狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

ショッキングピンク

これなんだかわかりますか?

都会にお住まいの方は、見たこと無いでしょうが、田園地帯にお住まいの方はよく見て知っていると思います。

ぶどうの房にも似ていますが、少しショッキングな色ですね。

IMG_1001.jpg



こんな所にくっついています。

IMG_0999.jpg


IMG_1089.jpg




正解は、これです。スクミリンゴガイ、日本ではジャンボタニシと呼ばれています。

IMG_1000.jpg




南米原産で日本では食用として1980年代に養殖が始まったそうですが、現在は養殖を行なっている業者はいないようです。

これ、食べたことありますか? 私はないと思うのですが、何かの貝の代用品として使っている物を食べているかも?

稲の苗を食べる害虫ですから、皆さん食べてください。

と言っても、食べる方はあまりいないですよね。

沢山いますので、何かに活用できないかと思って、以前にウナギを捕るエサに使ってみました。

と言うのが、私の親父が、タニシをエサにウナギを捕った事があると言う話を思い出したので。

タニシもジャンボタニシも同じはず。

ウナギ捕りの箱に入れ、いつものポイントへ仕掛けました。

そして次の日、回収に・・・・・いない!なんにもいな~い!

何本か仕掛けましたが、全くゼロです。

貝を潰して入れる時に思ったのですが、ウナギを引きつける匂いとかが殆んど無いのです。

これは、使えません。

他に何か良い使い道はないかと、調べていると。

なんと、稲の苗を食べるのを逆手にとって、除草剤代わりに使えるらしい。

でも、稲の苗を食べられないのか?

どうも、柔らかい幼苗しか食べないので、ある程度成長した苗は食べないらしい。

すごい!

下の写真は、幼苗が食害を受けて苗が無くなった様子ですが、よく見ると雑草が全く生えていないでしょう。

害虫の生態を把握すれば、益虫に変わる可能性があると言う見本ですね。

IMG_1002.jpg



この話を、お米を作っている友達に話すと、成苗から新芽が出る品種には使えないとか。

ふ~ん、なるほど、奥が深い。

やはり、絶滅するまで食べ尽くすしかないのか・・・

形は、エスカルゴに似ているような。西洋料理に使えないのだろうか?

使えるとしたら、今ごろ使っている筈だしな~

味はどうかな~・・・・・???


スポンサーサイト

コメント

何でも食べる私でもさすがにこれだけは食べようという気が起きないです(笑)。
以前「探偵ナイトスクープ」でジャンボタニシの卵と肉を使った親子丼を作っていましたが寛平ちゃんが「ドブの味がする」と言ってたのが印象的です。

ドブの味ですか、それは、食べれませんね。
養殖していた時は、どんな食材になっていたのでしょうね。
高級食材で、私のような庶民には口に入らなかったとか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://huntingfactory.blog112.fc2.com/tb.php/10-ea1f0734

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">