狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

忍者を獲ったどー!

今年の夏は、私が経験した中では最も暑い日が続いたように思います。それは、歳をとって体力が落ちたということとも関わりがあるかもわかりませんけど。

あまりの暑さに、仕事では舗装道路上で行う作業は先延ばしにしていたため、幾分涼しくなった今が忙しくて大変です。

でも、数ヵ所仕掛けているくくり罠は定期的に見回りをしないといけません。

昨日、JAに駆除の依頼書を持っていたついでに2ヵ所仕掛けてあるくくり罠を見回ると・・・

現地が荒れています。

DCIM0108.jpg

でも、イノシシが掛かると掘り起こしてこんなものでは済みませんからね。

また逃げられたのかも?

ここんとこイノシシがくくり罠から逃げることが続いており、どうも、逃げ方のコツを会得したようなかんじです。

でも不用意に近づきどこからか出てきたら大変な事になるので、注意しながら上から横から下からと様子を伺いますがまったく居る気配がありません。

そうこうしていると、雇用創出事業でイノシシの捕獲檻を見回っている者たちが私の車を見つけて、山に入っている私の所に上がって来ます。

「イノシシが掛かっとるかもわからけん危ねえから上がってくるな!」と言いましたが、聞こえないのか?近くまで来ました。言うことを聞かんやっちゃ!

何も居ないような見えるけど、気にかかるのがワイヤーの張り具合と奥にあるシダ。

ワイヤーの長さと、くくり付けている根木の位置からして、シダにはぎりぎり届くかどうかの距離なので、奥に入り込んでいることはない筈だけど。

これだけ近くを歩き回り、見回りの者と話をしているのに、何の変化も見られない。

思い切ってもう少し前に行き、ワイヤーの先を確認しようかと考えましたが、どうもそれをさせない自分が居る。

気になる付近に棒でも投げれば何らかの反応があるかもわからないので、足元にころがっていた棒をシダめがけて投げつけた!

と、その直後!

イノシシがシダから出てこちらに向かって突進!

やっぱりおったぞ~!

しぶとい奴でした!危なかったなぁ。

この中にイノシシが倒れていますけど、わかりますか?

DCIM0109.jpg

あまり太っていない推定45kgのイノシシでした。

DCIM0111.jpg

もっと近づき、もしもこれが牙の長い100kg級のイノシシだったら・・・用心深い自分の性格に感謝!

忍者イノシシ獲ったどー!


スポンサーサイト

コメント

忍者の気配を読むとはおそるべし能力。手練れとは川ガニさんのような人を言うのでしょうね。

野性相手に戦うには用心深さが必須なんですね。

えッ??

わかりますか?と言われて何遍見ても、、、
なんちゃ見えんが。
イカン!完璧に殺られるぶんやわ。(激汗;)ちィ〜〜ん。。。

毛生え耕運機は・・・

耕運機のくせに、静かなんですね。
夜中に1反くらい軽く静かに耕す能力は、忍者能力も持っているんですね~
なんだか・・・おっかないですね~

特殊能力

>どうもそれをさせない自分が居る。

こういう直感ってとても大切だと思います。
私も自然の中で「嫌な感じ」がしたら、決して無理しないようにしています。

しぇふさま

いえいえただのビビりです(笑)
でも生き残るには非常に重要なことだと子供たちには教えています。

busby6898さん

相手は命がけですからね。こちらもそれを心得て対しないと痛い目にあいます。
私、痛いのはあまり好きな方ではないので(笑)

小師匠さん

これ止めた後なので、よく見ると鼻が血で赤くなっているのがわかると思います。
探している時には、この辺りも目を凝らして見ていたんですけどまったく見えませんでした。
フォースで感じてください(笑)

kuma仙人さん

環境にやさしい電気耕運機というとこですかね(笑)
くくり罠や捕獲檻に掛っていると昼間おとなしくしていますよ。でも、近づくと必ず突進して来ます。

じゃんさん

30cmほど見えているワイヤーが、何だか嫌な感じだったんですよね。

じゃんさんの場合、馬乗りになったりとメッチャ無理していると思いますけど(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">