狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

お米作りスタート

野菜作りを始めて今年で3年目に突入です。

まだまだ試行錯誤の連続ですが、農に対する興味が湧いてきたので今年はお米作りに挑戦しようかと考えています。

ちょうど都合が良い事に義父がお米作りをしているので、それを一通り手伝うことになりました。

まず、最初にやることは田の耕運です。

乗用の耕運機に乗って田に向かいます。

DSCN0326.jpg

現地で耕運機の使い方や耕運の順序を説明してもらいます。

DSCN0328.jpg

あれこれと機能があるので慣れないと何が何やら?・・・

DSCN0337.jpg

目に付かない場所にも何やらレバーがあったりしますが、複雑にセッティングしなくてもレバー一つでOK!なんて機能もあります。

DSCN0336.jpg

完璧には覚えられないので、とにかくやりながら慣れろ!ですかね。

始めると、意外に簡単に耕運できることにビックリ!

DSCN0330.jpg

耕運の順序について、周囲を4列残して耕運するように説明されましたが、なぜそんな変則的なことをするのかと思っていました。

やってみると、耕運機の旋回半径が影響していることが判明。なるほど~

DSCN0331.jpg

なんとか1反ほどの面積を終えました。

DSCN0332.jpg

次の田も1反ほどありますが、同様に終えました。

DSCN0333.jpg

なんとか要領がつかめてきましたね。

次の田は義父がやろうかと言いましたが、もっと慣れたいので私にやらせてもらいます。

DSCN0340.jpg

耕運していると同じ田でも土の様子が違うことが良くわかります。

夕方の6時、昼から始めて3ヵ所の田が耕運終了。翌日からは義父におまかせです。


田植えまでにはもう一度耕運しないといけないようです。

12月頃にも一度耕運しているので、3回も耕運するんですね。機械が無いと大変です。

次の作業は、播種かな?


スポンサーサイト

コメント

つぎは

耕運機の購入に決定ですね(笑)

しぇふさま

実は非常に良い耕運機を見つけたんです!欲しいのですが持ち主は使ったことがなく私が使わせてもらっているだけなので買う必要もないかと(笑)やっぱ道具ですね。

ついにここまで…

狩猟・採集生活から野菜の栽培、そしてついにはお米作りまで…。
川ガニさんの行動を見ていると人類がどうやって進化してきたかが一目瞭然ですね。
ちなみに今は弥生時代くらいかな(笑)。

卑弥呼さまが出てきて国が造られるのももうすぐでしょうか?

じゃんさん

おっと!じゃんさんには見抜かれてましたか!
狩猟民族の独立国家を造ろうと目論んでいるんですよ。今は内緒ですよ(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">