狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

朝食は朝市で

次回、9月10日開催予定の「備中玉島みなと朝市」では、各店で朝食をご用意(有料)することになったため、私のお店も試作品を作ってみました。

画像はイメージです。

DSC_3145.jpg

予定している朝食のメニューは、

山形県産無農薬コシヒカリと地元で捕獲したししミンチ肉、平飼鶏の卵、無農薬グリンピースで三色おにぎり。愛媛県産海苔も付いています。

無農薬野菜としし肉の煮つけ

無農薬野菜の炒め物

無農薬野菜の漬物

天然ワカメ、豆腐、無農薬タマネギで味噌汁


三色おにぎりの試作は3日間行った結果、次の2種類の内どちらかにします。

ミンチごはんに卵とグリンピースをトッピング。

DSC_3142.jpg


白ごはんにミンチ肉と卵、グリンピースをトッピング。

DSC_3143.jpg


おにぎりは、こんな感じでコンビニおにぎり風にしようかと思っています。


DSC_3147.jpg


DSC_3149.jpg


この看板を目印にお越しください。

DSC_3131.jpg

限定15食ですので、お早めに。


スポンサーサイト

狩猟初心者講習会

本日は、岡山県猟友会主催で毎年開催されている、狩猟の「初心者講習会」に講師として参加してきました。

DSC_3125.jpg

毎年受講者が増えているので、昨年までは一年間に3回開催していましたが、今年からは4回に増加。

それでも受講者は減らず約150名に増加。

受講者の増加はイノシシ、シカが増加したことにより罠猟盛んになったため、それまで1種(散弾銃)を所持者していた経験者が罠免許を取得するという流れだったことから受講者は高齢者が主でした。

それが昨年くらいから、行政が力を入れ狩猟のセミナーなどを開催した効果が表れてきたのか、若い人が主体になってきました。

DSC_3127.jpg

それに一昨年までは、1種(散弾銃)、2種(空気銃)の受講者が20名を超える程度だったのが、昨年から急に増えて40名以上になり、ここでも若い人が主体で女性も増加しています。

DSC_3128.jpg

世代交代の時代が訪れたということかもわかりませんね。


さて、本番の狩猟試験は来週になっていますが、みなさんが合格すること祈っていますよ。

と、神頼みのような言い方をしておきながら試験のお手伝いにも参加します。

厳格に採点しますので、みなさんよくお勉強しておいてくださいね(笑)


スイスチャードの種取

昨年の秋に初めて植え付けたスイスチャード。収穫して食べましたが、結構美味い。

購入した種は、数が少なくて高価。種取ができるかも?と考えて収穫せず畑に少し残して置きした。

春になると、他の葉物野菜は花芽をつけましたが、スイスチャードはなかなか花芽を付けません。

種取できないのか?と思いましたが、とりあえずそのまま放置。

すると、初夏頃に細い枝に小さな花が多数咲いたのを確認。

そのまま、また放置して昨日確認したところ、こんな様子です。

DSC_3117.jpg

なんと!食べれそうな葉が並んでいるではありませんか!なぜ?

そして、人の背丈ほどに伸びていた花芽は倒伏して、細い枝の先に種らしき粒が無数に見えます。

DSC_3116.jpg

何本か切り取って種の様子をみることに。

DSC_3108.jpg

切り取った枝の太い部分には、新しく芽吹いて葉が生えていますよ。

種と新芽が同居しているアブラナ科の野菜のようです。実際は、ほうれんそうと同じアカザ科ですが。

種らしきものはカチカチになっているので、枝からこそげ取ってみたところ・・・これ種ですよね。

DSC_3112.jpg

一粒から2~3個の芽が出る種。

ほんとうに発芽するのかな?発芽試験でもしてみますか。


ゴーヤーの種取

今年のゴーヤーは、種から育てたもの2株、中庭に自生えしたもの1株の計3株をプランターで栽培しています。

緑のカーテンにしようかと思ったけど、お元気が無くて全然ダメ。

プランターの土が少ないのと肥料が少ないのが原因でしょう。

でも、自生えのものはそこそこ育ってきたので種取をすることにしました。

DSC_3100.jpg

実が熟すと黄色くなります。

実の中はこんな感じ。赤く見えるものの中に種が入っています。

DSC_3102.jpg


赤いベールを取ると、種が出てきます。ちなみに、この赤いの食べると甘いです。

DSC_3104.jpg


一つの実に入っていた種はこれだけ。ちょっと白っぽいですね。

DSC_3101.jpg

来年はこれを植え付けてゴーヤーを栽培します。

うまく発芽するといいですが。




獲ったどー!

今年の白桃は、収穫が終盤になってきました。もう終了している農家もあります。

順調に捕獲していたピーチイノシシですが、先日の記事にもあったように、クズ桃を農家の方が投棄するので捕獲檻の白桃を食べなくなって獲れませんでしたが、投棄桃を食べ尽くしたようで、やっと本日、小さいのが獲れました。

DSC_3105.jpg

周りには大きいイノシシの足跡もありますが、腹ペコではないようで檻には近寄りません。

毎日あった白桃のエサも少なくなり、二日に一回少しだけあるという状態になったので、親が捕獲檻に入るまで待つ余裕はありませんね。

とりあえず獲れるだけ獲って、今夏の捕獲を終了しようと思います。

今年も、真夏にほぼ毎日出動して疲れました。

少し休んで、涼しくなってからくくりワナでの捕獲を始めようかと思っていましたが、次のターゲットとして梨を選択したようで、被害報告がありました。

いままでは、梨を捕獲檻に入れてもまったく見向きもしませんでしたが、今年からは興味を示すかもわかりませんね。

引き続き捕獲檻を稼働させないといけないのかぁ?




マクワウリとタイガーメロン

完熟したマクワウリとタイガーメロンを収穫しました。

完熟すると頭の部分が丸く割れるので、わかりやすいですね。ちなみにお店で売っているものは、完熟していないのでこんなマークはありません。見た目は綺麗ですが美味しさはイマイチだと思います。

DSC_3086.jpg

マクワウリの初収穫は半月くらい前だったと思いますが、晩生のタイガーメロンは今日が初収穫。

今年は植え付け数が多くて、畑は足の踏み場もないくらい葉が繁茂してしまいました。

この中にスイカとカボチャもあります。

DSC_3087.jpg


冷蔵庫で冷やして食べましたが、どちらも甘くて美味しい。

DSC_3090.jpg

恒例の糖度測定。

まずはメロン風味で美味しいタイガーメロンですが12.5度。

DSC_3091.jpg

高糖度のスイカ並みです。これだけあれば十分でしょう。

次は、地元ではあっさりとしていて懐かしい味で人気のマクワウリですが、なんと!14.2度もあります。

DSC_3094.jpg

ほんのり甘いというイメージなのに、こんなに高糖度で良いのかぁ?


キュウリの種取り

今年春から栽培しているキュウリは、F1から種取を続けているもの。

DSC_3070.jpg

早くから植え付けましたが、結構元気があって収穫が続いていました。

ここにきて、雨が降らないのに水やりをやらないからなのか収穫量が激減。

まあ先日には、次の苗として地這いの固定種を植え付けたので心配はしていませんけど。

引き続き種取をしましたが、今回は細長い系統を選抜しました。

DSC_3071.jpg

こんなに長いのは初めて。

DSC_3072.jpg

太くなく細いのがいいですね。

DSC_3073_20170805221720caa.jpg

病気にもならず味もそこそこなので来年も期待できそうです。

種がちゃんと入っていますように・・・・


 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">