狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

安全狩猟射撃大会

7月15日は、岡山県安全狩猟射撃大会に行ってきました。

DSCN1230.jpg

選手は、50歳台まで、60歳台、それ以上の3クラスに分かれて競います。

トラップ射撃は、ダブルで30枚撃ち。

DSCN1234.jpg


各人思い思いのフォームで撃ちます。

DSCN1235.jpg

DSCN1237.jpg

スキート射撃は、1番以外シングルで15枚撃ち。

計45枚撃ちです。

今年の最高得点は44点でした。凄いですねぇ~

DSCN1240.jpg

優勝者は、中四国大会に出場できる資格を有します。

中四国大会に出場した選手は、数年間本大会への出場資格がなくなるという処置があります。

この大会を目指して一年間頑張って練習している者もいるので、出場資格がない期間は辛いそうです。

特に高齢者だと気力が失せて、鉄砲の所持をやめてしまおうかとも考えるそうです。

銃の所持者が激減している現状では、特に意味のない規則のような気がするので改正をしたらどうかな?と思いますけど。



私はほぼ毎年選手として参加しているので、今年は別な者に替わってもらい自宅で農作業をするつもりでしたが、なぜか付き添い役に任命され、雑談をして弁当を食べて帰りました。

どうせ行くなら選手の方がいいや!と思った今大会でした(笑)



スポンサーサイト

コメント

ミッケ!!

60番の方は!・・・ 独特な下から「掬い上げ射法?」の秋〇さんですネ!
しばらくお会い出来てなかったのですがお元気そうでうれしいです~。

出場資格の縛り(喪中とワレワレは言います)もそうですが、
クラス分けの「年齢」がコロコロ変わるのもどうですかネ~?
以前は今年が最期!と思ってたら、もう一回チャンス有り・・・?
いつまでたってもAクラス!!!
高齢者はドンドン銃を手放していきますが若年の入門者はハードルの高さに
尻込みし銃の所持すら諦めてしまう。。。
猟友会と言えど「棍棒・槍等安全使用大会」になる日は近いかな?(沈;)



小師匠さん

秋〇さんをご存じなんですね!我が分会のホープです。この大会での優勝経験を持ち2年前には中四国大会に出場したので今回が喪明けの大会となりました。今年はちょっと奮いませんでしたが来年には復活すると信じています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒のコメントの方

あらまぁ、いろんなところで繋がるものですね。
こちらこそ宜しくお願いします。

おお!すごい!!

66番の方のフォームはすごいですね!
フォームを見ただけで○○さん、と分かるのはちょっとカッコイイかも。
私もオリジナルの必中フォームを編み出そうかしら(笑)。


今年の最高得点は44点の私でした、という結末だと思っていたのですが…(笑)。

じゃんさん

この特徴的なフォームの欠点は、見た目がイマイチというところですね(笑)
是非じゃんさんも真似をしてみてください。中らないと腰が徐々に下がってきて、ついには地面に付きますから(笑)

> 今年の最高得点は44点の私でした、という結末だと思っていたのですが…(笑)。
口鉄砲では45点の満射でした(爆)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">