狩猟民族の館(Hunting Factory)

狩猟、川漁、採取に関することをメインとしたブログのはずが、最近は農耕民族となり無農薬、無化学肥料、自家採取種、温床による育苗、無肥料にも挑戦、で野菜作りもやってます。そして日本ミツバチも飼い始めましたが前途多難。since2007.7 

畑であれこれとpartⅡ

昨日からの続きで、燻炭作りの真の目的は・・・

DSCN2102_20121226235443.jpg


じゃ~ん!これです!

DSCN2104.jpg

燻炭器の中で、ウナギの骨とイノシシの骨を焼いていました。

DSCN2105.jpg

発酵肥料の材料にする目的だったのですが、どうも量が多過ぎたようで半生焼け。

DSCN2106.jpg

ハッキリ言って大失敗!

これじゃあ、骨が細かく砕けないので使えませんな。

しかたないので、もう一度熱い燻炭を被せて置いたところ、ウナギの骨はボロボロになりましたが、イノシシの骨はガチガチ。

だめだこりゃあ。


で、もう一方の燻炭器の中には・・・

DSCN2103.jpg

夏に食べた、イワガキの殻。

これもそのままの形です。

DSCN2107.jpg

これも失敗かと思われましたが、アメリカンレーキでコツコツと叩くと簡単に砕けます。

DSCN2108.jpg

おー!これは何とか使えそうです。


イノシシの骨は失敗でしたが、まだ3頭分ほど残っているので、後のものはオーブンで焼きますわ。

期待したんだけど・・・残念でした


スポンサーサイト

コメント

猪の骨は250度で焼いても砕くことは出来ません。1000度くらいならばっちりですね(笑)

仕上げは車で往復してバリバリと・・・。(笑)

しぇふさま

なるほど!ということは直火で焼かないといけないということですね。
骨バーベキューでもしますか(笑)

えーちゃん

なるほど!専用の鉄ホイールを作って踏むという手もありますね。
ワンコに食べさせお尻から出てきたものを使うという手もありかな(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-09 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

川ガニ

川ガニ

動物の生態を観察し、猟・漁の技術を高め、獲物の処理と調理方法にこだわり美味しく頂くこと念頭に行動しています。

FC2Ad

まとめ




script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=558&enc=euc">