狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

卵放流

本日は、毎年恒例となっている鮎の卵を放流する事業を行いました。

DSCN1842.jpg

近くで河川工事を行っている業者の方々も多数参加してお手伝いをして戴き、また、放流事業にも援助をしていただきました。

ありがとうございました。

DSCN1830.jpg

竹で筏を組んで、シュロに産んだ卵をくくり付ける作業をするのですが、業者の方々は初めて参加したにも関わらず積極的にお手伝いをしていただき、スムーズに作業が進行してほんとに楽をさせてもらいました(笑)

DSCN1836.jpg


これがシュロに産み付けた鮎の卵です。

DSCN1838.jpg

数日中に孵化して数十メートル下流の潮止堰堤を下り汽水域に流下し、そこで春まで過ごして、その後、淡水域の上流を目指して遡上を開始します。

DSCN1841.jpg

本日は、多くの報道関係の方々も取材に来られていました。

DSCN1845.jpg

2500万粒の卵を放流しましたが、来春にどれくらいな数が遡上できるのでしょうね。

今年、稚魚の成育場である下流の汽水域では、高梁川漁協の承諾も取らずに大規模な浚渫工事を行いました。

近年、汽水域の環境が良くなり絶滅危惧種が復活しだしました。
また今年は鮎の大量遡上で湧きましたが、工事の影響で汽水域の環境がまた悪化するのは避けられません。

鮎に関しても来年以降の遡上が期待できなくなり残念です。

生物多様性という国の方針があっても、それを実行するお役人たちの頭が従来通りではどうにもなりませんね。

全国の河川でも同じようなことが繰り返されているのでしょうねぇ。嘆かわしい・・・


スポンサーサイト

コメント

質問・・・

何時もボーっとしてて、つい誰にも聞けなかったのですが、、、
台風などで激しい洪水の時と、その後、「魚」は何処でどうしてるのですか???
タエガタキヲ タエ、シノビガタキヲ シノビ・・・
岸辺で潜んでるのでしょうか?海まで流される個体は少ないのでしょうか??
泥まみれになった石苔を鮎は食べるのですか?石苔は腐らないのですか?
全く、、小学生みたいで・・・スミマセン。。。(汗;;;)



そうですね

「生物多様性」などと言っていても、言っている本人達は自然の中で遊んだことも無い人が多いようですね。

色々なことに矛盾を感じながらも、感じる心を忘れないようにしないといけませんね。
と、4回目の猟期を前に思うのでした。

私はふだんうじゃうじゃいるムクドリたちが台風の時にはどこに行ってしまうのか知りたいです(笑)

小師匠さん

増水の時には流れの緩い支流等に入り込んだりしています。もちろん海まで流され海の地獄網に沢山入ることも度々です。
藻類は増水により石が砂などで洗われるので無くなりますがすぐに質の良いものが生えてきます。
鮎は砂粒が付いた藻を食べますよ。それを人が食べるとガリガリするので内臓は食べれません。

じゃんさん

良い独裁者でも現れないことには日本はまともな国にはならないでしょうね。じゃん王様になって世の中の矛盾を払拭してください(笑)

しぇふさま

緊急避難場所に集まっているということなんでしょうね。やはり学校とか神社等ではないでしょうか?と普通に答えると面白くとも何ともないですね(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">