狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

獲ったどー?

イノシシの捕獲檻にウリ坊が1頭入りました。

DCIM0097.jpg

小さいですね。

イノシシのメスが連れているウリ坊は5頭前後なのに、1頭だけしかいないというのは少ないです。なぜだろう?

DCIM0096.jpg

なんて考えながら、写真を撮っていました。

いつもならイノシシが暴れるので少し離れた場所からズームで写真を撮るのですが、本日はカメラを忘れたので捕獲檻に近寄り携帯電話で撮ります。

危険を察知したウリ坊は、ウロウロと逃げ回ります。

そのうち、横からは無理だと悟ったのか?コンパネの上まで飛び上がり。

そして・・・

DCIM0098.jpg

逃げたぁ~!!!

DCIM0100.jpg

コンパネの上だけメッシュの目が15cm×15cmと大きかったのね。

ということは、ほんとうはもっとたくさん入っていたけど逃げたってことかぁ~!

こんな小さなヤツ逃がしとけばいいんじゃないの?と思われるでしょうが、農家の方からしてみれば、1頭でも減らしてもらいたいという切実な願いがありますからね。

このウリ坊はもう捕獲檻には入らないでしょう。

次はくくり罠に掛かったときに会おうぜぃ!


スポンサーサイト

コメント

ほほ〜ぅ、、、

「上手の手から水が漏れる」・・

「ボウズがじょうずにビョウブにジョウズにボウズの・・・」アッ、ちごた!(汗;)

メッシュ目10㌢説が証明されたかな?

小師匠さん

狙いは30kg~40kgくらいなイノシシだったんですけどね。
15cmメッシュは、ウリ坊は逃げるし大きなイノシシだと溶接が取れます。なんにもいいことありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

内緒のコメントの方

フランス語でセルベルと言い、普通に食しているようですよ。
私の知り合いは皆さん食べておりますし、レストランでも提供しています。
機会があったらお試しください(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">