚鮎の成長は予想に反して良かったようです。

大きいものでは1匹当り10g以上が混じり平均で7g~8g/匹で総量は220kg。

DSC_2598.jpg

養殖池の水温が11..8度に対して、放流場所の河川水温が12度。

非常に良い条件での放流になりました。

水温の温度差が少ないと河川に入ったときにショックを受けず順調に群れて回遊を始めます。

DSC_2601.jpg

一旦は予想通り小さなワンドの中に入り込みました。

その後、上流に向けて移動をするでしょう。

DSC_2604.jpg

このまま順調に成長することを願っています。


 | HOME | 

Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">