FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

プチオフ会

埼玉県からアレコシェフが我が家に来られるということになり、近県のオイノコさんが参戦してプチオフ会を開催しました。

数年?振りということで他県で参加できそうな友人にもお声がけしましたが、急な提案と平日ということが重なり参加者が少なくてプチです。

しかし、少人数でも話が弾み、「白桃の袋掛けを体験しよう」という提案があったにも関わらず忘却してしまい、我が家で食事をしながら、なんと!約12時間も話しっぱなし。

DSC_2827.jpg

話は、近況報告から現在における狩猟を取り巻く問題点やら各地の現状、銃砲、ジビエ料理、農法、等々のマニアックな話題が満載。

DSC_2833.jpg

高齢者の領域に一歩足を踏み入れた感があるシェフと私ですが、まだまだお互いに元気でこれからも精力的に行動ができそうで安心しました。

オイノコさんは、若いだけあって夢があり羨ましいことです。

まだまだ話し足りませんが、時間はあっという間に経過して閉会。

野生動物による農作物等の被害が急増し、その対策で狩猟を取り巻く行政が急変しています。

一般狩猟者や都道府県、市町村の担当部署もその対応についていけない感があり、国の指針があるにも関わらず全国的にバラバラな基準を作り、戸惑ったりドサクサに紛れて不正が起きたりしているようです。

趣味の狩猟と許可捕獲を同一化していると感ずるのは私だけではないでしょう。

一般の方々が、狩猟に理解があった昔々から、嫌悪感を抱いていた近年、そして趣味ではなく業務として理解を示しだした現在。

狩猟者の立場からして、それが良いことなのか悪いことなのか・・・

頭で理解しているだけの行政主体ではなく、各地の現役狩猟者から生の声を聞いて今後の方針を考えていくことも重要ではないでしょうか。

そういう意味においては、こういった座談会のような集まりを定期的に行なうことも有効なのかもわかりません。

と、屁理屈を言って、またオフ会を開催してやろうと目論む私(笑)

DSC_2832.jpg

次の幹事はあなただ!


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">