FC2ブログ

狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することから始めましたが、野菜作り、ミツバチ、キノコ、朝市のカテゴリまで増え、広く深くという内容になりました。一般の方が知らない世界を覗けます。since2007.7 

アシナガバチ

猛暑の中で元気に生長しているトマトとオクラ。

DSC_0116_201908091334047b4.jpg

今年のトマトは、一般的な株間40cm程度から20cmにした密植栽培をしています。

雑誌から、美味しいのは3段くらいまでなので、そこから上は摘心して養分を集中させて終わらせるという方法を知りました。

3段までなので密植できるということなんですが、実際には見ての通り、もったいない気がして摘心せず2本仕立てにしています。

この貧乏性が仇になり、1段目は非常に美味しかったけど2段目以降は養分が足らないからなのか不味い。

結局のところ、当初の目論見が狂い最悪な結果になったと反省しています。

が、・・・異変が起きました。

トマトは雨が当たると実割れするので、雨除けを設置するのが一般的ですが、昨年と今年は面倒なのでやっていません。

昨年は、教科書通りに実割れが多かったけど、なんと!今年は実割れしない!

密植だからなのか?昨年と異なるのはそれだけですからね。

今後の検証が必要なようです。


異変といえば、隣のオクラらも例年とは違い抜群に調子が良い。

DSC_0117.jpg

栽培は、F1種から種取りを続けた「五角オクラ」と今年初めての「スターオブデイビッド」の2品種。

例によって、「五角オクラ」は一株が多い株では10本少なくても6本、「スターオブデイビッド」は一株が4~5本と多本数です。

例年は、早くから葉巻虫にやられて悲惨な状態になりますが、今年は梅雨明けまでほとんど被害なし。

梅雨明け後には被害にあっていますが、許容できる範囲で収まっています。

被害が少ない原因は何か?と考えたところ、おそらくこれかな?

DSC_0131.jpg

ピントが合っていませんが、アシナガバチが葉巻虫が丸めた葉を一つずつ確認して回っています。

幼虫を引っ張り出す場面は見ていませんが、葉を巻いているのに幼虫が居ないところをみるとおそらくアシナガバチのおかげでしょう。

畑の横にある倉庫では、ちょいと上を見るだけでアシナガバチの巣が何箇所も見れます。

DSC_0133_20190809133432555.jpg

DSC_0135_20190809133433fda.jpg

DSC_0134_20190809133406e8e.jpg

他にも探せばたくさん見つかると思います。

巣の真下でセルトレーに種蒔きしたりポットに移植したりしているので、普通に近くを大きなアシナガバチが飛んでいますが、お互いにまったくの無視。

土中では微生物と野菜が共存、地上でも人とハチが共存しているということかな。

良いことが重なったおかげでしょう、今年のオクラは非常に美味しくて毎日7~8本は食べていますがいまだに飽きません。

この調子で秋まで続くと嬉しいなぁ。


スポンサーサイト



 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">