狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

最南端に出た!

私が担当しているイノシシの捕獲地域は、地区の最北部にあり他市との境界付近で山が連なっている場所です。

そこから南へ10kmほど行くと海沿いに集落があり、そこは海水浴場として地元では有名なところ。

昨年からその辺りにイノシシが出没しだしたという報告を受けていました。

DSCN1558.jpg

7月の終わり頃から頻繁にイノシシが出たとの連絡があり、捕獲檻を設置したり防護柵を設置するように助言したりしていましたが、とうとうサツマイモが一晩で全滅したとの実害報告があり現地に向かいました。

耕作している3名の方が集まっています。

DSCN1570.jpg

被害を受けた方は、座って呆然と畑を眺めています。

蔓は残っていますが、芋は全て掘り起こされていますね。

DSCN1571.jpg

被害を受けた畑の様子を伺っていると、畑の真ん中にある棒の先に何かがぶら下がっています。

近くに行って見ると・・・

DSCN1572.jpg

あら!イノシシが嫌いな光の点滅で防護するという「ぴかちゃん」ではありませんか!

私の経験では効果をまったく感じませんが、役所の評価が高くて購入することを勧めているのか?被害の視察では度々目にします。

この畑の周りに5個ほど配置していたそうです

DSCN1574.jpg

農家の方に設置後の様子を伺うと、「昨年設置した当初はイノシシが出没しなくなったので効果があると思っていたけど、今回は設置している場所のすぐ横の網を食い破って畑に入っているのでまったく効果が無いということがわかった」とのこと。

DSCN1575.jpg

カラス除けとかイノシシ除けとかで販売しているこういう資材は、様子の変化で警戒して短期間近寄らないくらいの効果か気休め的な意味合いが強いので長期にわたり耕作する畑に向いていませんね。

イノシシの防護柵の補助金は、購入費の市が50%、県が25%の合計75%出ますから、もし効果のないこの資材費をそちらに充てていたら約250mものワイヤーメッシュの柵が購入できます。

それだけあれば、この畑を全て囲うことができますね。

昨年のうちに私がこの地に来ていれば、このサツマイモは収穫できたことでしょうに・・・


山に入って様子をみると、40kgほどのイノシシが泥を付けた跡がありました。

DSCN1577.jpg

畑にあった足跡と同じ固体のようです。

DSCN1573.jpg

他のイノシシの跡が見つからないので、今回は1頭だけのようです。

山の中を歩き回ったり畑に新しい網を設置したりしたので、少しの間は警戒して出没しないかもわかりませんが、美味しいサツマイモの味を知っているので、次は隣の畑で網みを食い破り進入する事でしょう。

夜に大きな音がする花火をしたり、周辺の草刈をするように助言しましたが、野菜畑は果物畑と違い短期決戦とはいかないので、そういう対策も長続きはしないでしょうね。


スポンサーサイト

コメント

唐突に

「七人の侍」を思い浮かべました。
「野伏せり」の狼藉に苦しみ嘆く、人々。
さしずめ川ガニさんは志村喬の「島田勘兵衛」ですな~!
がんばってくだっせ~ぃ!!

**性根入れて教わりに行こうかナ・・・罠のかけ方。


農家の心痛は計り知れないでしょうなぁ、よく分かります。

しかし、今年の野良の動物たちの攻めは、例年になく激しいものを感じます。
山形でも、クマの出没はじめ、その他動物の農作物被害が例年より激しく感じています。
なんだか天変地異の前触れなのか、と、そんな不安を感じずにはいられないところです。
まずはカワガニ先生改め 先輩と呼ばせて頂いてよろしいかどうか・・・・(・_・;)
農家の方々の拠り所となられておられるご足労に敬意を持って。
オイラのところは相変わらずイノシシの代わりにクマが檻に入っては脱出口から抜けだし・・の繰り返しです。
括り罠も準備出来るのですが・・・小さなクマが掛かったりしたら親熊の存在が怖くて、ちょっと踏ん切りがつかないところです。

それは

獣おどし用LEDライト ピカちゃん!
だめなんですね。

小師匠さん

もう少し腕があれば1ワイヤーのもとにこのイノシシを獲るのですが、この暑さと中途半端な罠師のためやる前から降参して、畑を囲む柵をするようにと農家の方に勧めているわけなんですよ(笑)

kuma仙人さん

今年は山にエサが少ないようですからこの状態が春まで続くと予想しています。猟期に獲物が獲れるのは良いですが農作物の被害が多くなるのは困りますね。

クマのことは何も知らないのでくくり罠の径を小さくすれば良いのかと思っていましたが、生まれた時から大きな足なわけないですね(笑)
ということは、くくり罠の径の規制って意味無いじゃん!

呼びは川ガニでお願いします(笑)

ももさん

長期的な視野からはだめですが、短期的にはある程度の効果があるかもわかりませんね。ただ光の効果なのか見慣れぬものがあるために警戒するという効果なのかはイノシシに聞いてみないとわかりませんけどね(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">