狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカメ採り

毎年この時期に恒例になっているワカメ採りに行ってきました。

一週間前の出来事です。

昨年は、異常に少なくてビックリしましたが、なんと!今年はそれ以上に不作。

DSC_3701.jpg

一見して、視界に入るワカメはゼロ。

ついに、河川で藻類が壊滅したかのように激減した様相が、ここ海でも起こっているのかもわかりません。

河川でのその原因は、大量に使用されている除草剤。

自然は懐が広くてそんな毒剤は希釈されて影響が無くなると、検証もせずに考えている者が多くて、対策はまったくとられていなのが現状です。

ネット上にも、公的機関や大学の研究者、医師が、農薬(殺虫剤、殺菌剤、除草剤)の濃度測定や自然界、人体に対する危険性について記述したものがありますので、興味がある方は検索してみてください。


海の中をよく見ると、深い場所には少しだけですがワカメが揺らめいているのが見えます。

胴長で海に入り込み柄の長い鎌で刈って、なんとか採取ができました。

DSC_3702.jpg

帰宅して、翌日には朝からワカメの処理。

干しワカメも少しだけ作りました。

DSC_3706.jpg

生ワカメの軸は、しし肉ともらったタケノコで煮物。

DSC_3709.jpg

それに、生ワカメとタケノコの酢の物。

DSC_3711.jpg

やはり、生ワカメは美味しい!


スポンサーサイト

「備中玉島みなと朝市」に出店

本日は、なんとか朝市に出店できました。

画像は「ベッキオバンビーノ」で旧車のポルシェが商店街を走る様子、運転者は俳優の唐沢寿明さんです。

1523188343563.jpg

私のお店では、久々なので忘れ物が多くて大混乱。

なにせ串焼を焼くコンロを忘れましたからね。これ忘れたらメインが焼けませんがな。

自転車で取りに帰って戻ってから、すぐに串焼の台を忘れているのに気づき、その他にもあったりして・・・

作る方も、慌ててしし串を焼いたものだから火加減が強すぎ、おまけに強風で煙が私の方向に吹いて焼き加減が見えず、もっとも重要な焼きがバラバラ。

焼きそばは、1回に焼く麺の数を間違えて具の量が少なかったり多かったり。

しし汁は、今回限りの生ワカメを入れようと思っていたのを忘れてしまったし。散々でした。

そして人出はというと、毎年4月は恒例でやはり少ない。

花見と重なるからかと思っていたけど、満開は先週末で今は葉桜になっています。

何か別な理由があるんでしょうね。

でも、しし汁と串焼は早々に完売。

嬉しいことに、出店を心待ちにしていた方が何名も居られて声を掛けて頂きました。

今月からは毎月出店する予定ですから、なんとかペースを取り戻して高品質な品物を提供したいものです。

次回の開催は、5月13日(第2日曜日)の予定です。

次回も、みなさまのお越しをお待ちしております。


朝市の予告

4月8日(日曜日)に、「備中玉島みなと朝市」で出店します。

チラシ

チラシ-2

仕事が繁忙期であったため、1月から3月までお休みしていましたが、今月から復帰します。

今回は、スプリングにスープというゴロ合わせで「スープリングフェアー」。

私のお店(HuntingFactory)では、定番のしし肉の串焼きしし肉入り焼きそば、それにスープとしてしし汁を提供します。

しし汁は、路地の冬野菜が終わった時期なので、自家製の無農薬野菜が用意できないかもわかりませんが、イノシシの骨から取った旨みたっぷりなスープをお楽しみ頂けると思います。

串焼きと焼きそば、しし汁のお肉は、地元の山で今シーズンの冬に捕獲したイノシシです。

品質が良いものを使用していますので、臭みが無くて濃厚なイノシシの旨みが味わえると思います。

数量に限りがありますので、お早めにお越しください。

今回の出店場所は、他の催し物の関係で少し移動して この辺り (←ここをクリック!)になりそうです。

ご来店をお待ちしております。



 | HOME | 

Calendar

« | 2018-04 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。